外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 3階建ての建物の外壁塗装で注意する点をまとめてみました

3階建ての建物の外壁塗装で注意する点をまとめてみました


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

人口密度が高くてそれぞれの家で使用できる敷地面積が限られている都心部では、敷地を有効活用して生活をする住宅として、3階建て住宅が注目されています。

2世帯住宅や賃貸物件としても利用価値が高い3階建て住宅ですが、外壁や屋根の塗り替えなどメンテナンスにかかる費用が気になるという方も多いと思います。

当然、平屋や2階建て住宅と比べると塗装する面積が3階建て住宅の方が大きいので、塗装費用が高くなると考えてリフォームすることを躊躇してしまう方も少なくありません。

そんな方々のために、3階建て住宅の外壁塗装の価格や注意点についてまとめていきたいと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

参考になることが見つかると思いますので、いっしょに見ていきましょう。

3階建て住宅の塗装費用相場はどれくらいなのか

外壁塗装費用は、㎡あたりの施工費用で計算します。
そのため、工事をおこなう建物の面積が大きいほど、塗装費用も高くなります。

3階建て住宅の平均的な大きさ

3階建て住宅の平均的な大きさは、約150~200㎡と言われています。
2階建て住宅の平均的な大きさは、約100~120㎡と言われていますので、3階建て住宅の塗装費用が高くなる可能性は高いでしょう。

まれに外壁塗装の見積もりで「建坪」で表記されることがあるのですが、建坪とは敷地に対する建築面積のことで、建物を真上から見た場合に見える部分の面積であり、1階部分の延べ床面積と大体同じ数値です。

しかし、同じ延べ床面積でも建物の形が違えば外壁の面積も全く違います。
建坪表記は、悪徳業者が費用の算出方法をごまかすために使うともいわれているため注意が必要です。

さらに、一括見積もりなどで複数の業者から相見積もりをとる際、3階建てだからとシンプルに平屋の3倍の金額を提示してくる業者は、絶対に信用せず依頼候補から外しましょう。

お住まいの外壁、屋根の正確な面積から施工面積を計算して、単価などの根拠まで見積もりに記載してくれる良心的な業者もいますので、そういう業者に依頼するようにしてくださいね。

各工事費用の相場を知ろう

ここからは具体的な費用相場を把握するために、設定した条件をもとに3階建て住宅の塗装費用を紹介していきますのでチェックしていきましょう。

【条件】
●3階建て住宅
●外壁面積約150~200㎡
●シリコン塗料を使用

【各工事の費用相場】
●足場設置→約135,000~240,000円
●3階建ての足場設置の追加→約30,000円
●養生→約45,000~100,000円
●高圧洗浄→約15,000~60,000円
●下地補修→約30,000~60,000円
●塗装→約270,000~560,000円
●付帯部塗装→約120,000~200,000円
●補修→約60,000円
●諸経費→約14,000~91,700円

合計:約720,000~1,401,700円となります。
あくまで相場なので、依頼する業者などによっても多少金額の差が生じるということを覚えておいてくださいね。

3階建て住宅を塗装する際の注意点

施工面積が大きい3階建て住宅は、ちょっとした油断が費用を大きくしてしまう原因になりますので、必要な箇所にだけ工事費用を投じて、それ以外の余分な工事費用の発生を可能な限り抑えるようにしましょう。

3階建て住宅の雨樋補修は入念に

3階建て住宅は、基本的に建物を横に長く設けられない土地で空間の高さを有効活用して建てられているので、全体的に縦長で長方形をしていることが多いです。
そのため、屋根や軒、庇などの飛び出ている部分の設置が省かれることが多く、雨が外壁に流れ落ちやすくなってしまうので、雨漏りの発生が高くなります。

さらに雨樋の流れが悪くなると、樋から水が溢れてしまい普段では濡れないようなところが濡れて、外壁の腐食を促進させる原因になることがあるので、注意が必要です。

他にも、今までは水たまりができなかった地面やベランダに水たまりができて、ベランダの床面の防水層の劣化や、建物基礎の軟弱化を引き起こす可能性があります。

外壁の塗膜などだけではなく、雨樋の詰まりもチェックして早期解決するように心がけておくことが、3階建て住宅のリフォーム費用を抑えることにつながります。

ひび割れ対策を忘れずに

建物は高さが高くなればなるほど、地震などの揺れに対する負荷を受けやすくなる特徴があります。

ゆえに、マンションや3階建て住宅は、2階建て住宅や平屋と比べると構造材の歪みやズレ、外壁にひび割れの発生が起こりやすくなります。

最悪の場合、ひび割れや歪みが原因で雨漏りにつながるケースも多いため、クラックや外壁材の浮きなども定期的に確認することをおすすめします。

構造クラックと呼ばれる、深さ5mm以上、幅3mm以上の大きなひび割れが発生すると、そこから雨水が浸入してしまい、外壁内部の構造材が腐食して建物自体の耐久性を下げるおそれがあります。

高さのある3階建て住宅で建物を支える力である構造材が腐食するということは、とても危険な状態です。

モルタルやコンクリートは特にひび割れが発生しやすいので、3階建て住宅に使用されている場合は、ひび割れが起こりにくく、割れても塗膜自体の割れ目をカバーしてくれる弾性塗料をおすすめします。

他にもタイルの外壁を採用している3階建て住宅のならば、タイルが落下してしまうとケガや事故につながりかねないので、タイルの剥がれや浮きがないか10年に1度の頻度くらいで確認することをおすすめします。

サイディングボードの場合も、目地のシーリングが揺れや建物の歪みによって裂けてしまう可能性があるため、大体5年に1度のタイミングで点検するようにしましょう。

リフォーム回数を少なくする

3階建て住宅は、塗装面積が大きくなるため費用が割高になるのですが、1回分の塗装費用だけでなく次のリフォーム費用も考えるようにしてください。

●足場工事の回数を減らす
塗装工事をするときは、基本的に足場を設置しなければなりません。
3階建て住宅なら尚更です。

3階建て住宅は、足場面積や養生箇所が多くなるため、何度も塗り替えをおこなわなければならなくなる安い塗料よりも1回の塗装で長持ちする高い塗料を使用して塗装工事回数を減らすことで総合的に費用を抑えることにつながります。

●劣化を促進させない
塗装費用を膨らませる原因は、建物の面積に限りません。建物のひび割れや付帯部の故障、鉄部のサビといった劣化が広範囲で進行してしまうと補修にかかる費用が高くなってしまいます。

当然、塗装以外の補修が増えるほど費用も高くなるため、定期的な点検が重要になります。

まとめ

3階建て住宅は、塗装面積や足場面積などが大きいので、平屋や2階建て住宅と比べると塗装費用が高くなってしまうことがほとんどです。

しかし、費用が高くなるのは塗装面積や足場面積だけに限らず、他部分の劣化の進行具合も影響するため、3階建てだからという理由で必ずしも費用が高くなるわけではありません。

できる限り費用を抑えるためにも、定期的な点検を怠らず、信頼できる優良業者に相談してよい塗装工事をしてもらうようにしてくださいね。


関連記事

トタン外壁のメンテナンス費用

トタン外壁の種類 トタン外壁には4つの種類があります。

セラミクリーンが外壁塗装で高い評価を得ている理由とは

「セラミクリーン」 これは、外壁塗装の際に使用される塗料の

塗料で汚れたり落下物で傷つくのが心配!外壁塗装の工事中に適した車の駐車方法は?

一戸建てに住んでいる時は土地の中に駐車スペースがあるので車は

隣家との幅が気になるけれど、外壁塗装はできるのか?

外壁塗装を検討中の皆さんの中に、お隣さんと家の距離が近くて気

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。