外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 湿度?気温?本当に外壁塗装は雨の日にできないのか?

湿度?気温?本当に外壁塗装は雨の日にできないのか?


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

一般的に外壁塗装の工事は、雨の日はできないといわれています。

では、工事中に雨が降ってしまうと工事のスケジュールや塗った塗料がどうなるのか?
雨の日でも、できる工程があるのか?

上記のような雨の日に関する疑問を抱いている方も多くいると耳にしたので、今回は、雨の日の外壁塗装についてさまざまな観点から説明していきたいと思います。

しっかりと確認して少しでも参考になることが見つかれば幸いです。

それでは、見ていきましょう。

雨の日でもできる工程がある

外壁塗装の工事に入ってから完工まで、全日程が晴れていた。
これが理想です。

しかし、天気は理想どおりにはならないもので、梅雨を外したとしても、工事期間中に雨が降るのは普通のことです。

通常、雨が降ると塗装関係の工事は中断します。
ただし、足場を設置したり、養生シートを張ったり、雨が降っていても進めることができる工程もあります。

塗装工程はすべて延期になる

先述したように、雨の日にできる工程もありますが、塗装業務そのものをおこなうことは困難です。
なぜなら、雨の日に強引に塗装作業をおこなうと不具合が発生する可能性があるからです。

たとえば…

●塗料が雨で薄まってしまう
●塗装した面に雨水が落ち、水玉模様のようなまだらで汚い仕上がりになってしまう
●塗膜が剥がれる、ひび割れ、クレーター、白化など不具合が起こる可能性が高い

ひとくちに雨といっても、小雨から土砂降りまで大きな幅があり、どれくらいの雨で中止するのか、と判断に困りそうなのですが、基本的に外壁塗装の塗料は、湿度が上がると仕上がりが悪くなります。

そのため、雨が降っていなくても、湿度が85%を超える状態が続きそうならば、塗装はしないと判断すべきなのです。

塗料メーカーも「気温5℃以下、湿度85%以上の塗装は避ける」と定めています。

もちろん、天気予報が雨の場合も塗装を避けるべきです。

業者によって判断が異なるのですが、中には降水確率が20~30%の場合でも、その日は作業しない、というところもあります。

塗装作業中に雨が降ってきたら?

下塗り、中塗り、上塗り、と各塗装作業中に雨が降ってきてしまったらどうするのでしょうか?

その場合は、塗装をやり直すことになります。

そのため、今にも土砂降りの雨がくるような空模様のときは、そもそもはじめから塗装作業をすべきではありません。
残念ながら天気予報や業者の予想がすべて外れて雨に遭った場合、これはもうお手上げです。

外壁塗装の塗料は、乾燥するのに1時間以上かかります。
溶剤系の塗料だと、乾燥に4時間ほどかかるものもあります。

冬場となるとさらに時間がかかります。
また、朝露や夜露など、雨意外にも乾燥を妨げるものがあるため、しっかりと工期をスケジュールしてもらいましょう。

雨の日に塗装する業者には注意

業者の中には、「雨でもすぐに乾く塗料を使っているから大丈夫」「水性塗料なので問題ありません」のような、いい加減なことをいいながら雨の中でも平気で作業をする業者がいます。

このような業者には、要注意です。

では、なぜそのようなことをするのかというと、できるだけ工期を延ばしたくないからです。
工期を短縮することで経費削減になり、自分たちの利益につなげようとしているのです。

結果、仕上がりも悪くなるので、雨の中で塗装をしようとしたら絶対にやめてもらいましょう。

雨で工期が延長したら追加料金が発生する?

雨の日が続き、工期が延びてしまうと追加料金が発生してしまうのでは、と不安に思う方もいることでしょう。

しかし、安心してください。
追加料金が発生することは、ありません。

そもそも、工期中に雨に遭遇することを想定して工期を設定しているので、想定内のことです。

しかし、雨の日が長く続くと、どうしても足場やシートで覆われた家の状態が長くなるので、梅雨時期は避けることをおすすめします。

雨が原因のトラブルを防ぐために

雨天決行で作業をやめない業者の場合

もしも依頼した業者さんが、雨天でも強引に作業をした場合、それを理由に保障期間の延長を交渉しましょう。

先述したように、雨の日に塗装作業をすると、さまざまなトラブルの発生につながります。
しかも、塗料が剥がれるというようなトラブルは、塗装後すぐに発生するものではなく、数ヵ月、数年後に起こる場合があるのです。

たとえば、10年以上持つといわれた塗料で塗装したのに、数年でダメになってしまい無駄に費用を払っただけという状態になってしまうと意味がありません。

業者さんが問題ないと判断したうえでのことなので、交渉をしておくことをおすすめします。

塗装中に雨が降ってきた場合

これは仕方のないケースだと思います。

ですが、乾ききっていないうちに雨が降った塗装面は経過に異常がないかどうかを、しっかりと目視で確認しておきましょう。

そして、とにかく不安なことや気づいたことが出た時点で業者さんに相談しておくことが大切です。

優良な業者さんであれば、しっかりと対応してくれるでしょう。

まとめ

雨の日は、外壁塗装にとって天敵です。
しかし、塗装以外の作業は進める場合があります。

塗装においては、基本的には延期すべきでしょう。
雨が降っていなくても気温や湿度によっては、中断する場合もあるので覚えておいてくださいね。

雨でも塗装を強行しようとする業者には注意して、相応の対応をするようにしましょう。
あなたの大切な住まいが美しく仕上がることを願っております。


関連記事

浴室塗装の基礎知識を完全網羅!キレイなお風呂で快適バスタイム!

ユニットバスという言葉を聞いてイメージを浮かべてみてください

外壁塗装 にバイオ洗浄は必要か?

外壁のリフォーム時の洗浄について 家を建てて新築の時は

外壁塗装の工事が終了した後にどのぐらいで塗料が乾燥する?

外壁塗装の工事をする時は塗料を使用して外壁や屋根を塗装します

モルタル壁の基礎知識!メンテナンスのタイミングっていつ?

モルタル壁と言われても、具体的にどういった素材のものかわから

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし