外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 外壁塗装の種類

外壁塗装の種類


外壁塗装の仕上げ方によって、その家の景観(デザイン)はかなり変わってきます。

ということで、ここでは外壁塗装の種類(仕上げ方)について考えてみたいと思います。
(吹き付けタイル・リシン・スタッコ・サイディング)

○吹き付けタイル(中粒仕上げ)…
吹き付けタイルは紙粘土のようなタイルを外壁に吹き付け(凹凸模様のパターン)、その上に色付けして仕上げた塗装方法をいいます。
そして吹き付けタイルの場合、上塗りをすることによって性能が復活するメリットがありますが、上塗り材の耐久性が低いのがデメリットとしてあります。
○吹き付けタイル(押さえ仕上げ)…
押さえ仕上げは上から表面を押し潰したもので、現在、もっとも使用されている外壁塗装です。
(メリット/デメリットは、中粒仕上げと一緒です。)
○リシン…
アクリル塗料であるリシンに砂状の骨材を混入して、外壁に吹き付ける塗装をいいます。
リシンのメリットは、「砂の凸凹があるため、下地の不出来も隠せる/通気や透湿に優れている/コストが安価」等々があります。
そしてデメリットは、「防水力が弱い/耐久性に劣る」等々があります。
○スタッコ…
外壁にセメントモルタルや合成樹脂を吹き付け、表面を凹凸のある粗面に仕上げる塗装です(コテで塗り伸ばす/ローラーで押さえる)。
そして、スタッコは吹き付けタイルとリシンの両方を特徴に持った塗装でもあります。
○サイディング…
サイディングには、金属系と非金属系があります。
金属系サイディングの表面にはスチールやアルミ、裏には断熱材が入っていて、これらを外壁に貼る工法をいいます。
金属系のため「断熱性/耐震性/防水性」に優れていますが(メリット)、サビや腐食に弱いデメリットもあります。
非金属系サイディングは、非金属系の原料(セメントや木材)を窯で高熱処理→製造されたサイディングの総称をいいます。
そしてサイディングの中でも、もっとも広く使われています。

このように外壁塗装の種類(仕上げ方)はあるのですが、それぞれの種類によって景観が変わるため、本当に家に合った外壁塗装をしっかりと選ぶ必要があります。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ