外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 外壁塗装で起こるアレルギー症状と対策

外壁塗装で起こるアレルギー症状と対策


外壁塗装でアレルギー症状は起きるのか?

必ずしも外壁塗装を行うことでアレルギー症状が起こるということはありませんが、実際にアレルギー症状が起きている人もいることを考えると、絶対に起きないという保証はありません。

一般的に、外壁塗装で起こるアレルギー症状としては、喘息や頭痛、めまいや湿疹、のどの痛みなどとなります。
喘息は最悪の場合、死に至る症状です。

そのため、決して軽視することはできません。
気管の炎症により咳が止まらない症状のほか、胸に強い痛みが起きることもあり、非常につらい病気です。

また、一度、喘息になると完治することが難しいとも言われる病気です。
外壁塗装が原因で起こる喘息の場合、トルエンやキシレン、ホルムアルデヒドなどの有害物質が原因と考えられます。

頭痛においては悪臭によることが多く、シンナーなどのニオイに耐え切れず頭痛が起こる場合が少なくありません。
もちろん、成分による健康被害も考えられます。

めまいの場合も頭痛同様、シンナーが原因の場合が多くなります。
また、のどの痛みにおいてもシンナーが主な原因となります。

湿疹においては、明確な原因は判明していません。

対策方法はあるのか?

外壁塗装でのアレルギー症状を防ぐための対策は可能です。
ベストな方法は、外壁塗装工事中は、住居を移すことですが、この場合、費用面などを考えると難しいかと思われます。

また、工事後、自宅に戻るとアレルギー症状が出てしまう可能性もあります。
そのため、現実的なアレルギー症状対策としては、水性塗料を選択すること、「F☆☆☆☆(エフフォースター)」の塗料を使うこととなります。

外壁塗料には、「溶剤系塗料」と「水性塗料」があり、「水性塗料」を選択することで、シンナーを使わず外壁塗装を行うことが可能となります。

また、「F☆☆☆☆(エフフォースター)」を選ぶことで、有害物質であるホルムアルデヒドの含有量を一定基準以下とすることができ、アレルギー症状を防ぐ効果を期待することが可能です。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

対応エリア 全国対応
参考価格 記載なし
保証期間 最長20年
工事実績 創業34年
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

対応エリア 全国対応
参考価格 8,000円~11,000円/㎡
保証期間 5年
工事実績 記載なし
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ