外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 外壁塗装をしても大丈夫?大切なペットのためにできること

外壁塗装をしても大丈夫?大切なペットのためにできること


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

外壁塗装工事は、人間ですら不快に感じたり不便を強いられたりします。
では、ペットにとって、その負担はどれくらいのものなのか?

有害物質を含む塗料や大きな物音に見知らぬ作業員の出入り、窓が開けられず換気ができない状態、エアコンが使えない状態、これらがペットに与えるストレスは、はかり知れません。

最悪の場合、ペットの命を失いかねない危険が潜んでいます。

ということで、ペットを飼っていることで外壁塗装を躊躇しているあなたのために、飼い主ができる対策を紹介していきたいと思います。

せっかくの外壁塗装でペットの体調が悪くならないよう、ペットがいる場合の外壁塗装対策をしっかり把握しておきましょう。

外壁塗装はペットを傷つけてしまう可能性がある

外壁塗装には、ペットにとって多くの危険要因が潜んでいます。
そのため、ペットがいる家では、使用する塗料や工事方法を慎重に選ばなくてはなりません。

飼い主だけがペットを守れる

ペットは、話すことができないので、自分の体調が悪くなっても、それを伝えることができません。

そのため、外壁塗装工事中にペットに異変が発生していたとしても、すぐに気づくことができず、工事後に症状が進行してきて発覚するというケースがあります。

このように大切なペットを知らないうちに傷つけてしまわぬように、外壁塗装中はペットに気を配り対策をしてあげましょう。

ペットがいることを業者に伝える

ペットがいる場合の外壁塗装では、見積もりのときにペットを飼っていることを業者に伝えるようにしましょう。

犬小屋で飼っていること、室内飼いであること、猫や犬などペットの種類、性格、気性、病歴、癖などできる限り詳しく伝えておくことをおすすめします。

外壁塗装でペットに被害が及ぶ要素を把握しておく

外壁塗装でペットの体調不良やトラブルにつながりやすいとされている要素は、5つあるといわれています。

ほとんどの外壁塗装工事で必ず発生するものなので、しっかりと覚えておきましょう。

1.塗料の成分

塗料は、不快な刺激臭がします。
それは、油性塗料の希釈に使われるシンナーなどの有機溶剤が、揮発して気体になることが原因です。

このシンナーに含まれるVOC(揮発性有機化合物)は、人体やペットにとって有害な成分になります。

近年は、シンナーを使用せず刺激臭が少ない「水性塗料」の使用も増えてきています。
しかし、建物の種類や劣化状況によっては、水性塗料が使用できないこともあります。

●塗料の刺激臭がもたらす影響
ペットが強烈なシンナーのニオイを嗅ぐと、以下のような症状を引き起こすことがあります。

・フラフラ歩くようになる
・アレルギー症状
・食欲不振になる
・うずくまって動かなくなる
・嘔吐
・気性が激しくなり、吠え続ける

●塗料そのものによる悪影響
塗料や塗装されたばかりの外壁にペットが接触すると、体調不良やアレルギーを起こす可能性があります。

とくに、塗料を舐めてしまうようなことがあれば、最悪の場合、命を落としてしまうかもしれませんので、絶対にペットを塗料に近づけないように注意しましょう。

2.換気ができない

塗装作業中は、窓が養生され、テープとビニールシートで密封されるので、開閉ができなくなります。

窓が開閉できない密閉された空間は、体温調整が簡単にできないペットにとって、非常に危険です。

窓を覆わない養生方法や窓を開けられるスケジュールを組むなど、配慮をしてくれる業者もいますが、すべてがそのような対応をしてくれるわけではありません。

3.エアコンが使えない

塗装作業中は、エアコンも室外機がカバーで覆われたり、外されたりするため、使用できなくなります。

ペットによっては、エアコンで室内の温度を調整しないといけないため、エアコンが使えない状況は危険になります。

エアコンが使えるように養生してくれる業者や、覆った状態でも使用できるカバーを使ってくれる業者もいますが、有料であったり、対応不可であったりするため、契約前に確認しておくことをおすすめします。

4.作業員の出入り

自分のテリトリーを見知らぬ作業員が出入りする状態は、人見知りのペットにとってストレスになります。

作業員にとっても、ペットが周辺をうろうろしたり、近くで吠えたりすると、集中力が欠かれて施工ミスや事故につながるおそれがあります。

落としてしまった工具がペットに当たりケガをする危険性もあるため、できる限り作業員からペットを遠ざけるようにしましょう。

5.騒音

外壁塗装工事には、騒音が発生する工程があります。
大きな音は、人間だけでなくペットにもストレスとなるため、騒音が発生する工程の日は、敷地外に連れ出すか、他の家に預けることをおすすめします。

外壁塗装工事の中で、とくに大きな音がする工程は、足場の設置と解体、高圧洗浄の3つですので、事前にスケジュールを確認しておくことをおすすめします。

ペットを傷つけないためにすべき対策

外壁塗装による悪影響から大切なペットを守るためには、工事中はペットを現場から遠ざけてあげることです。
他にもできる対策がありますので、ここから紹介していきます。

工事が開始される前から、できる限りの対策をしてあげましょう。

ペットを隔離する

先述したとおり、ペットの身を守るための最善策は、外壁塗装の工事期間中は、ペットを別の場所に預けておくことです。

実家や親戚の家などに預けておくことが望ましいですが、それが不可能な方も少なくないでしょう。
そんな方には、ペットホテルや動物病院などの施設の利用をおすすめします。

どうしても隔離場所が確保できない方は、「部屋にペットだけを置き去りにしない」「外で飼っている場合は室内へ」「塗料が乾燥するまでは施工場所に近づけない」など、最低限の対策だけでもするようにしましょう。

工事期間は、大体3週間となるので、その期間の隔離場所を確保できれば問題ありません。

塗料を厳選する

現在は、ニオイの少ない水性塗料や自然由来の塗料など、人間・ペットに優しい塗料が多く販売されています。

これらを使用することで、他の塗料よりも危険性は低くなります。

ただし、自然塗料の中にも化学物質が含まれているものもあるため、自然塗料のすべてが安心というわけではありません。

真夏や真冬を避けて依頼する

先述したとおり、外壁塗装の大きな問題点といえば「換気ができないこと」と「エアコンが使えないこと」です。

そのため、できれば真夏や真冬など室温調整が必要な季節を避けたいところです。
快適に過ごせる春や秋におこなうと、エアコンが使えなくても比較的安全です。

まとめ

大切な家を守るための外壁塗装で、大切なペットを傷つけてしまうなんてことは絶対に避けたいですよね。

ペットを守りながら外壁塗装を成功させる対策は、たくさんありますので、事前にしっかりと準備してからおこなうようにしましょう。


関連記事

塗装剥がれの原因を知る!

外壁の塗装剥がれの原因を知ろう 外壁の塗装は本来ならそ

外壁塗装 軽減税率の対象になる?引き渡し日の税率が適用

外壁塗装の費用について マイホームの購入に住宅ローンを

外壁塗装の工事が終了した後にどのぐらいで塗料が乾燥する?

外壁塗装の工事をする時は塗料を使用して外壁や屋根を塗装します

セラミクリーンが外壁塗装で高い評価を得ている理由とは

「セラミクリーン」 これは、外壁塗装の際に使用される塗料の

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。