外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 覚えておいて損なし!外壁塗装でローンを利用しよう

覚えておいて損なし!外壁塗装でローンを利用しよう


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

「外壁塗装がしたいけど…」
「そろそろ塗り替えのタイミングだけど、資金が…」

外壁塗装をおこなうには、まとまったお金が必要になるため、このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、資金に不安があるからとすべてが先延ばしにできる状態かといえば、そうではありません。
数年工事を先延ばしにしたことで、外壁の状態がさらに悪くなり、工事費用が余計に増えてしまう可能性もあります。

では、どうすればいいのか?
それは、ローンが解決してくれます。

適切なタイミングで工事をしっかりとおこなうためにも、外壁塗装でのローンについて知っておいて損はありません。

この記事では、そんな外壁塗装のローンについて詳しく紹介していきたいと思います。

代金の支払い方法を知ろう

外壁工事の費用は、使用する塗料や家の規模によって異なるのですが、80万~120万円程度が相場といわれています。

正直、安い買い物ではありません。
それだけのお金を塗り替えのタイミングだからと急に支払うのは大変、という人も多いと思います。

外壁塗装の支払い時期は、業者によって違うのですが「工事完了後に一括払い」や「着工時に手付金、完了時に残金支払い」などが一般的です。
遅くとも完成時には全額支払わなければなりません。

支払いが厳しいのならば、クレジットカードの分割払いやローンという方法があります。
ただし、クレジットカードを使用する場合、手数料負担が大きいことを覚えておいてください。
10回払いで14~15%程度の利息がつきます。
あと工事費用がカードの限度額を超えてしまう場合は利用できないので注意してください。

そういった場合に、ローンを組むという方法が効果を発揮します。
ローンとは、借入(借金)になりますので、いい印象を持っていない人も多いと思いますが、適切に利用をすればメリットもあります。

ここからは外壁塗装でローンを利用する際のメリットとデメリットを見ていきましょう。

外壁塗装でローンを利用するメリット

住宅と家計にメリットがある外壁塗装でローン

ローンを利用すれば手元に資金がなくても施工をすることができます。
そのため適切な時期を逃すことなく工事が可能になります。
結果、家を長持ちさせることにつながります。

適切な時期に外壁塗装ができずに塗料の剥がれやひび割れが発生してしまうと、雨水が浸入して家の劣化をさらに進めてしまうおそれがあります。
そうなってしまうと工事にかかる費用が高くなってしまいます。

しかし、適切な時期に外壁塗装をすることで、家を長持ちさせ費用も抑えることになるのです。

手元にお金を残ることができる

外壁塗装のための資金がある程度ある場合でもローンを利用するメリットはあります。
外壁塗装にあてられる預貯金があったとしても、他にもお金が必要となることが出てくるでしょう。

そんないざというときのための資金として温存しておきたいと考える人は、ローンを利用してみてはいかがでしょうか。
ローンを利用することで預貯金を減らすことなく外壁塗装をおこなうことができます。

この先の人生でいつ多額のお金が必要な事態になるかわかりません。
そんなときのために預貯金をなるべく減らしたくないのならば、ローンの利用はとても便利だと思います。

外壁塗装のローンはデメリットもある

残念ながら外壁塗装でローンを利用することにデメリットもあります。
どんなものがあるのか、いっしょに見ていきましょう。

金利がかかる

クレジットカードの分割払いよりは低水準ですが、金利がかかります。
借入の際は、総返済額をしっかりと把握してから利用するかどうか検討してください。

借入に審査がある

ローンを組むときは審査があります。
そのため、人によっては利用できない場合があります。

年齢制限や健康状態などの自分ではどうしようもできないことが審査対象になることがあります。
現在ローンを検討しているのであれば、早めに借入要件を確認しましょう。

借入ローンは計画的に

ローンは非常に便利なものなのですが、お金を借りることなので必ず返済をしなければなりません。

無計画なローンは、将来の生活にとても悪い影響を及ぼすおそれがあります。
しっかりと返済をシミュレーションしてからローンを利用するようにしましょう。

代表的なローンの組み方3つ

ローンを利用する際、どういった組み方があるのか説明していきます。

住宅ローン返済中ならば、借入先に相談

住宅ローンを返済中の人は、借入先の金融機関に相談してみましょう。
しっかりと返済中の人は、借入先からするとお得意様なので、審査がスムーズである、金利優遇などを受けられる可能性もあります。

ですが、住宅ローンの借入先が、外壁塗装に向いたローンがない可能性もあるため注意が必要です。

銀行から借りる

銀行から借りる場合、有担保ローンと無担保ローンの2種類があります。
どちらも審査が必要なのですが、特徴が異なります。

●有担保ローン
有担保ローンは、不動産を担保にいれるローンで、借入の要件が厳しいという特徴があります。
審査にも時間がかかり、借入時には登記手数料や事務手数料がかかります。
そのかわり大きな金額を借りることができます。

有担保ローンは自宅などに抵当権が設定され、返済ができない場合は所有権を失ってしまいます。

●無担保ローン
無担保ローンは、その名の通り担保不要のローンです。
小額融資向けなので、有担保ローンと比較すると審査に時間もかからずスムーズです。
しかし、金利がやや高いです。

外壁工事業者を通してローンを組む

業者が提携しているローンを利用するという手段もあります。
クレジットカードローンか銀行ローンが考えられますが、多くの場合クレジットカード系のローンです。

公的な制度が利用できるかも

現在、全国で空き家が増えてきているのを知っていますか?
空き家も放置しておくと美観を損なっていき、場合によっては治安の悪化の原因になるかもと警戒されています。

そのため、政府はリフォーム支援に力をいれており、さまざまな制度が存在しています。
自治体によって違いがあるため、お住まいの自治体に確認して外壁塗装に利用できるものがあるか確認してみてください。

支援が受けられるのなら、それに越したことはないですよね。


関連記事

屋根の形の種類とそれぞれのメリットとデメリット

この記事では、屋根の形について説明していきたいと思います。

外壁塗装をするタイミングとチョーキング現象

外壁塗装でもっとも重要なこと 外壁塗装でもっとも重要なこと

ツヤあり・ツヤなし?どっちが正解?どっちが好み?

外壁塗装で家を塗り替ようと考えたとき、どのような雰囲気にした

【徹底解説】エクステリア工事と外構工事って違うの?

突然ですが、エクステリア工事という言葉をご存知でしょうか。

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。