外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 外壁塗装 にバイオ洗浄は必要か?

外壁塗装 にバイオ洗浄は必要か?


外壁のリフォーム時の洗浄について

家を建てて新築の時は綺麗だった外壁も長い年月が経過すると表面に汚れが目立ってきます。
外壁の汚れの原因は泥やほこりがこびりついた物だったり、苔やカビが付着した物だったりがほとんどです。

この外壁の汚れを落とす主な方法は2種類あります。
ひとつは高圧洗浄でもうひとつがバイオ洗浄になります。

高圧洗浄は水及び温水に圧をかけて高圧にし、壁に当てることで汚れを落とします。
コイン洗車場にある手で持って吹き付けるものと基本的には同じです。
通販番組などでもお馴染みですね。

では、もう一方のバイオ洗浄とはどんな方法でしょうか?

バイオ洗浄とは

バイオ洗浄は高圧洗浄のように一般の人でも簡単にできるものとは異なりリフォーム業者からのオプションとして提案されることが多い方法です。
一般的な認知度も低く、聞いても何のこと?と思う人が大半です。

バイオ洗浄はバイオ洗浄専用の洗剤(薬品)を使って外壁を洗浄する方法です。
ほこりや泥の汚れ落としよりもカビ・苔の汚れ落としに効果のある洗浄方法になります。

高圧洗浄は水道水に高い圧をかけてその水圧により汚れを落としますが、バイオ洗浄の場合は高圧洗浄で軽く外壁全体を濡らした後バイオ洗浄剤を噴霧器・ローラー等で外壁に塗布します。
その後、一定の時間放置しカビ・苔が外壁から浮き上がってきたタイミングで再度、高圧洗浄により汚れを洗い流すのが一連の流れです。

外壁の洗浄にバイオ洗浄は必要か?

外壁洗浄にバイオ洗浄が必要か高圧洗浄のみでよいかについては外壁の状態、環境により判断します。
外壁に明らかなカビ・苔が目立っている場合は高圧洗浄のみでは汚れが落としきれない可能性が高いためバイオ洗浄をお勧めします。

また、河川沿いの住宅、海岸に近い住宅、農村地で田畑が近くに多い住宅などのような湿度の高い地域はカビ・苔が発生しやすい環境にあるため、バイオ洗浄が必要になるでしょう。
あと、外壁材の表面がフラットではなく石目などのように表面に凹凸が多い外壁材は高圧洗浄では細かい隙間・段にある汚れが取りきれないためバイオ洗浄の方が適しています。

外壁の状態、環境でどちらの方法で洗浄するかを判断するようにしましょう。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

対応エリア 全国対応
参考価格 記載なし
保証期間 最長20年
工事実績 創業34年
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

対応エリア 全国対応
参考価格 8,000円~11,000円/㎡
保証期間 5年
工事実績 記載なし
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ