外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 掃除では落ちないカビや汚れを浴室塗装で除去しよう!

掃除では落ちないカビや汚れを浴室塗装で除去しよう!


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

ほとんどの人が毎日使用するだろうトイレ・キッチン・浴室などの水回り。
そんな水回りの中でも換気が不十分になりがちな浴室は、定期的に掃除をしていたとしてもカビや汚れに侵食されていきがちです。
しかも、とても落ちにくいです。

だからといって毎日キレイに浴室を拭きあげるなんて現実的ではありませんよね。
現代人は、忙しいのです。

そんな落ちない浴室の汚れやカビに、長年頭を悩ませている人は多いと思います。
そこでおすすめなのが「浴室塗装」です。

「浴室って塗装するものなの?」
という疑問を抱いた人も多いかと思いますが、じつは浴室は塗装が可能で、それにより新築同様の状態に復活させることができるのです。

この記事では、そんな浴室塗装のメリットやデメリットなどを紹介していきたいと思います。
浴室のカビや汚れに悩まされて、どうしていいかわからなかった人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

浴室塗装のメリットとデメリット

外壁や屋根と違い、あまり塗装というイメージを持つことができない浴室ですが、浴室塗装をおこなうと凄くキレイな浴室に復活させることができます。

そこで、ここからは浴室塗装におけるメリットとデメリットを説明していきますので、いっしょに見ていきましょう。

メリット➀:新築同様、キレイになる

浴室塗装をおこなうことで、長年の使用で発生したカビや汚れをキレイに隠すことができるメリットがあります。
加工後の塗膜は、汚れが付着しにくいため色もキレイです。

新築同様の美しさを取り戻すことで、その美しさをキープしようと掃除のモチベーションを上げることにも繋がります。

メリット②:色を変えることでイメージチェンジできる

浴室だけにかかわることではないのですが、塗装により色を変えることでイメージチェンジをすることができます。

印象を変えるという点でいえば、浴室塗装はベストな方法のひとつと言えます。
色を変えることで浴室が広くなったように感じることも可能です。

メリット③:ユニットバス導入よりもコストがかからない

浴室のリフォームで頭に最初に浮かぶのは、交換だと思います。
しかしユニットバス本体、交換作業費などトータルで100万円以上のコストがかかることもあります。

ここでのユニットバスというのは、トイレとお風呂がいっしょになっている意味ではありません。
ユニットバスとは、あらかじめ工場で壁や床、浴槽などのバスルームに必要なパーツを作っておいて、現場でそれらを組み立てるバスルームのことをいいます。

なかなか落ちない汚れやカビに困っている程度でそんな高額な費用をかけることはしたくないですよね。
それに対して浴室塗装は、床や壁、天井など各部位だけを塗り替える方法も可能なので、支出費用をコントロールすることができます。

メリット④:交換が不可能なときのメンテナンス方法に最適

マンションや集合住宅、間取りや面積などの構造上、ユニットバスへ交換できない場合があります。

浴室塗装は、その壁や天井などの下地と塗料の相性が合うのならば、メンテナンスを行うことができるのです。

メリット⑤:カビによる人体への悪影響を回避できる

浴室は少し掃除を怠るだけで、すぐにカビが発生してしまいます。
そのカビをそのまま放置してしまうと、カビは空気中に胞子をまき散らすようになります。

そうなると狭い空間である浴室で、知らぬ間にカビを吸い込んでしまうようになります。
これによりアレルギー疾患を引き起こすおそれがあり、最悪の場合、命の危険に繋がってしまうかもしれません。

そんなカビを浴室塗装では、シャットアウトすることができるのです。

ここからはデメリットを見ていきましょう。

デメリット➀:業者の技術によっては塗膜が剥がれてしまう

湿気が長いあいだ溜まる浴室では、十分な下地処理と塗料の選択がとても重要になります。
浴室塗装の経験や実績がないという業者は意外と多いのです。

安いや早いといった理由だけで業者を選んでしまうと、経験のない業者に依頼してしまい塗膜が剥がれたりして見栄えがかなり悪くなってしまう可能性があります。

そのため業者選びは、焦らずじっくりと時間をかけることをおすすめします。

デメリット②:断熱性などは向上しない

現在の浴室はユニットバスが主流です。
塗装は低コストでキレイに仕上げるために有効な方法です。

しかし、塗装によって浴室全体の快適性が上がるわけではありません。
快適性や断熱性などを向上させたい場合は、新たなユニットバスへの交換を検討しましょう。

デメリット③:タイルの色は変えることができない

浴室で見かけることが多いタイル。
タイルは、塗料との相性が悪く密着しないので塗装ができません。

そのためタイルの色は変えることができないので、浴室塗装をする際はタイルの色との相性のよい色を選ぶことをおすすめします。

浴室塗装の注意点3つ

公営・集合住宅・マンション・ひと昔前の戸建て住宅に見られるセメント・コンクリート壁の浴室は、賃貸の場合は色の変更が認められないことが多く、退去時には塗り直しが必要なことがあるため、必ず塗装前に確認しておくことをおすすめします。

油性塗料の場合、ニオイが数日残る可能性がある

塗料には、油性塗料と水性塗料とがあります。
浴室塗装においては、どちらも使用することができるのですが、浴室という狭い空間で油性塗料を使用するとニオイが数日間残ってしまう可能性があります。

そのため既に浴室を使用している場合は、ニオイの少ない水性塗料がおすすめです。

浴室が使えない期間がある

浴室塗装は、塗装後の乾燥時間をきちんと置くことが重要になります。
水分がしっかりと乾燥しておくことも重要なので、塗装前日に浴室を使用することは可能ですが、換気をしっかりとおこなわなければなりません。

浴室塗装は1日で完了することがほとんどなのですが、乾燥にしっかりと時間をかけないといけないため、最低でも2日間は浴室を使用できないと覚えておいてください。

浴室の床の塗装をすると滑りやすくなることがある

浴室の床に塗装や防水を施すと、水分が塗膜の上に溜まるようになり、滑りやすくなることが稀にあります。

特に高齢者の場合、足を滑らせて大きなケガをしてしまう可能性もあるため、注意が必要です。
滑りにくい防滑塗料もあるので、高齢者の人は候補として考えておいてもいいと思います。

浴室塗装の実績がある業者は少ない

ここまで浴室塗装について説明させていただきましたが、実は浴室塗装の経験や実績がある塗装業者は数が少ないのです。

ユニットバスの普及が高まったことも原因としてあるのですが、湿気の多い浴室の工事となると、塗膜が剥がれるリスクが怖くて敬遠している業者もいるのです。

それほど湿気がこもる場所の塗装が難しいということです。

まとめ:業者選びを焦らずじっくり

施工の難易度が高いために経験している業者が少ない浴室塗装。
しかし、浴室で起きているさまざまな問題を解決して快適なバスタイムを手に入れるには、おすすめの方法であることは確かです。

そのため、経験と実績のある業者を選定して依頼するようにしてください。
安いからという理由だけで簡単に業者を選んだりせずに、候補として選んだ業者とじっくり話をして相見積もりをとり、吟味してから依頼をするようにしてくださいね。

それが浴室塗装成功の1番の近道です。


関連記事

外壁塗装 軽減税率の対象になる?引き渡し日の税率が適用

外壁塗装の費用について マイホームの購入に住宅ローンを

雨樋の塗装は必要でしょうか?

雨樋は塗装した方がいいのか? 日本の家屋のほとんどには

外壁塗装の下地処理はめちゃくちゃ重要って知ってました?

「築10年が経過して、そろそろ外壁塗装を考える時期?」 「

外壁塗装の基本である3回塗りを確認する方法とは?

外壁塗装の基本である3回塗りを確認する方法とは? 行程

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。