外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 雨樋の重要性と起こりうるトラブルについて!

雨樋の重要性と起こりうるトラブルについて!


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

突然ですが雨樋の掃除や修理はしていますか?
雨樋くらいと放置したままになっていませんか?

放置しておくと雨漏りの発生やシロアリの発生の原因になってしまうおそれがあります。

この記事では、雨樋雨漏りがそもそもどのような機能を持っているのか、雨樋のトラブルで何が起きるのか、徹底的に説明していきますので、いっしょに見ていきましょう。

雨樋って何のためにあるの?

雨樋とは、雨水を排水するためのシステムで屋根から流れてくる雨水を一度軒樋という雨水をためるところに集めてから、地面に流します。

雨樋なんてなくても雨水なんて勝手にどこか流れていくんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、雨樋があることであなたの家が守られているといっても過言ではありません。

それほど雨は厄介なのです。
では、具体的に雨樋がどのくらい建物にとって重要なのか見ていきましょう。

もしも雨樋がなかったら?雨樋の重要性とは?

もしも雨樋があなたの家についていなかったらどうなってしまうのか?

あなたの家が建っている地面が土なのかコンクリートなのか状態によって違いがあるのですが、屋根の高さから水が落ち続ける衝撃は思っているより強いです。

地面はえぐれてきますし、コンクリートだとしても長期にわたって雨が打ち続けられると削れていくこともあります。

家の庭でガーデニングをしていたとしたら、すべてを腐らせてしまう可能性も出てきます。

雨水をそのまま地面に落としていたら、地盤が緩んで家が傾いてしまうといった最悪のケースもあります。
かなり大げさかもしれませんが、可能性としては0ではありません。

こういったことにならないために雨水を衝撃無く地面に流すためにも雨樋は必要なのです。

建物にとって重要な雨樋にトラブルが起きる場合があります。
そうなると補修・修理をしなければなりません。

どんなトラブルが生じると補修・修理すべきなのか?
それをこれから見ていきましょう。

補修・修理すべき雨樋のトラブルとは?

現在、あなたの家の雨樋は大丈夫ですか?

雨樋を意識的に毎日確認しているなんて人は、少ないと思います。
普段、見ているようで見ていないそんな雨樋は、15年~20年が寿命だと言われています。

建物にとって重要な役割を担っている雨樋だからこそ、さまざまなトラブルに見舞われます。
どんなトラブルか具体的に1つ1つ見ていきましょう。

雨水が溢れて近隣トラブルに

雨樋が詰まってしまうと、雨水が溢れて雨樋の周りに跳ねて落ちていくことがあります。

あなたの家が、道路側に建っている・ご近所との距離が近い場合、通行人に溢れた水がかかってしまい、お隣さんの家に雨水などの汚い水がかかってしまい、トラブルに発生してしまうおそれがあります。

また、雨樋の近くにエアコンの室外機がある場合、電気配線もあり、それをカバーしている部品も劣化してくるかもしれず、危険な状態になる可能性があります。

雨樋の不調で雨漏り発生

雨樋が劣化したり何かトラブルが発生すると、溢れた雨水が建物内部に入り込んで、雨漏りの発生原因になるかもしれません。

雨漏りが発生してしまうと、補修が非常に厄介なので注意が必要です。

ゴミの詰まりや雨樋の破損

雨樋の修理が必要になる原因として一番多いのが、雨樋の破損やゴミの詰まりです。

雨樋の破損があると、屋根から流れ落ちてくる雨水を正しく受け止められなくなり、溢れて流れ込んではいけないところに雨水が入ってしまうおそれが出てきます。

雨樋にゴミが詰まった場合も同じで、雨水が溢れて外壁のひび割れなどに雨水が入り込んでしまう可能性もあります。

これにより、建物内部を腐食させることになり、建物にかなりダメージを与えてしまいます。

経年劣化

時間が経つにつれて状態が悪くなる経年劣化によるトラブルには、いくつか種類があります。

たとえば…
【継手がはずれる】【カビやコケが生える】【クギがはずれる】【金具がサビてくる】
といった症状が出てきます。

どの症状も発生すると、雨樋の機能を低下させて本来の役割である雨水の排水ができなくなってしまいます。

強風や積雪によるトラブル

強風や積雪によって、雨樋にトラブルが発生することがあります。

台風による強風のに影響で、雨樋と留め具がいっしょに吹き飛ばされてしまったり、雪が多く降るエリアは、積雪が軒樋にたまることで重みにより支えることができなくなり、壊れてしまいます。

雨樋の傾きが急すぎる

雨樋を設置する際に、雨水を下に流すために、軒樋という屋根から流れてきた水の受け取り場所をつくり、そこから集水器という雨水を下に落とす入口から、竪樋と呼ばれるパイプの中を水が流れていくように作ります。

この集水器に集まる水を緩やかにするために、軒樋に傾きをつけるのですが、それが急すぎると集水器に一気に雨水が流れ込んでしまい、その反動で壊れてしまう可能性があります。

雨樋を支える金具が外れている・壊れている

雨樋を支えている支持金具が、軒樋という屋根から落ちてくる雨水を一旦受け止めてくれるところを主に支えています。

その支持金具が外れたり壊れたりしてしまった場合、本来の雨樋の機能を低下させてしまいます。

雨樋の継手が外れている

雨樋は家の形や長さに合わせて調整するために、切ったり足りない場合は繋ぎ合わせたりして出来ています。

その繋ぎ合わせた部分に継手と呼ばれるジョイントパーツを接着剤で取り付けるのですが、この繋ぎ合わせの部分が外れかかっていたり、壊れている場合は、補修や修理が必要になります。

雨樋をDIYで直す

雨樋は1階くらいの高さならば、ハシゴや脚立を使って自らの手で直せないことはないです。

しかし、やはり知識がないと難しいことも事実です。
きちんと修理をしたいのならば、業者に依頼することがベストです。

DIYでの修理にチャレンジをして、余計に状態を悪くしてしまうなんてケースも多くあります。

カビやコケが生える

雨樋に汚れがたまってくるとそれを栄養として、カビやコケが生えることがあります。

カビやコケが生えると、雨水がうまく流れなくなる場合があり、さらにカビ・コケの繁殖により悪臭が発生する可能性があります。

雨樋の近くに木が生えていると、落ち葉が雨樋にたまりカビやコケの栄養源になってしまうこともあります。

地中の軒樋に木の根っこが詰まる

雨樋の不調の原因の多くは、雨樋の詰まりです。
落ち葉などの詰まりだけではなく、竪樋が地中に埋まっている場合、木の根っこが張り巡らされており、雨水の流れを阻害している場合もあるのです。

雨樋の上の方に問題がないのに不調が続くのならば、しっかりと下の部分も見てみましょう。見えにくいところに原因があるかもしれません。

瓦のかけらが雨樋を破損させる

雨樋には、落ち葉などのゴミ以外に家の屋根瓦のかけらがたまる場合もあります。

瓦のかけらが雨樋にたまると、重みによって樋の支持金具が重さに耐えられなくなり壊れてしまうことがあります。

家が瓦屋根の場合はこまめにチェックする必要があります。

雨樋の設置位置が悪い

雨樋をつける位置が悪いと、雨樋の本来の機能である雨水をしっかりと流せなくなり、雨漏りの原因になります。

雨水をしっかりと処理できないことが新築時から見られるようであれば、雨樋を適当に設置された証拠です。

雨樋の修理はどこに依頼するの?

先述のようなトラブルが発生したときの雨樋の補修や修理はどこに依頼すればいいのか?

それは、やはり地域密着型の優良な専門の屋根業者か雨樋修理業者です。
なぜなら、雨樋の修理と一言でいっても、しっかりとしたルールの下、丁寧に作業をしないといけないからです。

大手ハウスメーカーなどに依頼してしまうと、下請け業者に仕事を回すために中間マージンが発生し、費用が高くなる可能性が高いので注意してくださいね。


関連記事

必見!外壁の色選びで失敗したくないあなたに!

外壁のメンテナンスによる外壁塗装工事は、色褪せや経年劣化をし

外壁塗装でローンを組むための3つの方法

ローンを組んで外壁塗装することもできる およそ10年

屋根のカビ・コケ放置厳禁!洗浄方法や費用を徹底解説

「うちの屋根ってこんな色だった?」 いきなりですが、少

人気の外壁塗料『ガイナ』を選ぶ前に知っておきたい評判とは?

話題の塗料・ガイナのデメリットを口コミ・評判から徹底解説

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。