外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 所有物件の屋根がシート防水ならば知っておくべきこと。

所有物件の屋根がシート防水ならば知っておくべきこと。


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

ビルの屋上部分のほとんどは、樹脂やゴム製のシートを貼り付けて雨水を防いでいます。
この防水工事をシート防水といいます。

シート防水は経年により劣化が進み、放置しておくといつか破損します。

では補修はどのように行えばいいのでしょうか。
この記事では、シート防水の補修方法について解説していきたいと思います。

物件にシート防水をしている方は、参考になることが見つかると思います。最後までご覧ください。

防水シートの素材は主に2つ

シート防水に使われる防水シート防水は主に2種類に分かれ、それぞれに特徴があります。

塩化ビニール

塩化ビニールの防水シートは、屋上防水でよく使われます。

シートを接着剤で屋根に貼り付けていくのですが、柔らかくて加工がしやすいため、複雑な形状にも対応できます。

貼り付けるだけで施工が終わるので、施工後すぐに人が歩いても問題ありません。

耐用年数は約15年です。

ゴム

ゴムの防水シートは塩化ビニールシートと同様、接着剤で施工することができ、温度変化による体積変化が少ないため、施工箇所の構造による制限が少ないメリットがあります。

しかし、塩化ビニールシートと比べて破損しやすいというデメリットがあります。

耐用年数は、約12年です。

シート防水の補修のタイミング

シート防水の補修時期を判断するには、シートの状態を直接確認する方法と、シートの耐用年数で判断する方法とがあります。

補修のサイン

屋根の防水シートが浮いたり、破れているのを発見したら、防水シート補修のサインです。

雨漏りやひび割れ、雑草が生えているのも同様ですので、業者に補修を依頼することをおすすめします。

シートの耐用年数

防水シートは素材によって耐用年数がことなり、塩化ビニールは15年、ゴムは12年と言われています。これらの耐用年数を目安に補修を検討することをおすすめします。

屋根のシート防水が破損した場合の補修方法

屋根のシート防水は破損の範囲や状態によって方法が異なります。

部分補修

防水層の破損が部分的なら、補修も部分的で済みます。破損している部分を切り抜いて下地を作り直し、シートを貼り付けて補修をします。

ただし、シート防水は何層かシートを重ねて耐水層を作るので、カットで切り抜いて新しいシートを貼り付けるだけでは、十分な防水効果を発揮できません。

そのため、部分補修をする場合は下地処理のあとウレタン防水塗料で隙間を埋めて水の侵入を防ぎ、その上からウレタン防水層を守るためのコーティングをする場合があります。

部分補修は費用を抑えながら防水性能を回復させることができますが、隙間から水漏れが起こる可能性があり、既存部分の耐用年数によっては全面リフォームをした方がよい場合もあります。

全面補修

文字通り、シートをすべて貼りかえる方法です。
既存のシートをすべて取り除いて、新しいシートを設置します。

屋根全体の防水層を新しくするため長持ちしますが、当然施工範囲が広くなるため費用が高くなってしまうデメリットもあります。

屋根のシート防水補修工事それぞれの工法

シート防水は、シートの素材によって工法が異なります。

塩化ビニールの防水シートを使った工法

塩化ビニールの防水シートを使う場合は、機械的固定工法または接着工法のいずれかで工事します。

機械的固定工法は、固定ディスクで防水シートを固定する工法です。
密着工法は、接着剤で防水シートを固定する工法になります。

機械的固定工法は、下地の状態に左右されにくいのに対して、密着工法は下地がしっかりと乾燥しているかなど状態に左右されます。

ゴムの防水シートを使った工法

ゴムの防水シートを使う場合は、密着工法、断熱工法、ペーパーフリー工法のいずれかで工事します。

密着工法は、接着剤により完全に密着させる工法で、工事期間が短くて済みます。

断熱工法は、防水シートの下に断熱材を設置する工法で、屋根の上面または室内側に設置します。

ペーパーフリー工法は、ゴム製シートと通気性シートを重ね合わせたシートを用いて、下地の湿気を拡散しシートが膨らまないようにする工法です。

既存の防水シートを撤去して新しく施工する場合と、既存のシートの上から施工する場合があります。

まとめ

ここまでシート防水の補修方法などをまとめさせていただきました。
少しでも参考になることが見つかったのなら幸いです。

シート防水は防水シートの経年劣化により、定期的なメンテナンスが必要です。耐用年数や症状をチェックし、適切にメンテナンスするようにしてくださいね


関連記事

外壁塗装で賢い節約方法を身に付ける

賢い外壁塗装について 外壁塗装を依頼した場合、塗装内容によ

決着をつけよう!コケから外壁を守るためにすることは?

コケが家の外壁に繁殖したとしたらどうでしょうか? 想像した

外壁塗装一括見積りサイトを利用するメリットやデメリットとは?

外壁塗装一括見積りサイトを利用するメリットやデメリットとは?

外壁が浮いてくる原因と最適な対策の方法は?

築年数が10年を経過すると塗料が剥がれてくて外壁が浮いてきて

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。