外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 断熱材を選ぶポイントをそれぞれの特徴から解説

断熱材を選ぶポイントをそれぞれの特徴から解説


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

外張り断熱と充填断熱

断熱材の工事方法には大きく分けて2つの種類があり、1つが外張り断熱、もう1つが充填断熱と呼ばれる工事になります。

柱などの外側に断熱材を張る方式となる外張り断熱は、構造そのものをカバーする機能も併せ持つことから、建物そのものの耐久性を高めて長持ちさせられることが一番のメリットです。

その一方で張り付けられる範囲には限界があることから、断熱性という面においては充填断熱と比較すると若干劣ることが一般的と言えます。

柱の内側に断熱材を詰める充填断熱は、より強い断熱性を持たせられることや、コストを抑えられることがメリットであり特徴です。

ただし、中身が既に詰まっているコンクリートには充填断熱のシステムを採用できないため、コンクリート造の物件の場合には充填断熱を利用することがそもそもできません。

断熱材の素材について

断熱材の素材には様々なものがあり、現在主流となっているのは繊維系断熱材、天然素材系断熱材、発砲プラスチック系断熱材という3つの種類の断熱材です。

繊維系断熱材にはグラスウールやセルロースファイバーといった素材が使用され、断熱性だけではなく遮音性も高める断熱代として注目され、現在最も使用される頻度の多い断熱材としても知られています。

天然素材系断熱材にはコルクや羊毛が使用されるケースが多く、3つの種類の中では特に高額な断熱材とはなりますが、人体に与える悪影響が最も少なく、保温性も高い断熱材として人気です。

発砲プラスチック系断熱材には、ポリスチレンやウレタンが使用されており、耐水性や耐燃焼性に長けた商品が多いことが最大の特徴で、住宅を建築する際にこのタイプの断熱材を指定する施主が増えています。

工法と素材の両面からそれぞれの特徴をしっかりと把握し、求めている性能を備えた断熱材に絞り込んでいきましょう。

業者に依頼をすれば、それぞれの物件の特徴から最適となる断熱材を勧めてくれますから、業者に一任するということも一つの手段です。


関連記事

雨漏り予防に防水塗装!基礎知識を知っておこう!

住宅における劣化症状を放置してしまうと、遭遇してしまう可能性

サイディングで最適な塗装プランを実現

サイディング塗装のメリット みなさんはサイディング塗装とい

フッ素系塗料

フッ素系塗料について 外壁塗装の塗料の中で、もっとも性能が

天窓って実際どうなの?雨漏り修理や交換など気をつけるポイントを紹介

天窓(トップライト)っておしゃれでかっこよくて憧れる人も多い

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。