外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 外壁塗装の保証が業者や団体によって違うって知ってる?

外壁塗装の保証が業者や団体によって違うって知ってる?


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

外壁塗装工事を依頼したことがある方、検討中の方も理解していると思いますが、外壁塗装工事って決して安いものではありませんよね。

数十万円から数百万円以上にもなる非常に高額な工事なので、施工完了後の保証はしっかりと確認するようにしましょう。

しかし、外壁塗装の保証は、外壁塗装業者や加入している団体によってさまざまなものがあり、保証対象や保証期間などの内容に違いがあります。

一般的に保証期間は長いに越したことはないのですが、どのような不具合が保証対象になるのかという部分が大切になってきます。

今回は、そんなさまざまな外壁塗装の保証について解説していきたいと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

外壁塗装の保証の種類を把握しよう

はじめに、業者に外壁塗装を依頼する場合、どのような種類の保証があるのか確認していきましょう。

自社保証

外壁塗装工事をしてくれた業者自ら保証するタイプを自社保証といいます。
独自保証やオリジナル保証と呼んでいる業者もありますが、基本的には同じです。

自社保証は、依頼する業者によって内容が異なりますので、悪いものも良いものも当然あります。

「塗装が剥がれてしまうかもしれない」というお客様の心配を考慮して保証をつけていたり、施工完了後も定期的に外壁の様子を確認しに来てくれて、不安なことがないか、などを聞いてくれる素晴らしい業者もいます。

反対に、とにかく受注をとりたい一心で内容の薄い自社保証を勧めてくる業者も残念ながら存在します。
よくあるケースは、15年、20年と保証期間は魅力的なのですが、内容がないに等しい保証だったということがあります。

保証してくれる部分や状態を把握しよう

そこまで保証する気がないのに「保証します!安心です!」と押してくる業者はたくさんいます。

しかし、先述したように保証で大切なのは対象や内容なので、どの部分までを保証してくれるのかを確認するようにしてください。
確認すべき内容を簡単にまとめましたので、チェックしてみてくださいね。

●どの部分を保証してくれるのか?→外壁部分、屋根、木部、鉄部
●どういう状態を保証してくれるのか?→塗膜の剥がれ、膨れ、変色
●どれくらい保証してくれるのか?→1年、5年、10年、15年、20年、25年、30年

木部、鉄部の保証が大切

どの部分を保証してくれるのか大切になってくるのが「木部と鉄部の保証」です。

外壁の塗装の剥がれを長期間保証するという内容で押してくる業者がいるのですが、外壁の剥がれは下地処理を怠ったり、下塗りをしていないなどの酷い工事をしていないとあまり起こりません。

塗装が剥がれてくるというトラブルが起こりやすいといえば、木部と鉄部になります。
「外壁は10年、木部・鉄部は5年保証」というように部分によって期間をかえて保証をしてくれる業者があるので、内容を確認することをおすすめします。

変色や色褪せなどの色のトラブルは対象外が多い

常日頃から紫外線にさらされている外壁において、塗料の変色や色褪せは避けられない問題です。
そのため、変色や色褪せは保証対象外なことが多いので、注意しましょう。

極端な長期間保証はありえない

メーカーの期待している耐久度を超える、15年、20年、30年のような超長期保証をつけてくる業者には注意が必要です。

すべての超長期保証をする業者が悪い業者とはいえませんが、悪い業者の可能性があることは覚えておきましょう。

15年後はつぶれている可能性や、15年といいながら全く保証が受けられないという可能性も大いにあります。

保証対象を契約前にしっかり確認

外壁塗装の保証は基本的に塗膜の剥がれに対するものですが、他にも保証してくれる対象があるのかを事前に確認しておきましょう。

コケや藻の発生、ひび割れ、雨漏り、光沢がなくなる、などが対象になる業者もあります。

倒産したら諦めよう

業者が倒産した場合は、保証は不可能です。

しかし、業者が組合などの第三者保証に加入していたなら、倒産していたとしても保証を受けられる可能性があります。

ということで、次からは加盟団体の保証について説明していきます。
良い団体・組合の保証も紹介していきます。

業者が加盟している団体や組合の保証

外壁塗装業者はリフォーム団体や組合に加盟すると、そこの保証制度を利用することができます。

万が一、業者が倒産してしまったとしても、団体や組合の保証を変わりに受けることが可能なので、お客様からすると団体や組合に加盟している業者は安全だといえます。

団体も数多くあるので、加盟している団体を把握して、その保証が受けられるのかを確認するようにしてくださいね。

建築産業専門団体連合会(建専連)の「長期性能保証制度」

建築産業専門団体連合会は、外壁塗装や内装工事などといったリフォームをはじめとする39団体からなる国土交通省管轄の連合会です。

所属事業者は、外壁塗装業者だけではありませんが、約60,000社以上と凄く多いです。

数多くの業者が加盟しているため保険料が安いというメリットがあります。
保険料を支払っていれば保証を受けることは可能です。

この団体は、損保ジャパン日本興亜の保険を利用しています。

この保証は、「塗装が剥げたら塗り直します」といったものではなく、「業者のミスが原因で施工後に不具合が発生した場合の補修などの費用を補償」するものになっています。

あくまで業者が加入する保証になりますので、消費者としては業者が入っている保証で補修してもらう形になります。

そのため、業者側に問題がなければ使えない保証制度になります。
また、全額補償されるものではないので、業者が一部の金額を払わなければなりません。

施工した業者が倒産してしまったとしても施工後から10年間は保証を受けられるので、消費者は安心することができます。
しかし、その際は金額の一部を消費者側が支払わなければなりません。

日本塗装工業会(日塗装)の「ペインテナンス」

日本塗装工業会は、建築塗装業者約2,350社が加盟している団体で、唯一の全国的な建築工事業者団体といわれています。

外壁塗装を依頼した業者が日本塗装工業会に加盟していたら、品質保証書というものを発行してもらえます。
これがペインテナンスという制度であり、比較的実用的な保証とされています。

この品質保証書に書かれている内容通りの保証を受けられます。
保証期間や内容が非常に細かく記載されているので、工事をおこなう前に使用する塗料などから保証期間を確認しておくことをおすすめします。

依頼内容によって品質保証書の内容もさまざまなので、しっかりと内容を確認するようにしてくださいね。

施工した業者が倒産していたとしても、最長で5年は保証を受けることができます。

全国マスチック事業協同組合連合会の「長期性能保証書」

全国組合員450社からなる団体です。
マスチックという塗材をローラーを使用しておこなう工法の特許を取得し、その工法を組合員に教えて資格などを与える団体です。

この工法は、環境や能率などさまざまな面でメリットがあるといわれています。

この団体が保証事業もおこなっており、それが長期性能保証です。
はじめは、マスチック塗材を用いた工事を限定に対象としていましたが、現在は組合員が施工する仕上げ工事全体に適用できるようになっています。

JIS規格(日本工業標準調査会が定める規格)などの条件を満たした塗料で保証期間に剥がれなしということを保証するという内容のものです。

保証期間は施工主と外壁塗装業者の間で、塗料の質、塗る部分の材質を踏まえて決められます。

工業協同組合

上記の3つは基本的に全国的な会員なのですが、実は各都道府県にも工業協同組合があり、業者がそこに加盟していれば保証を受けられます。

例として、東京都には東京都塗装工業協同組合というものが存在しており、加盟しているとここの保証が受けられます。

第三機関の保証は外壁塗装工事を客観視してもらえる

組合や団体の保証は基本的に、外壁塗装業者の施工内容をしっかりとチェックしてくれます。

きちんと施工がされているかどうかを見た上で保証書を発行してくれるので安心感があります。

このように第三者である団体がチェックをしてくれるというのは、とてもありがたいことです。

塗料メーカーの保証

塗料をつくっている会社が、塗料に対しておこなっている保証になります。

塗料メーカー保証には、あまり過度な期待をしないほうがよいかもしれません。
そもそも、メーカー保証とは塗膜が剥がれてきたから塗りなおしてくれるといった内容の保証ではありません。

塗装が剥がれてきたことについて、業者の施工が悪いのか、塗料が悪いのか、と原因を断定することは非常に困難であり、そのため保証を受けることも難しくなります。

免責事項を知ろう(多くの保証で対象外のこと)

ここからは、ほとんどの場合に保証を受けることができない免責事項について紹介してきます。

下記の10のことが原因の場合、だいたいが保証を受けられません。

  • 1.地震、噴火、洪水、津波、台風、暴風、竜巻、豪雨、地盤沈下などの自然現象が原因
  • 2.火災、爆発、落雷、などの外部要因が原因
  • 3.戦争、内乱、労働争議、暴動、騒擾(そうじょう)などが原因
  • 4.保証対象部位以外の損傷
  • 5.工事請負業者以外の作業が原因
  • 6.家の所有者の不適切な使用方法等が原因
  • 7.施主の指示が原因
  • 8.施主が使用を頼んだ資材
  • 9.建物の構造上の欠陥が原因
  • 10.業者以外が原因(虫・ネズミなどの動物など)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
外壁塗装工事の保証について参考になることは見つかりましたでしょうか。

施工完了後を安心して過ごすためにも、契約前にしっかりと保証内容について業者に確認するようにしてくださいね。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ