外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 外壁の漏水の原因と業者へ依頼するときのポイントを知ろう!

外壁の漏水の原因と業者へ依頼するときのポイントを知ろう!


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

マンションやビルなどの外壁が劣化してくると「漏水」が発生します。
雨水が外壁の隙間に侵入すると雨漏りを発生させるおそれがあります。

この記事では、そんな漏水について詳しく説明していきたいと思います。
知識を身につけることで外壁の漏水原因と対処法がわかるようになります。

漏水修理を業者に依頼する際の注意点についても紹介していきます。
漏水について悩み続けないためにも、ここから漏水についての正しい知識を身につけていきましょう。

外壁の漏水の原因とは

漏水が発生した場合、外壁には何かしらの異常が起こっています。
漏水を修理するには、原因をしっかりと把握しておかなければなりません。
なぜ漏水が発生したのか、原因を知るためには外壁をチェックしましょう。

「ひび割れ」と「穴あき」が主な原因

外壁にはさまざまな種類があります。
外壁の種類によって原因も違ってくるのですが、主な漏水の原因は外壁の「ひび割れ」と「穴あき」と言われています。

外壁は、定期的な塗り替えが必要になります。
メンテナンスをすることで外壁の状態を維持することが可能です。

外壁のひび割れは、経年劣化によって発生しやすくなります。
ひび割れも発生してから時間の経過とともに悪化していきます。

悪化が進みひび割れの幅が大きく深くなると、雨水が隙間から侵入してしまいます。
そうすると外壁の内部の劣化にも繋がってしまいます。

穴あきも同様で外壁内部への雨水の侵入の原因になってしまうので注意が必要です。

ベランダやバルコニーは塗膜の劣化が速い

ベランダやバルコニーの劣化も外壁の漏水に関係してきます。
マンションには必ずベランダ・バルコニーがついています。

そのベランダ・バルコニーはマンションの中でも劣化が進みやすい場所と言われています。
なぜなら、常に外に晒されているうえに人の出入りの頻度も高いため、塗膜のすり減りがとても速いのです。

そして塗膜がすり減ると外壁が乾燥しやすくなり、ひび割れなどの劣化症状が発生しやすくなります。
これにより雨や台風によるダメージも大きくなってしまいます。

そのためベランダやバルコニーに異常や劣化が見られた場合、できるだけ早めに調査・改修することをおすすめします。

実際、マンションではベランダやバルコニーでの漏水がとても多いので、マンションオーナーは日頃から入居者に状態を聞くなど、注意が必要です。

防水対策の不備

ほとんどの外壁は基本的に防水対策をおこなっています。
外壁の種類はさまざまで、それぞれの特徴に合った防水対策は必須です。

しかし、防水対策に不備があったせいで漏水が起こってしまうケースがあります。
稀なケースですが、不十分な防水対策のせいで雨水が浸入しやすくなることはあります。

改修工事の際にしっかりと防水対策をしているかどうか確認するようにしましょう。

外壁の漏水を修理するには

漏水の発生状況がどんなものかを調査する

外壁の漏水修理をするには、現状がどんなものなのかを調査して確認しなければなりません。
調査をして状況を知ることで原因を把握することができます。
原因を把握することが適切な修理法へと導いてくれます。

調査は主に外壁の状態や雨水の侵入経路、漏水の発生原因を推定することです。
外壁にひび割れが入っていないかどうかも確認しなければなりません。
もしもひび割れが発生していたのなら、すぐに補修するようにしましょう。

シーリング材や防水シートを使う

外壁にひび割れを発見した場合、ひび割れ箇所を修繕しなければなりません。
ひび割れからの水の侵入を防ぐためです。

水の侵入経路を防ぐためには、一般的にシーリング材を使用します。
シーリング材をひび割れ箇所に補充していきます。

劣化が下地まで至っている場合は、防水シートを使用します。
下地もしっかりと修繕しなければ、いくら外側を補修しても意味がありません。
下地まで補修するとさらに費用が嵩んでしまいますが、とても大切なのでしっかりと補修をしましょう。

そして補修の際に同時に防水対策も忘れずおこなってください。
業者に調査を依頼してしっかりとした正しい補修をおこなってもらいましょう。

漏水修理を依頼する際の注意ポイント

修理を依頼する前に見積もりを確認

漏水状態が悪ければ悪いほど、工事費用は高額になります。
先述したような外壁の外側だけの補修ならそこまで費用はかかりませんが、下地まで劣化が及んでいるのであれば、工事費用も高くなってしまいます。

そのため、見積もりの内容に不備がないかしっかりと確認するようにしてください。
決して安い買い物ではないため、内訳や細かい工事内容などが書いていない、質問も適当に受け流されてしまうような業者の場合は、依頼するのをやめましょう。

費用面や内容などすべてにおいて信頼のできる業者に依頼するようにしてください。
そのためにも相見積もりをとり、候補の業者3社ほどを比較して検討してみることをおすすめします。

施工事例や工事までのステップを確認する

漏水修理を業者に依頼する際、その業者の施工事例や工事までの流れなどを必ず確認するようにしてください。
すべてを業者に任せることは工事失敗の可能性を高めるかもしれないので、やめておきましょう。

しっかりと確認をしておかないと、せっかく工事をしたのにもかかわらず、すぐに再発なんてこともあり得ます。
そうなると無駄な費用を払わなければいけないことになるので、注意してくださいね。

まとめ

外壁の漏水は放置すればするほど、内部が悪化して危険です。
内部だけにとどまらず、建物全体に悪影響を及ぼすおそれがあるため、注意しなければなりません。

経年劣化などによって症状が発生してきたら、しっかりとした調査をしてもらい原因を把握して正しい方法で補修をしてもらいましょう。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ