外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 外壁塗装の値段の違いは、塗料の種類によるもの

外壁塗装の値段の違いは、塗料の種類によるもの


外壁塗装の値段の違いについて

私たちは家の外壁が劣化してくると、否応なしに気になってきます。

しかもその状況を見透かしたように、いろいろな外壁塗装業者から見積もり依頼のパンフレットが投函されるようになります。

もちろん外壁が気になっているので見積もりをチェックするわけですが、その結果を見てある疑問が頭をよぎります。

それは、業者によって外壁塗装の値段に大きな開きがあることです。

何故、同じ劣化状況なのにこれだけ外壁塗装の値段が違うのでしょうか。

この項では、その秘密に迫ってみたいと思います。

塗料の種類

実は外壁塗装の値段の違いを生み出している主な原因として、塗料の種類が関係しているのです。

例えば、「床面積60~100㎡/標準的2階建て/諸条件:足場・養生シート・高圧洗浄・下地調整・外壁塗装・屋根塗装」に使用される塗料の金額をチェックしてみます。

・アクリル樹脂系/60~110万円/耐用年数5~8年
・ウレタン樹脂系/75~125万円/耐用年数6~10年
・シリコン樹脂系/85~140万円/耐用年数8~15年
・フッ素    /150~250万円/耐用年数12~20年

このチェック項目を見れば、外壁塗装の値段の違いがわかると思います。

つまり外壁塗装では一口に「塗料」と言っていますが、塗料の種類によって値段は大きく変わっているのです。

さらに言うならば、塗料の種類によって外壁の耐久性にも影響を及ぼしているわけです。

例えばアクリルとフッ素の塗料で比較してみると、値段と耐用年数にはかなりの開きがあることがわかります。

だから、外壁塗装の値段が違って当然なのです。

しかし私たちが塗料の種類について何も知らなければ、その値段を鵜呑みにするばかりか悪徳業者に引っかかってしまう危険性もあるわけです。

塗料によって値段が変わる

私たちは外壁塗装を業者にお願いする時、単に値段だけで比較するのではなく、どの外壁塗装業者がどんな種類の塗料を使っているのかチェックする必要があります。

そのため見積もり依頼の結果を貰う時、使用している塗料のカタログ(商品説明書)を添付してもらえばいいのです。

そうすれば、塗料の耐用年数もわかります。

外壁塗装の値段の違いには、塗料の種類が大いに関係があることを覚えておいてください。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

対応エリア 全国対応
参考価格 記載なし
保証期間 最長20年
工事実績 創業34年
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

対応エリア 全国対応
参考価格 8,000円~11,000円/㎡
保証期間 5年
工事実績 記載なし
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ