外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 給湯器の裏も塗装できる?その難しさや必要性について解説

給湯器の裏も塗装できる?その難しさや必要性について解説


給湯器の裏の塗装は難易度が高い理由

給湯器の裏というのは、外壁塗装の中でも難易度が高い塗装部分だと言われています。
そう言われるのには2つの理由があります。

1つ目の理由は、給湯器の裏の塗装は給湯器そのものを外さない場合、 狭いスペースのみで塗装を行う必要があり、その狭いスペースで給湯器窓の養生を行う必要があるからです。
そしてもう1つの理由としてあるのは、給湯器そのものを外して塗装を行うことになった場合には給湯器に関わるガス業者などを呼ぶ必要があり、多くの手間がかかってしまうからです。

このように給湯器の裏の塗装というのは、給湯器そのものを外してを外さなくても手間がかかってしまったりしてしまうなどのデメリットが発生してしまうので難易度が高い部分だと言われているのです。

給湯器の裏を塗装する必要性について

給湯器の裏を塗装する必要性というのは、塗装を依頼する人によって変わってきます。

例えば、給湯器の裏とはいえわずかな隙間から古い塗装が見えてしまうこと自体が気になってしまうといったような人の場合であれば、給湯器の裏は多少の手間などがかかってしまったとしても塗装をする必要があると言えます。
一方で給湯器の裏側はパッと見ではわからないので、特に気にしないと考えている人の場合であれば、無理に給湯器を外して塗装する必要はないと言えるのです。

このように給湯器の裏を塗装する必要性というのは、依頼する人の考え方によって大きく変わってくるので、実際にあなた自身が塗装を依頼する時には後悔しないためにも一度時間を取って、 本当に給湯器の裏まで塗装する必要があるのかどうか考えてみると良いでしょう。

給湯器の裏以外にも塗装をするかどうか考える箇所はある

ここまでは給湯器の裏を塗装するかどうかということに関して色々とご紹介してきましたが、外壁を塗装する際には給湯器の裏意外にもとそうするかどうか考える必要がある箇所があります。

例えば、外から見て比較的目立つ位置にある雨戸やシャッターなどの部分です。
これらの部分も外見上目立つことから塗装をするかどうか考えるべき箇所であると言えますので、時間があれば給湯器の裏と一緒にこれらの塗装についてもどうするかどうか考えてみることをおすすめします。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ