外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 慌てず、冷静に!すぐにやりましょう!雨漏りの応急処置!

慌てず、冷静に!すぐにやりましょう!雨漏りの応急処置!


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

家に発生する劣化症状の中で、雨漏りはとても厄介です。
室内に雨水が入り込んでくるうえに、放置しておくと建物を腐食させてしまう可能性もあります。

しかも、雨漏りは予期しにくいため、急に室内に雨水が入ってきて、どうすればいいかわからずパニックになる方も大勢いらっしゃいます。

では、どうすればいいのか?
ということで、今回は室内に雨漏りが発生したときにすべきことを紹介していきたいと思います。

具体的な応急処置を知らないと余計にパニックになります。
この記事を読んで、応急処置を把握しておくことで、いざというときに冷静に対応することができるようにしましょう。

それでは、いっしょに見ていきましょう。

雨漏り応急処置その①雨水を受ける容器を置く

雨漏りによって室内に大量に雨水が入り込んできたら、まず雨水を受けるための容器を設置します。

そんな簡単なことでいいのかと思うかもしれませんが、これも立派な応急処置です。
容器を設置するだけでなく、容器に雨水が落ちた際の水しぶきが床や畳を濡らさないように、シートもあるとさらに良いです。

応急処置として使えそうなもの

ここでは、雨漏りで室内に雨水が入り込んできた時に、容器として使えそうなものを紹介していきます。

●バケツ
●風呂桶
●大きめの鍋
●ゴミ袋を被せた段ボール
●レジャーシート
●ゴミ袋、ビニール袋
●新聞紙
●雑巾、バスタオル
●紙おむつ
●ペットシーツ

おむつやペットシーツは意外に役に立つ

紙おむつやペットシーツは、雨漏りの際に意外と活躍します。
なぜなら、高い吸水力をもつ高分子ポリマーが使用されているからです。

そのため、バケツの中に入れたり、雨水が浸み込んでくる箇所にテープで貼ったりと、応急処置に活用できます。

しかも、使用後はそのまま捨てるだけなので、片づけも簡単です。
ただ、おむつやペットシーツは吸水力が高いため、水を大量に含むと重くなるので、高所に設置する際は注意してくださいね、

雨漏り応急処置その②近くの業者を呼ぶ

室内での雨漏りは予期しにくいため、発生するとパニックになってしまうことが多いです。

そこで、応急処置とは言い難いかもしれませんが、雨漏りした際に重要になる業者選びのポイントを紹介していきたいと思います。

地域密着型の業者がおすすめ

雨漏りが発生したら、できるだけ早く対応してくれる地域密着型の業者に依頼することをおすすめします。

雨漏りの被害を最小限にするためには、とにかく早急な対応が重要です。
雨水が室内に入り込む時間が長くなればなるほど、建物への影響が大きくなります。

雨水は建物にとって天敵です。
建物内部に入り込むと、カビや害虫を発生させる原因になるだけでなく、腐食を促進させる原因にもなります。

家財や電化製品にも影響が及ぶおそれがあります。

自宅から近い業者がおすすめ

依頼する業者は自宅から近い業者がおすすめです。

なぜなら、何かあったときにすぐに来てもらえるからです。
地域密着型の業者ならば、地域の特性も把握しているため、後々の安心感にもつながります。

業者に応急処置してもらえるか確認しておく

業者に連絡するときに、必ず確認してほしいことがあります。
それは、「応急処置をしてもらえるか?」ということです。

雨漏り修理業者を呼ぶと、最初に来てくれるのが職人ではなく営業スタッフの場合があります。

営業スタッフだけでは、相談や見積もりはできるけど、現状をどうすることもできない、という状況が起こってしまいます。

このような状況を防ぐためにも、あらかじめ連絡をしたときに訪問時に応急処置をしてもらえるかの確認をしておくことをおすすめします。

雨漏りが引き起こす主な症状3選

あなたが思い浮かべる雨漏りとは、天井から雨水がしたたり落ちてくる現象でしょう。

しかし、雨漏りは室内にさまざまな異変を引き起こします。
ここからは、そんな雨漏りの際に起こりうる主な症状を3つ紹介していきます。

天井の雨染み、水漏れ

室内に雨漏りが発生した場合によく見られる症状として「天井の雨染み」があります。

とくに、屋根から雨水が入り込んでいるときに、多くあらわれる症状です、
ただし、天井に雨染みが発生したからといって、必ずしも雨漏りしているとはいえません。

天井の雨染みは、結露や水道管の不具合でも発生する可能性があるからです。

とにかく天井に雨染みが発生したら、一度、業者に依頼して点検してもらうことをおすすめします。

クロスの剥がれ、よれ、浮き

室内の雨漏りの症状として、クロスの剥がれ、よれ、浮きというものがあり、これらはあまり知られていません。

これらクロスの不具合が発生する場合、その部屋の真上に屋上やベランダ、バルコニーがあることが多いです。

屋上やベランダなどは、屋根材が設置されていないかわりに、防水層によって雨水を防いでいます。

この防水層が劣化したことで、雨水が浸入して引き起こされる症状です。

室内がいつもカビ臭い

室内の湿度が高く感じる、室内がなんとなくカビ臭い、という場合も雨漏りの可能性があります。

雨漏りは、目に見えて雨水が室内に入り込んでくるというイメージを持たれている方が多いと思いますが、目に見えなくても建物内部に雨水が入り込んでいる場合もあります。

その場合に、室内の湿度が高い、なんとなくカビ臭いという症状があらわれることがあります。
梅雨時期でもないのに、これらの症状があらわれているということは、雨漏り発生のサインの可能性が高いです。

カビの発生は、最悪の場合、健康被害を引き起こすおそれがあるので、「最近、カビ臭い感じがする」と疑問に思ったら業者に相談することをおすすめします。

まとめ

今回、室内で雨漏りが発生したときの応急処置について詳しく説明させていただきました。

いろいろとやるべきことはあるのですが、とにかく慌てないことが大切です。
そして、上記にあるような被害を最小限にするための対応をして、地域密着型の信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

業者に連絡する際、応急処置をしてもらえるかの確認を忘れずに。


関連記事

雨樋の重要性と起こりうるトラブルについて!

突然ですが雨樋の掃除や修理はしていますか? 雨樋くらいと放

ウッドデッキの屋根の有無に悩んでいませんか?メリット・デメリット完全網羅!

「ウッドデッキをつくることは決まっているけど、屋根の有無はど

外壁塗装で確定申告が必要になるケースと申請方法

外壁塗装で確定申告が必要になるケース 外壁塗装でも確定申

モルタル壁の基礎知識!メンテナンスのタイミングっていつ?

モルタル壁と言われても、具体的にどういった素材のものかわから

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。