外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 自宅をパワースポットに!外壁の色に悩んだら風水に頼ってみない?

自宅をパワースポットに!外壁の色に悩んだら風水に頼ってみない?


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

大切な住まいの外壁を塗り替えるときの色選びは、外壁塗装の中でいちばん楽しいところかもしれません。

しかし、優柔不断な方は、決めきれずに悩んでしまうかもしれませんね。
そんなあなたは、外壁の色選びに風水を取り入れてみてはいかがでしょうか。

風水と聞けば、なんとなくのイメージで胡散臭いと感じてしまう人もいらっしゃると思います。
ですが、風水は、衣・食・住・行動の「気(エネルギー)」を使って開運する古代中国発祥の考え方で、「環境学」とも呼ばれている歴とした学問です。

あなたやご家族のお気に入りの色があり、すぐに決まる場合は風水に頼る必要は全くありませんが、悩んでしまいどうしても決められないという方は、風水を参考にしてみるのも、選択肢のひとつだと思います。

ということで、今回は風水の視点から見た外壁塗装について解説していきたいと思います。
あなたにぴったりの色で外壁塗装を成功させるために、ぜひ最後まで読んでみてください。

風水で見るおすすめの外壁の色

あなたの周りの環境によってあなた自身の運気が変わるとされている「環境学」と呼ばれる風水では、それぞれの色に意味や効果があるとされています。

ここでは、風水における色が持つ意味や期待できる運気を色別に説明していきたいと思います。

色 期待できる運気
ベージュ・白系 気品や高級感があり、誰からも良い印象を受けやすい色。良い人間関係を築くことができるといわれています。
グレー系 真面目や誠実という意味があり、仕事運の上昇が期待できます。気を落ち着かせる効果もあり、家との相性が良いとされています。
ブラック お金を守ってくれ、金運がアップする効果があります。関わりたくない人を寄せ付けないという意味もあるため、人間関係を良好にする効果もあります。
レッド系 積極的な気持ちになれる色です。勝負運や仕事運の上昇も期待でき、厄除けなどの効果もあるとされています。
ブルー系 落ち着きのある堅実なイメージを持っており、勉強や仕事に関する運気を上げる効果があります。
イエロー系 金運を上げる効果がある色ですが、プラス思考や変化を表す色でもあります。
ピンク系 女性的な意味の強い色ですが、人間関係や恋愛、仕事を良好にしてくれる効果もあります。
グリーン系 植物を連想させる色であり、落ち着きや成長を助ける効果があるとされています。
オレンジ系 人間関係を良好にする色で、出会いや子供に恵まれるといった意味もあります。
パープル系 芸術や気品の高さを表す色で、精神的に良い効果があり、良好な上下関係を築く効果があります。

このように、色によってさまざまな効果が期待できるため、あなたがどんな暮らしを望んでいるかをよく考えて、色を選んでみてはいかがでしょうか。

また、外壁塗装は、広い範囲を塗り替えることが多いので、全面に塗るとイメージやバランスが悪くなる場合がありますが、部分的に塗り替えることで風水の効果を取り入れることもできます。

玄関の色が重要?

家にとっての玄関は、「顔」と呼ばれているほど重要な部分であり、家のイメージを決める場所ともいわれています。

お客様を迎える場所であることはもちろん、あなたが毎日出入りする場所でもあります。

風水では、玄関を特に明るく清潔に保つことが重要とされており、玄関のある方角によって良いとされている色も変わってくるのです。

玄関の方角 風水的におすすめの色
北西 ベージュやクリーム系の淡い色
アイボリーやピンクなどの明るい色
北東 イエロー、ブラウン
レッド
東南 イエローやオレンジ系
西 イエロー
グリーン系
南西 グリーンや茶色などの落ち着いた色

これは、玄関の方角に合わせた運気を上げる色なのですが、あくまでも例です。
レッドやイエローなど周りの景観などを考えると使うのが難しい色は、無理に取り入れなくても問題ありません。

風水で大切なのは、調和やバランスを取ることなので、家族の意見も取り入れながら、色を選ぶようにしましょう。

外壁塗装に使う塗料の色を知っておこう

ここからは、外壁によく使われる色、あまり使われない色はどんな色なのかを、風水の観点も交えて見ていきましょう。

外壁によく使われる色

外壁によく使われる色の中で、近年、圧倒的に多いのがベージュとグレーの2色です。

なぜなら、他の色と組み合わせやすい、周りの景観に馴染みやすいといったメリットがあるからです。

一般的に、色は赤みが強い暖色、青みの強い寒色、暖色と寒色の間のその名の通り中間色の3つに大別でき、ベージュは暖色、グレーは寒色になります。

ベージュ

ベージュは、温かみがある落ち着いた雰囲気のため、ナチュラルで優しい印象の外観にしたい方に向いています。

風水の観点から見ると、ベージュは他の色とのバランスがとりやすいだけでなく、方角を問わず使うことができる色なのです。

白に近いベージュは、浄化作用があり仕事運と家庭運の上昇が期待できます。
茶色に近いベージュは、健康運と家庭運の上昇が期待できます。

グレー

グレーは、クールでスタイリッシュな外観にしたいと考えている方におすすめです。

グレーは、風水の観点では堅実を表しており、心を落ち着かせる効果があります。どんな色とも調和するため、他の色と組み合わせて、複数の風水の効果を取り入れることもできます。

この2色に次いで、ブラウンやホワイトも人気があります。

外壁にあまり使われない色

風水では、良い色とされていても、外壁にあまり使われない色もあります。
むしろ、そちらの方が多いかもしれません。

だからといって、絶対に外壁に使ってはいけないということはありません。

外壁全体に採用すると周りの景観とのバランスやイメージが悪くなる可能性があるので、付帯部などの一部にワンポイントとして取り入れることをおすすめします。

原色

先述したように周りの景観に合わないという理由から、赤や青、黄色といった原色は外壁にあまり使われません。

さらに、色褪せが目立つといったデメリットもあります。
劣化が他の色より目立つということは、塗り替える頻度も高くなるということなので、コストが他の色よりもかかってしまいます。

黒は、高級感や格式が高い印象を出すのに最適な色ですが、熱を吸収しやすいという特徴があり、夏場の日当たりが良い場所では冷房が室内でも効きにくくなるというデメリットがあります。

外壁を黒く塗る場合は、断熱材を入れたりや断熱塗料を使うことがほとんどなので、その分費用が高くなります。

また、砂埃による汚れが目立ちやすいです。

まとめ

たくさんの色の選択肢がある外壁塗装。
選択肢が多すぎて悩んでしまう方は、風水を取り入れてみてはいかがでしょうか。

色や方角にはさまざまな意味や効果があります。
それらを踏まえ、家族とも相談しながら、あなたの家に合う理想の色を見つけてくださいね。


関連記事

正確な外壁防水処理が外壁の耐久性を維持する

外壁防水の必要性について 外壁塗装をする前の下地処理の工程

外壁を張り替えるのならまず知っておくべきこと

「外壁って塗装するのと張り替えるの、どちらがいいのだろう?」

外壁に撥水効果を持たせる前にメリットとデメリットを知ろう!

外壁や屋根は、家をさまざまな外的要因から守るという役割を担っ

火災保険活用リフォーム

火災保険活用リフォームとは? 基本的に火災保険を利用した

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。