外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 月1万円から?一戸建ての修繕費用を積み立てよう

月1万円から?一戸建ての修繕費用を積み立てよう


この記事は、マイホームを手に入れたばかりの方、マイホームを検討中の方にピッタリだと思いますので、該当していると思った方は是非最後まで読んでみてください。

念願のマイホーム。
手に入れたときの喜び、それはもう規格外だと思います。

そんな夢のマイホームを手にして、これからどんな暮らしが待っているのかと心踊らされている方がほとんどではないでしょうか。

そんなときにする話ではないのかもしれませんが、念願のマイホームで素敵な暮らしをし続けていくためにも準備していなければならないものがあるのです。

それが【修繕費用】です。

家は建てたら未来永劫そのまま状態をキープしてくれるものではないのです。
残念ながら。

家は、建てられたその日から時間の経過とともに老朽化していくものなので、どうしても定期的なメンテナンスが必要になってきます。

心地のいい素晴らしい生活を過ごしていくには、必要不可欠な維持管理。
そんな定期的なメンテナンスには、費用がかかってきます。

それを知らずに生活を続けて、メンテナンスが必要になったときに、その費用がないなんてことになると非常に大変です。

そうならないためには、家の未来の修繕のために計画的に修繕費用を積み立てて対策をしておきましょう。

ということで今回は、住宅の修繕のための積み立てについて詳しく説明していきたいと思います。

修繕費用の積み立ては計画的に

修繕費用の積み立てと聞くと、マンションを思い浮かべる方がいらっしゃると思います。
マンションには、共有エリアの修繕のために積立金のシステムが設けられており、管理組合の計画のもと修繕工事を実施していることがほとんどです。

その修繕のための積立金を強制的に集められるマンションと違い自らの意思で計画的に用意しておかなければならないのが、戸建ての修繕費用です。

修繕費用が必要になるということを知らず意識も低いままだと、修繕費用を用意できず時間だけが過ぎ、気づけば家が劣化症状だらけという状態になってしまいます。

そのため、早い時期から未来の修繕のための積み立てをはじめておきましょう。

10年後を見据えて月1万円からはじめよう

家は、しっかりと正しい施工をされているものでも、一般的には建てられてから10年くらいが経過する頃には、風雨や紫外線などの外的要因によって劣化が促進して、屋根や外壁の修繕が必要になってきます。

修繕費用を計画的に貯めることが難しいと考えている方は、この一般的に言われている約10年の劣化を目安に月に1万円を貯蓄することから始めてみてはいかがでしょう。

月に1万円を1年間で12万円。
それを劣化が発生してくる目安である10年で120万円が積み立てられるということです。

120万円の積立金があれば、修繕しなければいけないときにどうにかなる可能性がかなり高まります。

小さなことからコツコツと進めることで、いざというときの大きな助けになるかもしれません。

どうしても計画的に積み立てられる自信がないのなら

どうしても自らの意思で修繕費用を積み立てられる自信がない方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に、おすすめの制度があるのでこれから紹介させていただきます。
それは【財形住宅貯蓄】という制度です。

財形住宅貯蓄とは、毎月の給料やボーナスから5年以上にわたり天引きして積み立てていくという方法で、修繕費が75万円以上かかる場合のみ積立金を修繕に利用できるという制度です。

あとは、火災保険を積み立て型にすることも方法の1つみたいです。
一般的な掛け捨て型の保険に比べると保険料がたかくなってしまうのですが、保険期間が満期になると修繕費用に充てられるお金が返ってくるというシステムです。

一戸建てを購入する際にライフプランと合わせて検討しよう

住宅の修繕費用の積み立てができているか、できていないかどうかは、住宅を購入した年齢によって異なる部分が大きいみたいです。

積み立てができていない人は比較的に年齢が若い人が多い特徴があり、理由としては
【住宅を購入してからあまり時間が経過していないので、修繕費用にまわす余裕がない】
【まだ年齢的に給与がそこまで上がっていない】
といったものが多いです。

逆に積み立てができている人は年齢がやはり比較的に高く、住宅を購入してから時間がある程度経過しているので、給与もそれなりにあがり日常生活にも余裕が出てきたため修繕費用を積み立てられるようになった方が多い傾向にあります。

それぞれ住宅を購入した時期が違うので、状態やこれからのライフプランに合わせて積み立てを検討していくようにしましょう。

修繕費用を抑えるためにも定期的なメンテナンスで早期発見を

計画的に住宅の修繕費用を積み立てることの大切さをこれまで説明させていただきました。
様々な方法があり、それぞれのライフプランもあるので、状態に合った方法を検討するようにしましょう。

積み立てももちろん大切なのですが、修繕費用を抑える努力も重要になってきます。

修繕費用を抑えるためには、住宅に発生してくる劣化症状などの不具合を定期的なメンテナンスや調査によって早期に発見することです。

業者でなくとも、発見できる劣化症状はたくさんあります。
早期発見をすることで、様々な対策ができるため、年に1度くらいの頻度で自宅を意識的に点検してみてはいかがでしょうか。
雨染みが目立ってきている、小さなひび割れの発見など自らの目で判断できることを見逃さないことが重要になってきますので、チェックをするようにしてみてください。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ