外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 外壁塗装ってローラーと吹き付け、どちらがいいの?

外壁塗装ってローラーと吹き付け、どちらがいいの?


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

外壁塗装を行う際、ローラーによる塗り替え、機械を使用した吹き付け塗装、刷毛を使った塗装とさまざまなケースがあることは大多数の人が知っていると思います。

これらの塗装方法の中で、どれがベストな方法なのかと考えたことがある人も結構いることでしょう。

巷では、いろいろな意見であふれており、業者の意見もそれぞれです。
そのため、外壁塗装においてどの方法が本当にベストな方法なのかは判断がつきそうにありません。

それぞれにメリットとデメリットがあり、正しい施工方法で塗装をすればどの方法も問題ないことは間違いありません。
この記事では、各塗装方法のメリットやデメリットなど、特徴を紹介していきますので、ぜひ最後まで読んであなたにぴったりの塗装方法を見つけてくださいね。

ローラーを使用した塗り替えが主流

ご自宅での外壁塗装をまだ経験したことがない人でも、ご近所などで外壁塗装をしている様子を見たことがあると思います。

少し先述しましたが外壁塗装には、ローラーに塗料を含ませて塗るローラー塗りと専用の機械を使用して塗料を粒子状にして吹き付ける吹き付け塗装、そして細かい部分を塗るための刷毛塗りの3つの方法があります。

この3つの中でローラー塗装が現在の外壁塗装の主流になっています。
次に多いのが吹き付け塗装です。

刷毛塗りは、ローラー塗装や吹き付け塗装で塗ることが難しい箇所に使用されることがほとんどで、ローラーや吹き付けと併用されることが多いです。

次は、ローラーと吹き付けの違いについて紹介していきます。

外壁塗装の塗り替えは3つの道具によって分けられる

外壁塗装に限らず、塗装の方法はローラー、機械、刷毛の3つ道具に分けられます。

外壁材や建物の立地や環境、塗る箇所に応じてこれら3つの道具を使い分けます。
適材適所があるため、どの塗装方法が優れているということがあるわけではありません。

ローラー塗装の特徴

毛やスポンジ状のローラーに塗料を含ませて塗装していく方法です。
塗料が飛び散りにくい特徴があり、それが近隣との距離が近い現代の住宅事情に適しているため普及したのではないかといわれています。

ローラー塗りは、道具を使用して直接塗っていくため、手塗りとも呼ばれます。
ローラー塗りは広い面積の外壁や屋根でも比較的、早く塗ることが可能です。

吹き付け塗装の特徴

機械によって塗料を粒子状にして塗装箇所に吹き付ける方法です。
現在、ローラー塗装が主流になっていますが、以前は吹き付け塗装が主流だったのです。

吹き付け塗装の最大のメリットが外壁にさまざまな模様をつけられることと作業スピードです。
ローラー塗装よりも早く塗れることから、大規模な塗り替えでは吹き付け塗装を採用する場合もあります。

刷毛塗りの特徴

小さな刷毛を使用して塗装をしていく方法です。
ローラーや吹き付けでは困難な狭い場所の塗装に適しており、広い場所での塗装には不向きです。

ローラーや吹き付けでは難しい箇所を塗装することに適しているため、ローラーや吹き付けと併用されることがほとんどになります。
ローラーや吹き付けよりも経験と技術に左右される方法なので、難しい塗装方法といわれています。

優秀なのはどっち?ローラー塗装と吹き付け塗装

どうせ外壁塗装をするのなら、キレイかつ長持ちする方法で塗ってもらいたいと思うのが当然です。

この世の中には、たくさんの塗装業者があり、それぞれがローラー塗装と吹き付け塗装のメリットや良さをうたっています。

では、実際にどちらの方法が外壁塗装に向いていて優秀なのか?
結論は、施工手順などのルールをしっかりと守り塗装をするのならば、ローラーでも吹き付けでも差はほぼ生じません。

そのため塗料の希釈率や乾燥時間をしっかりと守るなど、施工に関する品質が高い業者に依頼することに力を入れましょう。

塗膜が厚すぎると不具合が生じる可能性あり

どんな塗装でも、そもそも塗料の単位面積当たりの塗布量は決められています。

塗布量が少ないのはもちろんのこと、塗布量が多くても問題が発生するおそれがあります。
塗料を多く塗ってしまった場合、乾燥に不安がでてきます。
乾燥時間が長くなるうえに、見た感じ表面は完全に乾いている感じだとしても、中は生乾きになっている状態が発生しやすくなります。

その他に重量に耐えられず垂れてきたり、流れ出す可能性も高くなります。
こういった理由で、塗料を多く塗ってしまった場合でも塗膜が剥がれてくる可能性もでてきます。

吹き付け塗装で均一に塗ることは業者の腕次第

DIYが趣味の人は、椅子などのちょっとした家具ならば塗装した経験がある人が多いのではないでしょうか。

刷毛やローラーで塗ったことがある人、市販されているスプレーを使用したことがあるという人、はたまた両方という人もいると思います。

その中でスプレーを使用した人は、どうしてスプレーを選んだのでしょう。
スプレーとローラーなどの両方を経験したことがある人は、どちらの方がキレイに塗れたのでしょうか。

おそらくスプレーの方がキレイに塗れたという人の方が多いかと思います。
じつは均一に塗装をするのなら、範囲の中にほぼ均一に塗料を飛ばせるスプレーなどの吹き付け塗装の方が向いているのです。

しかし、それは先述しました椅子などのちょっとした家具の場合で、外壁や屋根といった面積の大きなものになると勝手が違ってきます。

作業の移動量も多くなりその中で一定のスピードで動かさなければ塗料の濃淡や塗りムラが発生してしまうのです。
そのため、外壁塗装などの広範囲の塗装で均一に塗ることに長けているスプレーを使うとしても、均一に塗るには高い技術が必要になります。

信頼できる業者に依頼しよう

現在は、立地などからローラー塗装が主流になっていますが、どのような塗装方法を採用するにしろ、まずは信頼できる業者を見つけることです。

塗料は、塗装されて完全に乾燥してはじめて機能を最大限に発揮できるため、半製品といわれています。

外壁塗装は、業者選びが外壁塗装の成功のカギといっても過言ではないので、焦らずじっくりホームページや口コミを調べて候補を3社ほどに絞りましょう。

そして、相見積もりをとり相場を知り、相場から高すぎる業者や安すぎる業者を避けましょう。
1度、家の状態を調査にきてもらうことになる際にも、調査作業をしっかりと見ていてください。

カメラで撮影したりとしっかりと時間をかけて調査・点検していることも判断材料になります。
あなたが外壁塗装をするときには、半製品を完全な完成品に仕上げてくれる信頼と実績のある業者に依頼するようにしてくださいね。


関連記事

屋根のカビ・コケ放置厳禁!洗浄方法や費用を徹底解説

「うちの屋根ってこんな色だった?」 いきなりですが、少

給湯器の裏も塗装できる?その難しさや必要性について解説

給湯器の裏の塗装は難易度が高い理由 給湯器の裏というの

光触媒塗料

光触媒塗料とセルフクリーニング機能 外壁塗料には、「アクリ

【徹底解説】エクステリア工事と外構工事って違うの?

突然ですが、エクステリア工事という言葉をご存知でしょうか。

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。