外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 遺産相続トラブル|実家が空き家になった場合の「所有権」は放棄できる?

遺産相続トラブル|実家が空き家になった場合の「所有権」は放棄できる?


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

遺産相続と言えば、「現金を相続する」「物件や不動産を相続する」といったような、利益に近いイメージを抱く方が多いのではないでしょうか。実際、遺産には「財産」といった意味合いも含まれているため、プラス資産のイメージが強いのは当然のことです。

しかし、遺産相続における財産は必ずしもプラスなものばかりとは限りません。「借金」のようなマイナスの資産も存在します。その代表格であるのが空き家化した実家です。
両親が亡くなった後の実家が空き家となったとき、管理の問題や税金の問題などで、相続人が苦労するケースは少なくありません。

そこで、今回は空き家となってしまった実家の所有権が放棄できるのかを詳しく解説していきます。

実家の所有権の放棄は難しい

遺産相続の場で、空き家となった実家の所有権を放棄することは可能ですが、結論としては難しいのが現状です。仮に実家に住んでいた両親が亡くなり、その実家が空き家になったとしても、基本的には相続人が所有権を受けることとなります。
所有権を得ると、建物の管理責任や、固定資産税などの納税義務が生じるため、手間もお金もかかるといった難点があります。しかし、一方で空き家となった実家を売却したり、贈与したりして、所有権を他人に移転させることができます。
需要の高い不動産であれば、買い手がつきやすいため所有権も手放すことが可能です。とはいえ、実家として長く住んでいた不動産には買い手が付きにくいことも多く、結果的に子どもが所有権を持ち続けている事例は多い状況です。
ただ、実家の所有権の放棄は難しくても、そもそも「相続をしない」といった選択肢を選ぶことは可能です。相続を放棄することで、所有権を得ることもないため、使わない実家の管理や納税を行う必要はなくなります。

家の所有権を手放すために相続放棄する際の注意点

前項でも触れた通り、そもそも相続を放棄すれば所有権を放棄することが可能です。しかし、相続を放棄すると、別の弊害が生じることもあるため注意しなければなりません。
ここからは、家の所有権を手放すことを目的として、相続放棄をする場合の注意点について診ていきましょう。

他の相続人としての権利も失う

家の所有権を手放すためとして、相続放棄をするにあたり、最も注意したいのが「他の財産を相続する権利を失うこと」です。
一口に財産と言っても、空き家となった実家のほかにも、現金や株式、他の不動産などさまざまなものが存在します。仮に相続できるプラスの資産があったとしても、相続を放棄したらすべて相続は不可となるため注意してください。
もしも相続を放棄するのであれば、空き家となった実家を引き継ぎながらプラスの資産を相続するケースと、全てを放棄するケースの両方をシミュレーションし、損にならない方法を模索することが大切です。

他の親族に迷惑になることがある

空き家となった実家の所有権を破棄するために相続を放棄すると、他の親族に迷惑がかかる場合があることを覚えておきましょう。
安易に家の所有権を手放し、相続を放棄すると別の相続人が空き家の実家を引き継がなければなりません。手間やお金などが絡む自体であるため、他の相続人との関係性によっては、相続放棄は慎重に検討する必要があります。
トラブルに陥る可能性も考えられるため、他の相続人も交えて理解を得られるように説明したり、協議の場で話し合ったりすることが大切です。

空き家の実家を相続した場合の対策

万が一空き家の実家を相続した場合、どのような対策が必要となるのでしょうか。
ここからは、空き家の実家を相続した場合の対策について詳しく解説していきます。

賃貸として貸し出す

空き家の実家を相続したとき、比較的多くの方が選ぶ選択肢として「賃貸としての貸し出し」が挙げられます。毎月一定の収入が得られるといったメリットがあり、空き家の実家をプラスの資産へと転換することが可能です。
しかし、一方で借り手がつかないと、固定資産税の負担だけがのしかかる自体となってしまいます。また、物件を探している人に、魅力的な物件であると感じてもらえるよう、必要に応じてリフォームやリノベーションなども行なわなければならず初期費用が発生する場合があります。

売却して手放す

「今後実家に住む予定は一切ない」という方は、思い切って売却して手放しましょう。建物の劣化スピードは早いため、売却を検討するのであれば早めに決断することが大切です。
価格はその物件のニーズや築年数などによって異なり、場合によっては想定していた費用での売却が難しい場合もあります。
賃貸で貸し出した方が利益になるのか、売却したほうが収入額は高くなるのか、などそれぞれを比較して検討してみましょう。

おわりに

本ページでは、空き家の実家の所有権は放棄できるのか、仮に所有権を放棄するために相続放棄を選ぶなら何に注意すべきかなどについて解説しました。
実家の所有権の問題は多くの子どもが抱えています。まだまだ対策は進んでおらず、現状としては、所有権を放棄する、もしくは貸し出しや売却を検討するしか方法がありません。
他の相続人の意向や自分の希望を明確にして、後悔のない選択ができるように進めていきましょう。

関連リンク

大阪で遺産相続・遺産分割・遺留分侵害額請求・遺言書作成に強い弁護士 梅田パートナーズ法律事務所 – umeda-law.com/personal-inheritance/


関連記事

外壁塗装一括見積りサイトを利用するメリットやデメリットとは?

外壁塗装一括見積りサイトを利用するメリットやデメリットとは?

外壁塗装をDIYしたら費用は?

外壁塗装をDIY 簡単なリフォームだったら自分でやっち

決着をつけよう!コケから外壁を守るためにすることは?

コケが家の外壁に繁殖したとしたらどうでしょうか? 想像した

外壁を長持ちさせるために押さえておくべきポイントを徹底解説!

外壁塗装で住まいに適したリフォームをする際に、多くの方が不安

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。