外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 店舗経営者必見!店舗の外壁工事の注意点を一挙紹介!

店舗経営者必見!店舗の外壁工事の注意点を一挙紹介!


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

店舗の外壁工事は、常に営業をしていることもあってか頻繁にするものではないため、メンテナンスに気が向かなくなることが多いです。

ですが、店舗の外装こそ見た目の印象に大きく繋がる上に、汚れや小さな傷などを放置してしまうと建物の劣化にも繋がってしまいます。

では、店舗の外壁はどんなタイミングでメンテナンスを検討するべきなのでしょうか?
外壁工事でトラブルを起こさないための注意点なども含めて店舗のメンテナンスについて紹介していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

きっと参考になることが見つかると思います。
いっしょに見ていきましょう。

注意すべき状態を知っておこう!

外壁の状態は見た目に影響するうえに、建物の寿命にも影響するためとても大切です。
そのため、外壁工事を定期的におこなうべきであり、外壁工事を検討するタイミングは外壁の状態から見極めることができます。

ということでここからは、どんな症状・状態が発生すると外壁工事のタイミングなのか、を紹介していきます。

チョーキング

チョーキングとは、建物の壁面に手で触れるとチョークの粉のようなものが付着する症状のことであり、塗料の劣化が原因で引き起こされます。

チョーキングの発生は、塗料を塗り替えるためのひとつの目安と覚えておいてくださいね。
塗膜が劣化しているということは、建物を守る力が低下しているということなので、外壁の劣化に繋がってしまいます。

チョーキングが見られたら、早めに塗り替えを検討することをおすすめします。

クラック

クラックとは、コンクリートやモルタルの外壁によく現れるひび割れの症状のことです。
クラックが発生すると、ひび割れから雨水が入り込み、最悪の場合、建物の基礎を腐食させる危険性があります。

建物の基礎が腐食してしまうと、建物自体の改修工事という大がかりな工事が必要になり、工期も費用もかなりかかってしまいます。

小さなクラックが発生した時点で対応すれば、簡単に直すことができるため、早急な対応をおすすめします。

レンガやタイルの汚れ

レンガやタイルは、耐久性がとても高く、メンテナンスが簡単にできるという特徴があります。
そんなレンガやタイルには目地があり、そこから白い粉のようなものが発生することがあります。
これを白華(はっか)といいます。

白華は、吸収した水分とともに中の成分が出てくることで発生する現象であり、劣化ではないのでそのままにしていても強度に問題はありませんが、見た目が悪くなります。

白華自体に問題はないのですが、放置しておくことでコケやカビの発生に繋がる可能性があります。
見た目が悪くなりコケやカビの発生に繋がるのなら、メンテナンスでキレイにしておくことをおすすめします。

外壁工事のタイミングの目安

店舗の場合は、急に営業を止めるわけにはいかないため、計画的なメンテナンスや改装が必要です。
そのためには壁材の寿命なども把握しておいた方が、外壁工事のタイミングがわかりやすくなります。

外壁塗装

外壁塗装は、使用する塗料によって塗り替えのタイミングが異なります。
一般的には塗料のグレードが高くなるほど、寿命が長くなるという傾向にあります。

そのため、使用する塗料を確認してしっかりと耐用年数を把握しておきましょう。

サイディングボード

サイディングボードを使用している場合は、塗料だけでなく目地のコーキングのメンテナンスも必要になってきます。

サイディングボードの耐用年数は長いのですが、コーキングの耐用年数は比較的短いので、コーキングに合わせてメンテナンスをおこなうことをおすすめします。

コーキングが劣化してしまうと、そこから雨水が浸入して、家の基礎を腐食させてしまう危険性があります。
一般的なコーキングのメンテナンス工事は、7~8年に1度の頻度でおこなうといわれています。

店舗でよくある外壁トラブル

外壁工事は、トラブルが発生しやすい工事のひとつです。
ここからは、店舗ならではの外壁トラブルを紹介していきますので、お見逃しなく。

飲食店の換気扇周りの汚れ

飲食店の場合、外壁をキレイに塗り替えても換気扇が汚れたままでは、その周辺の外壁がすぐに汚れてしまいます。

そのことで業者にクレームを入れたとしても、業者からすれば専門外の部分なので、クレームを入れられたとしてもどうしようもないといった状態になります。

そのため、飲食店をされている方は、外壁工事をする際は、事前にしっかりと換気扇の掃除をしておきましょう。

塗料が重ね塗りされていない

外壁を塗り替える際、1度だけの塗装で終わらせることは基本的にありません。
しっかりした業者の場合は問題ないのですが、極端な安売りをしている業者などは要注意です。

本来、重ね塗りをしなければならないのですが、格安な分、必要な工程を削減してしまうケースがあります。

これは、素人目では見分けがつかなく重ね塗りがされているかどうか判断するのは難しいのですが、すぐに剥げてきたり劣化が早い特徴があります。

とにかく安さで売っている業者には注意しましょう。
基本的に、安さにはそれなりの理由があると思っておいてください。

工事中のニオイ

塗料を扱う場合、どうしてもニオイが発生してしまいます。
このニオイが原因でトラブルに発展してしまうことも少なくありません。

ニオイのトラブル対策として、工事をする前に近隣が店舗や住宅に関わらず挨拶をしておきましょう。

工事の日程が決まった時点で早めに、工事をおこなうことを伝えておくことが大切です。

業者を選ぶ際の注意点

外壁工事でのトラブルを避けるためには、工事を依頼する業者選びもとても重要です。
信頼できる業者に依頼するための注意点を紹介していきます。

激安を押してくる

他社と比べても極端に安い価格設定をしている業者には注意してください。
物にはすべて適正価格というものがあります。

激安には激安なりの理由があることがほとんどです。
利益を考えず、お客様のために激安で請負っているなんて業者はありません。

そんなことをしていると会社がつぶれてしまいます。
価格がとんでもなく安い業者は、手抜き工事など施工の質を落とすことで利益を生もうとします。

激安を魅力に感じてしまうのは当たり前ですが、極端に安い業者は避けるようにした方が賢明です。

見積書が詳細ではない

見積書の金額のところが「一式」と記載されている場合は、必ず明細を出してもらいましょう。
明細を出すことをうやむやにしようとするなら、その業者は候補から外しましょう。

お金を払っている以上、依頼者は工事費用の明細を知る権利があります。
明細を出せないなら、出したくない、記載したくない費用があるということです。
それらを確認せずに工事を依頼してしまうとトラブルになる可能性が高いため注意しましょう。

まとめ

店舗を経営されている方は、お店をつくりスタートが切れたからといって安心しないでください。
計画的にメンテナンスをおこなわないと、せっかくのお店がどんどん劣化してしまい見た目も悪くなり業績の悪化にもつながってしまうかもしれません。

異変や劣化症状に気づいたら、早めに対応をおこなうことをおすすめします。
その際、トラブルにならないように信頼できる業者を探して依頼するようにしてくださいね。


関連記事

外壁の汚れを防止しよう!覚えておくべき8つの対策

「外壁の汚れって具体的にどういったものがあるの?」 「汚れ

外壁クラックを侮ってはいけない!原因とメンテナンス方法を徹底解説

新築で美しかった外壁も経年によって劣化が見られるようになるこ

外壁のひび割れってどうやって補修すればいいの?

「よく見ると家の外壁のあちらこちらにひび割れが入ってきている

外壁塗装は付帯部分も塗るのが基本!塗る箇所と塗らない箇所を解説

外壁塗装は付帯部分も塗るのが基本!塗る箇所と塗らない箇所を解

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。