外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 雨漏りの原因とは?修理方法から理解しよう

雨漏りの原因とは?修理方法から理解しよう


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

雨漏りって屋根に穴があいてそこから水が漏れてきているというシンプルなものだと思われがちですが、じつは非常に複雑です。

何件も雨漏り修理を対応したことのある熟練の業者さんであっても雨漏りの原因を特定できずに解決できない修理を行ってしまう可能性もあるのです。

目に見えることはもちろん、目に見えないことも原因となっている可能性があるため、業者任せだけでなくあなた自身でも雨漏りの原因や修理方法について少しでも理解をしておくと何かと役に立つときがくると思います。

そんなときのために、ここからは雨漏りについて隈なく説明していきますので一緒に見ていきましょう。

雨漏りの発生原因はどんなものがあるのか?

雨漏りの原因には、一体どんなものがあるでしょうか。

一般的には、屋根の隙間から雨水が入り込んできて、屋根の中をつたって屋内に落ちてくるといったイメージを持っている方が多いと思います。

しかし、現実はそんな簡単なものだけではないのです。

雨漏りの原因を特定することは非常に難しいことから、修理業者がその原因を特定できないまま、いい加減な修理をしてしまうこともあり、雨漏りが直らないトラブルが起こってしまうのです。

雨漏りの原因を特定するために、修理業者に一度、現地調査で屋根を調べてもらう必要があります。
しかし、お忙しくてなかなか時間がとれなく、すぐに見てもらうことができない方も多くいらっしゃると思います。

そんなあなたでも、雨漏りの原因にどんなものがあるのか把握しているだけでも、不安ばかりが募る毎日から少し解放されると思います。

ということで、さまざまな雨漏りの発生原因を見ていきましょう。

雨漏りの原因パターン

結論から言いますと、雨漏りの原因はたくさんあります。

把握されている基本的なものでも13個あるのですが、まだまだ知らない原因もたくさんあると言われています。

雨漏りの原因を大きく分けると「経年による劣化」「台風・強風などの自然災害」「施工不良」の3つと言われています。
まずはこの3つで引き起こる雨漏りの原因は、どんなものなのか知っていきましょう。

パターン➀:屋根材のズレ・割れ・浮き

特に多い雨漏りの原因とされているのが屋根材のズレ・割れ・浮きです。

ズレとは、屋根材が通常あるべきところから移動してしまっていること。
割れは、屋根材にヒビが入ったり割れてしまっている状態。
浮きは、台風など強風で屋根材がめくれあがってしまっていること。

瓦屋根の場合、ズレや割れにより隙間が発生し、そこから雨水が浸入してきます。
スレート屋根は、ズレ・割れももちろん発生するのですが、経年劣化や強風に晒され続けることで浮きが発生し、雨水が浸入することもあります。

パターン②:谷樋板金の腐食

屋根をつたい流れてくる雨水を一旦貯める場所です。
雨が貯まる場所なので経年劣化や腐食が進むと雨漏りの発生に繋がります。

金属系の屋根でよく見られるケースです。

パターン③:棟板金のクギ浮き

経年劣化や台風や強風により棟板金が持ち上げられることで、固定されていたクギやビスが緩んでしまい、その隙間から雨水が浸入してしまいます。

パターン④:雨樋の詰まり・壊れ

雨を下に流すための雨樋が、コケの発生やゴミや枯葉によって詰まってしまい、雨水の流れが止まり侵入してくることで雨漏りの原因になります。

パターン⑤:コーキングの剥がれ

コーキングが経年劣化によって剥がれてくることで隙間が生じてしまい、そこから雨水が浸入することで雨漏りになってしまいます。

パターン⑥:余計なコーキングで隙間を埋める

隙間が必要な箇所にコーキングがされてしまうことで、雨水の流れが変わり1つのところに雨水を貯めてしまう状態になってしまうことがあります。

これにより雨漏りが発生する可能性があります。

パターン⑦:漆喰の崩れ

漆喰は瓦屋根を支える土台ですが、漆喰が崩れたところから雨水が浸入して雨漏りになることがあります。

パターン⑧:太陽光パネルを取り付けるときに出来る穴

太陽光パネルを屋根に取り付けるとき、クギやビスを使用して固定しようとすることがあり、そのときにミスで雨水が浸入してしまう穴ができてしまうことがあります。

パターン⑨:テレビアンテナの設置

テレビアンテナを設置するとき、クギやビスを使って固定するときのミスの影響で、雨水が浸入してくるケースがあります。

パターン⑩:外壁のひび割れ

屋根からではなく、外壁のひび割れから雨水が浸入することがあります。

パターン⑪:初期の施工不良

建築の際に、屋根や外壁に施工不良があると、雨漏りが引き起こされることがあります。

パターン⑫:DIY

自らでコーキングなどを行ってしまった場合に、屋根材のズレ・割れ・浮きなどが発生してしまい、そこから雨漏りを引き起こす可能性大です。
自らではなく熟練の業者さんに依頼するようにしましょう。

パターン⑬:屋根塗装時に縁切りが行われていない

スレート屋根の塗装時に、屋根材同士の隙間が塗料で埋まってしまったままにすると雨漏りが引き起こされることがあります。

現地調査が雨漏り原因を解決する唯一の方法

雨漏りの原因の解決に近道はありません。
しっかりと屋根を現地調査して悪いところのすべてを見てもらいましょう。

雨漏りが発生してしまうと、普段と違う生活環境になるので、精神的に不安になりすぐにでも修理をしてもらおうと焦って何もかもを進めてしまおうとなる方が多いです。

この記事をここまで読んでいただいた方の中にも、雨漏りが起こったのでとりあえず調べないといけないと焦っている最中かもしれませんが、とりあえず一度落ち着きましょう。

焦って雨漏りの修理を進めると、悪徳業者を選んでしまい解決もできずにお金だけ支払ってしまうハメになる危険性があります。

そのため、まずは深呼吸して落ち着くことが大事です。
誰もが我が家に雨漏りが発生するなんて思ってもいないので、焦る気持ちは十分にわかります。
しかし、雨が降らない限り現象は起きないし、すぐに状態が酷くなるものでもないので、落ち着いて対応していきましょう。

現地調査ってなにするの?

雨漏り原因の解決には、現地調査が大切だと説明させていただきましたが、現地調査って具体的に何をするの?と思った人も多いでしょう。

雨漏り修理をするための現地調査の流れを知ることで、修理工事のイメージを具体的に持つことができるため、ここからは現地調査から修理までの流れを説明します。

雨漏りが発生すると、
業者を探す→見積もりを依頼する→原因を知る→申し込む→雨漏り修理という流れになります。

この流れを知っているだけでも、落ち着いて修理まで進めていけるでしょう。

雨漏り修理は地元の優良業者に依頼しよう

雨漏りの原因を解決するには、高い技術と経験が必要になるため、少し知識があるだけの業者に依頼してしまうと、直らない工事に費用を払わないといけなくなります。

そのため、雨漏り修理を依頼する場合は、経験豊富な優良業者を探して依頼するようにしましょう。
地元密着の経験と実績がある業者がおすすめです。

地元密着ですと、その地域の特徴や気候などさまざまなことを理解している可能性が高いため、信頼できる基準になると思います。
あとは、調査段階でしっかりと屋根に上がって作業をしている、雨漏りの原因を詳しく教えてくれる、見積書がわかりやすいなどチェックしてみてください。

そして、信頼できると判断した業者に依頼して修理をしてもらったらひと安心ではなく、アフターチェックを怠らないようにしてください。

アフターチェックをして問題があれば、すぐに業者に連絡しましょう。

雨漏りは非常に難しい問題ですが、焦らずじっくり信頼できる業者を見つけることから始めましょう。


関連記事

マンションの外壁塗装の耐用年数はどのぐらいなの?

一戸建ての周辺に足場を組んでいて職人が外壁塗装の工事をしてい

自宅用に高圧洗浄機を購入する際に注意すべきポイント!

自宅のベランダや外壁、車などを掃除するとき、手作業でおこなう

外壁にALCを使うメリットや費用相場

ALC とは? ALCとは、コンクリートの内部に気泡を

外壁塗装に関する保険、保証制度

外壁塗装に関する保険、保証制度の種類 外壁塗装に関する保

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。