外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 決着をつけよう!コケから外壁を守るためにすることは?

決着をつけよう!コケから外壁を守るためにすることは?


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

コケが家の外壁に繁殖したとしたらどうでしょうか?
想像しただけで見た目も悪いしイメージが良くないですよね。

見えないところならまだしも、見えるところに繁殖すると家に一気に古さが出てしまう印象があります。

そんないい印象を与えないコケが家にどのような影響を与えるのか説明していきたいと思います。

ちょうど家の外壁がコケに侵されているあなたも、まだコケが発生する気配すらしていないあなたにも役に立つ記事になると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

コケが発生する原因って?

ふと気が付くと外壁を真っ黒に覆い、水で洗い流したとしてもなかなか落ちないコケ。
そんなコケは、どうして家の壁に繁殖するのでしょうか。

コケの発生原因についてここから見ていきましょう。

繁殖方法とは?

コケは、胞子を飛ばすことで繁殖をします。
しかも、どんな場所にも根を下ろすことが可能なのです。

石の上であろうがコンクリートの外壁であろうが関係なく繁殖ができます。
コケは、着床したところに十分な湿度と栄養があれば爆発的に繁殖します。

家で言えば、新築よりもどちらかといえば古い家の方がコケが繁殖しやすいです。
なぜなら、壁の防水性が低下しているからです。

コケは湿気が大好きなので、乾燥した場所では繁殖ができません。
経年劣化により外壁の防水性が低下すると、コケが成長する環境が整ってしまうのです。

また、外壁の素材の中でモルタルは防水性が低いので、他の素材と比べるとコケが生えやすい傾向にあります。

あと、最近の家は壁の中に断熱材を敷き詰めてあり、部屋にもエアコンが設置してあることがほとんどです。
そのため、屋外と屋内の温度の差が大きく結露が発生しやすい状態になっています。
結露が頻繁に発生するとおのずとコケの生えやすい環境になってしまうのです。

他には、凹凸のある外壁にコケは繁殖しやすいので、表面がザラザラしているデザインの家はコケが繁殖しやすい特徴があります。

コケが生えやすい条件まとめ

コケが生えやすい環境はいくつか特徴があるので、まとめます。

  • 外壁材や塗膜が劣化してきている
  • 直射日光は当たらないけれど明るい場所がある
  • 屋根の影がある
  • 風通しが悪い
  • 草木など緑が近くにある
  • 池・川・用水路・田んぼなどが近くにある
  • 凹凸が大きかったり表面がザラザラしたような外壁面
  • 高湿度
  • 近所でコケが生えている外壁がある
  • 塗装がされて4~6年が経過している

コケによってタイプにも違いがあり、うす暗いところで発生するコケ・日光が当たるところで発生するコケとさまざまです。

胞子は目にみえていなくても飛んでいる可能性があるため、ほぼ避けることは不可能です。

コケが発生しやすい時期とは?

コケが発生しやすい時期は、コケが胞子と飛ばす時期です。
では、どの時期に胞子を多く飛ばすのか、コケの種類によって違いはありますが、大体の時期は決まっています。

タマゴケやヒョウタンゴケといった種類は、春から初夏にかけて胞子を飛ばします。
スギゴケやその仲間であるコスギゴケなどは晩秋から初春にかけて胞子を飛ばします。

コケ類の動きが鈍くなるのは、冬です。
冬場の冷たい北風はコケにとっては大敵です。
なぜなら、乾燥されて繁殖がしにくくなるからです。

しかし、種類によって胞子が飛ぶ時期は上記にあるように違うので、通年でコケが発生するとも言えます。
では、どうすればいいのか?
定期的な外壁のメンテナンスをして除去をしていくことがコケから外壁を守るコツでもあります。

なぜコケがあるといけないの?

ここからは、コケがあることによって家に及ぼす悪影響を紹介していきたいと思います。

家への影響

コケ・藻・カビが発生していると外壁部分が劣化し、外壁の変色の原因になります。

また、コケが生えたところは劣化して湿気を含むようになります。
湿気を含んだ影響でさらに劣化が促進してしまい腐食を引き起こしてしまう原因になります。

はじめコケは小さいものですが、外壁に地味ですが着実にダメージを与え続ける厄介者なので、発見次第すぐに除去することをおすすめします。

人体への影響

コケはカビの繁殖も誘発します。
コケが発見されたのなら、カビの発生にも注意が必要になります。

カビは人体へ悪影響を及ぼす危険性があり、コケの中にも「銅ゴケ」といわれる強い毒性を持ち銅イオンが多く含まれているところで成長する種類もいますので注意が必要です。

コケをキレイに除去する方法とは?

ここからは、いざ我が家にコケが生えてしまった時の除去方法について説明していきたいと思います。
いっしょに見ていきましょう。

手作業でコケを除去

塩素系漂白剤をおすすめします。
原液を3倍くらい希釈したものをコケにかけて10分ほど放置します。

それから雑巾やスポンジでこするとよく取れるのですが、あまり強くこすりすぎると外壁そのものが傷んでしまうため注意しましょう。

中性洗剤や皮膚に付着したり目に入ったりすると非常に危険なので、作業はレインコートやメガネ、ゴム手袋などを装備して作業をすることをおすすめします。

専用クリーナーもあります。

高圧洗浄でコケを除去

市販の高圧洗浄機を使用してコケを落とすという方法もあります。

根を深く下ろしているコケでも高圧力で水をかければ楽に落ちていきます。
高圧洗浄機は1万円ほどで販売されているものもあります。

しかし、高圧洗浄機は使い方によっては外壁を傷つけたり、塗膜を剥がしてしまう可能性もあるので少し慣れが必要です。

窯業系サイディングボードのコケを除去する方法

サイディングは高圧洗浄を行うと、塗膜の剥がれやコーキングを傷めることがあるため、食器洗い用洗剤などを使用して柔らかい布やブラシを使って落とす方法をおすすめします。

スチーム洗浄も高温の水をかけるため、高圧洗浄と同様に塗膜の剥がれやコーキングを傷める危険性があります。

このような方法は、表面上のコケを落としただけにすぎず、完璧に除去をするためには定期的にこの作業をしなければなりません。

どうしてもうまく除去できないのならば、信頼のできる業者に依頼をしましょう。

コケを生えにくくするためには?

コケを100%シャットアウトすることは不可能ですが、生えにくくする方法はあります。

まずは、外壁の周りに物を置いたり植物を植えたりせずに風通しをよくしておきましょう。
それから定期的にチェックをしてコケを少しでも発見したらすぐに除去するようにしてください。

外壁にひび割れやその他の劣化が見られるのならば、業者に依頼して補修をしてもらいましょう。
それが防水性を高めることになりコケ防止に繋がります。

家を建てる際にも予防できることがあります。
それは、外壁のデザインです。

外壁のデザインをなるべきシンプルでツルツルと平らなものにすれば、コケが付着しにくいことだけでなく、簡単に拭き掃除をすることが可能になり、それだけでコケの発生確率はかなり下がります。

塗料にもコケが生えにくい種類のものがあるので、使用したい方は業者に相談してみましょう。

バイオ洗浄とは?

コケがある際の外壁塗装はバイオ洗浄をおすすめします。

奥深くから根こそぎコケを除去するために、薬剤をいっぱいつけてから高圧洗浄で除去する方法がバイオ洗浄です。

あと、光触媒塗料を使用してセルフクリーン機能により外壁をキレイに保つという方法もありますが、光触媒塗料は高価なため予算に余裕がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

コケは塗り替えのタイミングでもある

外壁に生えるコケについてこれまで説明してきました。
いかがでしたでしょうか。

外壁にコケなどが発生してしまった場合、美観が損なわれるだけでなく、防水性が下がったりといろいろな影響があるので、ネガティブな気持ちになりがちです。

しかし、そこはポジティブに考えてコケが発生したということは外壁が劣化して防水性も下がってきているため塗り替えのタイミングだとコケが教えてくれたくらいに考えて、適切な対応をするようにしましょう。


関連記事

雨樋の重要性と起こりうるトラブルについて!

突然ですが雨樋の掃除や修理はしていますか? 雨樋くらいと放

ベランダにも防水工事?4種類ある工法からどれを選ぶ?

夢だったマイホームを建ててから、5~10年が経過して、ふとベ

賃貸の外壁塗装はオーナー向けメリット多数

賃貸の外壁塗装はオーナー向けメリット多数 賃貸の外壁塗

最近はやりのハイブリッド塗料とは?

「ハイブリッド塗料」というものを、外壁塗装の業者から勧められ

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。