外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 緑カビについて知ろう!原因から掃除方法まで徹底解説

緑カビについて知ろう!原因から掃除方法まで徹底解説


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

突然ですが、こんな経験ありませんか?
ふと窓ガラスを見てみるとフチに緑のカビが発生しているのを発見して、とてもショックを受けた。

そんな経験をしたあなたは、この記事を最後まで読んでみてください。

「カビなんてあまり気にしないから大丈夫」と思ったあなたにも、今後のためにぜひ読んでいただきたいです。
カビを放置してしまうと繁殖を続けて範囲を拡大していき、ついには病気の原因になりかねません。

この記事では、そんな緑カビの原因から掃除方法や予防対策まで隈なく説明していきます。

そもそもカビの発生原因とは?

気づかぬうちに繁殖しているカビですが、そもそもカビの発生原因とは何なのでしょうか。
まずはその原因から説明していきたいと思います。

カビが活発になる条件とは?

カビとは、菌糸から形成される菌類のことを言います。
この菌類が「コロニー」という集団を成すことで、カビとなります。

そんなカビが活発に繁殖してしまう3つの条件があります。
それは…

●20℃~30℃前後の温度であること
●湿度が80%あること
●汚れやホコリ、食品などの栄養によるもの

この3つの条件が揃っていると、発生した小さなカビが徐々に拡大してしまうのです。

カビが発生しやすい場所

家の中でとくにカビが発生しやすい場所が2つあります。

1つめは、結露がよく発生している場所です。
外気の温度が低く室内が暖かい場合や、湿度の高い季節には窓ガラスに結露が発生しやすくなります。

2つめは、比較的空気がたまりやすい場所になります。
なかでも水蒸気がたまりやすい浴室や洗面所、キッチンなどの水回りは注意が必要です。

あとクローゼットや押し入れなどの壁面、太陽の光が当たりにくい暗い部屋にも注意です。
このような場所であまり換気をしない状態が続くとカビが発生しやすくなります。

緑カビの掃除方法

ここからはカビの掃除の仕方を紹介していきます。

カビを除去したことがある人で、「時間をかけて落としてもすぐにできてしまう」「何度も掃除をしているけどキリがない」と思ったことがある人は、ぜひチェックしてください。

カビの弱点を把握して、一気に除去していきましょう。

カビ取り剤は塩素系を使おう

カビを発見したら、まずは手っ取り早く市販の「塩素系カビ取り剤」を使ってみてください。

塩素系のカビ取り剤は、塩素系漂白剤ともいわれる洗剤で、こすっても落ちにくいカビをスッキリ取り除いてくれます。

市販の塩素系カビ取り剤のほとんどは、スプレータイプです。
目につくカビにむかって吹きかけるだけで簡単に落とすことができます。

漂白はもちろんのこと、同時に殺菌もできるため、カビを根本から取り除いてくれます。

ただし、塩素系カビ取り剤は、非常に強い漂白効果のある成分や殺菌効果のある成分が含まれているので、取扱いに注意が必要です。
もしも、直接肌に触れてしまうと、荒れてしまうおそれがあります。

衣類についてしまった場合は、色落ちしてしまう可能性もあるので、注意してください。

熱湯を使う

熱湯もカビを手っ取り早く除去するために効果的だと言われています。
カビも菌類で生物の一種であるため、50℃以上の熱湯には耐えられないのです。

50℃に熱したお湯に浸すだけなので、簡単に除去することができます。
しかし、カビが発生する箇所によって除去の仕方が違うので、簡単に説明していきます。

浴槽や浴室の壁や床などは、事前にスポンジで汚れを落としておきます。
そのあと、50℃以上のシャワーを10秒以上かけることで、カビの根本まで効果を発揮します。
最後に浴室を乾燥させるため、一晩換気扇をまわして完了です。

衣類やタオルなどにカビが発生した場合は、鍋で「煮洗い」をします。

まず、鍋で沸騰させたお湯にカビのついた衣類やタオルを入れます。
5~10分くらいかき混ぜながら煮て、冷めたらしっかりとすすいで、そのあと通常どおり洗濯しましょう。

煮洗いは頑固なカビにも効果を発揮しますが、衣類が色落ちしたり、素材に負担をかけてしまうこともあるので注意しましょう。

カビ取り剤を使用する前に汚れを取ることが重要

外壁に発生したカビは、カビ取り剤だけでは、なかなか落とすことができません。

外気に触れたカビは、通常の汚れだけではなく油汚れや酸化汚れも付着しているため、カビ取り剤がうまく浸透してくれないのです。

そのため、カビ取り剤を塗布する前に、高圧洗浄機などを使用して外壁についた汚れをきちんと取り除きましょう。
家の中のカビも同じく、まずは付着している汚れを落としてから除去にうつりましょう。

緑カビの掃除のポイント

カビを除去するポイントを把握しておくことが、繁殖を防ぐことにも繋がるため、いっしょに見ていきましょう。

発見したらすぐに除去しよう

カビを発見した場合、そのカビの周りには目に見えないレベルですが確実にカビの胞子が存在しています。

そのため、カビが発生した周囲1㎡の範囲は除去作業をすることをおすすめします。
カビが表面に発生している状態で空調やエアコンをつけると、カビの胞子が部屋全体に待ってしまうおそれがあります。

とにかく目視でカビを確認したら、すぐに除去するようにしてください。

緑カビを予防するには

カビの繁殖を予防するためには、なによりカビを発生させない環境づくりが大切になってきます。

換気が大切

カビを発生させない環境づくりとして大事なことは、風通しをよくすることです。

カビは、物体の表面に付着したのち水分を使って繁殖します。
そのため、換気をして家の中を乾燥させて水分を無くすことで、カビを予防することができるのです。

カビを繁殖させないためにも、日々こまめな換気を行うようにしてください。

まとめ:日頃からカビ対策をしっかりと

緑カビは発生してしまったら取り返しがつかないというわけではありません。

発生したとしてもしっかりと除去をすることが可能であること、日頃からの環境づくりでしっかりと予防をすることも可能であるため、家の風通しをよくして空気の循環を積極的にさせるようにしてくださいね。


関連記事

リフォームをする前に確認!外壁塗装も減税対象になる!

外壁は、常に雨や風など外的要因に晒されていることから、塗装が

外壁塗装にかかる費用の支払い方法や注意点について

戸建住宅は管理費や駐車場代などの費用がかからず資産価値も残す

外壁塗装 にバイオ洗浄は必要か?

外壁のリフォーム時の洗浄について 家を建てて新築の時は

塩害に強い外壁材の選びかた

塩害が外壁に与える影響 塩害とは、塩分が外壁材に与え劣化

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。