外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 知っておこう!希望の暮らしと機能性塗料の効果の関係性!

知っておこう!希望の暮らしと機能性塗料の効果の関係性!


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

「機能性塗料ってどんなものなんですか?」

このような疑問を耳にすることがあるので、今回は機能性塗料についてまとめさせていただこうと思います。

機能性塗料は、特別な効果が付け加えられた塗料のことをいいます。
その特別な効果の例をあげますと、耐火性や防カビ性などです。

その他にも、さまざまな特殊効果を持つ機能性塗料が開発されています。
外壁塗装の際には、あなたが求める塗装に合う塗料を選べるように、機能性塗料について詳しく説明していきますので、最後まで読んでみてください。

それでは、いきましょう。

塗料の効果が発揮されるには

塗料は、外壁や屋根に塗装して乾燥させることにより塗膜という薄い膜をつくり、この膜がつくられることで塗料の持つ機能が発揮されます。

この塗膜ですが、薄すぎても厚すぎてもダメなのです。

塗膜が薄すぎると、塗料の機能を最大限に発揮させることができず、反対に厚すぎると、塗膜がひび割れてしまったり剥がれたりする可能性がでてきます。

どんな機能があるのか?

外壁や屋根の塗装に使用される塗料には、種類によってさまざまな機能が備わっています。

では、どんな機能があるのか、ここから見ていきましょう。

低汚染性

低汚染性は、外壁や屋根に汚れが付きにくくなる効果です。
そんな低汚染性塗料には、親水性に優れている塗料や光触媒という物質が含まれている塗料があります。

親水性とは、水が馴染みやすい性質ということです。
親水性に優れていると、外壁や屋根に雨水が触れたときに、水滴とならず薄く広がります。
すると、塗膜に付着している汚れと塗膜との間に雨水が入り込みやすくなり、汚れを雨といっしょに洗い流してくれるのです。

光触媒は、光が当たることで化学反応が起こり、汚れを分解してくれます。
分解された汚れは、雨水などで流されやすくなっています。

これらは日光や雨といった自然の力を利用して、お家を美しく保ってくれる優れた機能です。

遮熱・断熱性

外壁塗装用の塗料には、遮熱・断熱性に優れたものもあります。

この2つの効果は、ともに熱に強いという意味で効果が同じだと思われがちですが、実は違いがあるのです。

遮熱性の遮熱とは、熱を遮る(さえぎる)という意味です。
つまり、熱を跳ね返すということになります。

遮熱効果があることで、熱の根源となる赤外線を反射するため、夏の高温な外気からあなたのお家を守ってくれます。

断熱性は、外壁材や屋根材の内部に伝わってくる熱の量を抑えてくれます。
遮熱との違いは、外部から熱が入るのを防ぐだけでなく、冬場の部屋の温かい空気が内部から外部に逃げるのも防いでくれるところです。

防カビ・防藻・防苔性

外壁には、日が当たりにくく、湿気の多い部分があることもあります。

そのような部分には、カビや藻、苔が発生しやすくなります。
これらの繁殖を防ぐため、防カビ・防藻・防苔といった機能を持つ塗料があります。

カビや藻、苔が発生しても、塗膜がひび割れたり剥がれたりしているわけではないので、そこまでたいしたことではないと思ってしまうかもしれません。

しかし、これらを放置してしまうと外壁内部の腐食につながり、さらなる劣化を引き起こすおそれがあります。

また、お家の美観も損なわれてしまうので、カビ、藻、苔が発生しそうな部分には、これらの繁殖を防ぐ機能を持った塗料がおすすめです。

耐候性

耐候性とは、風雨や日差し、気温の変化など、さまざまな天候からお家を守る機能です。

外壁や屋根は、常に外気にさらされています。
つまり、さまざまな外的要因から日々襲われています。

そんなとき耐候性に優れた塗料なら、お家が自然環境から受ける影響を抑えてくれます。

作業性

作業性は、塗りやすい塗料であるかということです。
作業性に優れていると、塗装をする職人さんたちが扱いやすく効率のよい作業ができます。

塗料の機能と聞くと、お家を守るための機能とばかり考えてしまいますが、このように塗りやすさを重視した塗料もあるのです。

塗りやすさだけなら、あなたに何もメリットが無いと感じてしまうかもしれませんが、実際はそうでもないのです。

塗装作業は、優れた機能を持つ塗料とそれを扱う職人さんがいて成立するものです。

そこで扱う塗料の作業性が優れていると、職人さんの作業効率が向上して、あなたのお家を守るための機能を最大限に発揮させることができるとても美しい仕上がりになる可能性が高くなるのです。

機能性塗料で外壁や屋根を塗装してもらいたいのなら

お家の外壁・屋根塗装で機能性塗料を使用してもらいたい場合、どうすればいいのかを紹介していきます。

希望する暮らしを考える

お家の状態は、建っている土地環境に大きく左右されます。
お家の塗装工事をする際、どんな生活をしたいのかを考えることはとても大切です。
ここが曖昧だと、塗装工事を成功させることが難しくなってしまうといっても過言ではありません。

塗装工事は、あなたの大切なお家を守り、そこでの生活を豊かにするものです。

住んでいる地域や土地、暮らしの形によって、適切な塗装工事が異なるので、まずはあなたが希望する暮らしを考えるところから始めてみましょう。

使いたい塗料を扱っている塗装業者さんを探す

希望の暮らしを実現してくれる塗料が見つかったら、それを取り扱っている塗装業者さんを選びましょう。

そんな塗装業者さんの選び方には2つの方法があります。

まずは、塗装業者さんのホームページを見てみることです。
塗装業者さんによっては、取り扱っている塗料を自社のホームページに公開していることもあります。

中には、おすすめの塗料の機能を紹介しているところもあるので、確認してみることをおすすめします。

次は、扱っている塗料の数が豊富な塗装業者さんを選ぶ方法です。

取り扱っている塗料の種類が多ければ多いほど、あなたの希望の塗料が見つかる可能性が高くなります。

取り扱っている塗料がホームページに記載されていない場合は、気軽に問い合わせてみましょう。

まとめ

さまざまな機能を持った塗料があります。
外壁塗装の際は、あなたの大切なお家を守るだけでなく、希望の暮らしを実現してくれる機能を持った塗料を選びましょう。


関連記事

外壁塗装で起こるアレルギー症状と対策

外壁塗装でアレルギー症状は起きるのか? 必ずしも外壁塗装

簡単シンプル!高圧洗浄とバイオ洗浄の違いとは?

外壁塗装の工程の中で、塗装の前に必ず行われる洗浄。 洗浄に

関東地方の優良外壁塗装業者、ユトレヒトとは?

外壁塗装、屋根塗装を専門的に行う業者は多いです。 関東地方

外壁塗装をDIYしたら費用は?

外壁塗装をDIY 簡単なリフォームだったら自分でやっち

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし