外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 外壁を吹き付け工法にするメリットとデメリット

外壁を吹き付け工法にするメリットとデメリット


外壁を吹き付け工法にするメリット

外壁塗装には、手塗り工法と吹き付け工法があります。
吹き付け工法とは、エアガンやエアスプレーガンを使い塗料を外壁に吹き付ける工法です。

手塗り工法は、刷毛を使用し手塗りで塗装を行う工法です。

この両者を比較した場合、外壁を吹き付け工法にするメリットは、
・工期の短縮
・仕上がりの良さ
・狭い隙間でもきれいに塗ることができる

の3つ。

吹き付け工法を選択することで、一度に広範囲への塗装が可能となり工期を短縮させることが可能になります。
大きな住宅であればあるほど、その効果は絶大です。

次に仕上がりの良さや狭い隙間においては、吹き付け工法の場合、均一に塗装しやすくムラができにくいメリットがあります。
また、狭い隙間でも塗装しやすく、刷毛での塗装が困難な場所でもきれいに仕上げることが可能になります。

外壁を吹き付け工法にするデメリット

デメリットとしては、
・作業音の大きさ
・徹底的な養生が必要になる点
・塗料の無駄が多くなる
・職人技が必要
の4つ。

吹き付け工法の場合、コンプレッサーを使って行うため、そのエンジン音の大きさや噴射する際の音など、すべて騒音に近い大きさです。
そのため、自宅の中だけでなく近所への騒音問題も大きくなり、住宅街では不向きな工法と言えます。

また、吹き付け工法の場合、飛散防止が必要となるため入念な養生が必要です。
その養生に時間がかかる点がデメリットとなり、塗装面積によっては手塗りより工期が長くなってしまうことがあります。

一見、無駄なく塗装することが可能なように見える吹き付け工法ですが、塗料の飛散が多く塗料が無駄に飛び散り材料費が高くなってしまう可能性があります。
難易度も非常に高い工法となり、職人技も必要で職人の腕によって完成に大きな差が生じてしまいます。

まとめ

以上が外壁を吹き付け工法にするメリットとデメリットです。
これをよく把握したうえで、吹き付け工法を選択するのか検討されることをおすすめします。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

対応エリア 全国対応
参考価格 記載なし
保証期間 最長20年
工事実績 創業34年
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

対応エリア 全国対応
参考価格 8,000円~11,000円/㎡
保証期間 5年
工事実績 記載なし
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ