外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 必見!外壁の色選びで失敗したくないあなたに!

必見!外壁の色選びで失敗したくないあなたに!


外壁のメンテナンスによる外壁塗装工事は、色褪せや経年劣化をした外壁を元に戻す工事です。
その時によく発生する悩みが、外壁の色選びです。

家をどんな色にするのか?

これは簡単なようでかなり難しい問題です。
新しくキレイな外壁にしたいけれど、思っていた色と違うなんてことは困りますよね。

外壁塗装工事は、決して安いものではありません。
ある程度のお金を支払ってイメージと違う色に出来上がってきたなんてことは、絶対に避けたいところ。

ということで今回は、外壁塗装で色選びを失敗しないようにする方法をテーマに、色選びに関する情報を紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合いください。

外壁の色選びに失敗すると、約10年変えられない

外壁塗装工事は、色褪せや経年による劣化が発生してきた外壁を元に戻す工事で、約10年~15年くらいのスパンで行うことが一般的です。

そのタイミングでお気に入りの色に変えて新築のような美しさを取り戻せると気分も向上し満足度も高くなります。

そこで外壁の色選びです。
正直、外壁の色選びに正解はありません。

人気の色を選んだから問題がないというわけでもありません。

ある程度の目安はありますが正解はなく、劣化状態、ドアや雨樋の色合い、周囲の建物や環境に合っているかどうかなどの条件を考慮して総合的に判断するべきです。

色選びなんて直感で大丈夫でしょ?
と気軽に考えて、失敗してしまったケースも多くあるので注意してください。

まずは、そういった失敗を引き起こしてしまったケースを見ていきましょう。

一番多い「イメージと違う」ケース

外壁の色がイメージしていたものと違うという失敗です。
最も多い失敗ケースとして取り上げられるこのケース。

思っていたよりも色が濃い、思っていたよりも明るい、薄い、暗いと自らが思い描いていた感じと少しでも違うとこのような印象を抱いてしまうものです。

外壁塗装は、色見本やカタログを見ながら色を決めていきますが、イメージと違うと感じる可能性があることを覚えておいてください。

汚れが目立ってきたケース

数年が経過して汚れが目立ってきたというケースです。
塗装の耐用年数は、大体10年なので、数年での劣化は早いです。

塗装の色には、汚れが目立つ色と目立たない色があります。
色褪せしやすい、しにくいもあります。

例えば、白や黒は汚れが目立ちやすいと言われています。
このように色が持つ特徴をしっかりと把握することも大切です。

思ったよりも派手、地味だったケース

実際の仕上がりが思ったよりも派手に感じる、地味であまりパッとしないと感じるケースです。

外壁の色の印象というのは、周りの家によって左右されることがあります。
良い色だと感じて選んだとしても、隣の家と並ぶと地味に感じたり、変に目立って見えたりする失敗はよくあるものです。

色を選ぶ際には、周囲の環境をしっかりと把握してどう見えるのが好みなのかを考えながら選ぶことが大切です。

あと、外壁の表面に光沢が出るツヤも確認しておこないとテカテカした派手な家になったと感じてしまうこともあります。

ツートンカラーの配色に不満を持つケース

2色以上の色を使用して塗装する場合は、よくある配色パターンやカラーコーディネートの事例を見てイメージを掴んでおくことで、解消できる可能性があります。

外壁塗装で色選びに成功するコツ

色なんて感覚で選ぶしかないでしょ。

たしかに、色の選択には個人の好みやセンスが反映されます。
なんとなくこの色がいい、この色はダメだと思うといった感じで選ぶ方も実際多いです。

逆に、色が多過ぎて選べない、おしゃれな感じにしたいけどやり方がわからない、という方も多くいます。

そんな方に、外壁塗装の色選びで失敗しないコツを説明していきたいと思います。

色より先にイメージを決める

色を決めるよりもまず、「どんな感じの家にしたいのか」を決めましょう。

色には本当にたくさんの種類があるので、見本やカタログを見ていると、何が何かやらわからなくなってしまうことがあります。

そうならないためにも、先にイメージを決めておきましょう。
なぜなら、イメージさえ固まっておけば、もしも迷ったときにそのイメージに戻ることができ、結果的に早く色を決めることに繋がるのです。

イメージと色を決める

色にはイメージがあります。
例えば、赤は情熱や元気、青はクールなどといったような感じです。

まず、色が持っているイメージを理解して、どう印象付けしたいのかを言葉にしてみてください。

このときに、どれか1つに決める必要はありません。

最初は、複数選んでもかまいません。
避けたいイメージをはっきりするだけでも大丈夫です。

イメージを選ぶ例としては、
「クラシック、シックのどちらかの感じでいきたい」

避けたいイメージとしては、
「瓦屋根だから、ゴージャスな感じにするのは違うかな」

といった感じで言葉にしておくことが大切になってきます。

このタイミングで「目立ちたいわけではないけれど、隣の家と似た感じはイヤ」といった希望もあれば、書き出しておくなどして整理しておきましょう。

イメージが思い描けないとき

イメージを言葉にするということを上記で書かせていただきましたが、どうしてもイメージが思い浮かばないという方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめなのは、Googleの画像検索を使用して、さまざまな言葉で検索をして好みのイメージを掴んでおきましょう。

画像を保存しておいて業者に見せるのもわかりやすくていいですね。

汚れが目立つ色・色褪せしにくい色

外壁は、一度塗装をすると一般的に次の塗装は約10年後。
そのため、長い間、家を美しく保つために汚れやすい色と色褪せしやすい色を知っておくことも大事です。

一緒に見ていきましょう。

汚れが目立つ色

汚れが目立つ色は、白と黒です。
反対に汚れが目立たない色はグレーです。

意外かもしれませんが、黒は汚れが目立ちやすいのです。

砂埃や車の排気ガスや、コケやカビ、鳥のフンなど。

汚れという言葉からイメージされるものは、黒っぽいものが多いと思いますが、白い汚れも多くあります。

グレーの汚れが目立ちにくいのも同じ理由で、白と黒の中間色であるグレーは、汚れと同系色であるので、目立ちにくいのです。

色褪せしにくい色

次は、色褪せしにくい色です。

色褪せしにくい色は、青です。
反対に色褪せしやすい色は、赤と紫と言われています。

赤や紫の家ってあまり見かけないですよね。
それは紫外線の影響を受けやすいからなのです。

太陽の光は非常に強く、長い時間さらされることで塗料はボロボロになってしまいます。
そのただでさえ強い紫外線を吸収しやすい色が赤と紫です。

派手すぎるということで敬遠されることもあると思います。

失敗を防ぐため周囲の環境をチェックしよう

服も試着した方がいいように、外壁の色も仕上がりに違和感が出そうかどうか、確認することが大切になります。

確認する2つのポイント

確認すべきポイントが大きく2つあります。

1つは、周囲の家とマッチするかどうか。
家も街並みの1つです。
隣の家や、前後の家と比べて色にあまりにも違和感がないか確認するようにしましょう。

2つ目は、玄関・サッシの色と合っているかどうか。
玄関やサッシの色でも印象が違ってくるので、カラーシミュレーションなどを使用して確認してみましょう。

思っていたのと違う、とならないために

色見本にご注意を、同じ色でも印象が変わる

色見本とは、色のカタログです。
色は本当にたくさんの種類があります。

そんなたくさんの中からやっとの思いでお気に入りの1色を選んだとしても「思っていた感じと違う」ということになることがあります。

その原因の1つとして、面積効果というものがあります。
面積効果とは、面積が広がるにつれて明るく色鮮やかに見えるというものです。

そのため、家は基本的に面積が広い部分が多いので、思っていたよりも明るい、思っていたよりも色が濃い、鮮やかという印象を受ける可能性が高くなります。

その対処法としては、自分が塗ってほしい色よりも1つ暗めの落ち着いた色を選ぶことです。

A4サイズで晴れた日の屋外で確認しよう

候補の色をいくつか絞れたら、晴れた日の屋外でA4サイズに広げて確認してみましょう。

室内の蛍光灯の下ではなく屋外の方が正しく色を認識できるのです。
天気によって色の印象も変わってくるので、なるべく晴れた日に屋外で確認するようにしてください。

カラーシミュレーション

カラーシミュレーションをご存知でしょうか?

パソコンやiPadを使用して仕上がりのイメージを確認できるものです。
外壁と屋根の色が決定したのなら、ぜひとも使用してみてください。

仕上がりの雰囲気を確認することができるので、イメージを掴みやすいです。
無料で使用できる簡単なものから、家の写真を取り込んで、そこに配色のシミュレーションをすることができる高度な有料のものまで、いろいろな種類があります。

イメージに近い色の建物を見つけて雰囲気を確認してみる

こんな感じにしたいなというイメージに近い家を近所で見つけておくことも失敗しないための1つの有効な手段です。

色見本だけだとどうしても情報に限界があるため、完成イメージに近いと思われる実物の家を見つけておくことをおすすめします。

カラーシミュレーションでもいいのですが、画面でのものと実物ではイメージが異なる部分が出てくるので、可能ならば実物で確認しましょう。

依頼する業者には、さまざまな方法で欲しいイメージを伝えましょう。

真剣に色を考えるからこそ業者選びも大切

塗料をしっかりと選び、色のイメージもバッチリ。
これで家が理想通りにキレイでピカピカになるだろうと安心していたのも、つかの間3年後にすぐ剥がれてしまったら…。

すべてが台無しですよね。
そうならないためにも業者選びが大切になってきます。

どんなに完璧にイメージ通りだとしても、きちんとした下地処理や塗装回数で施工してもらわないとすぐに不具合が生じてしまいます。

そのため信頼できる業者を探すことが理想の家の外壁をつくる一番の近道かもしれません。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

対応エリア 全国対応
参考価格 記載なし
保証期間 最長20年
工事実績 創業34年
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

対応エリア 全国対応
参考価格 8,000円~11,000円/㎡
保証期間 5年
工事実績 記載なし
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ