外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 塩害に強い外壁材の選びかた

塩害に強い外壁材の選びかた


塩害が外壁に与える影響

塩害とは、塩分が外壁材に与え劣化させる現象です。
塩害を受けることで、金属の腐食をはじめ、外壁材がはがれる、塗料の劣化など外壁に大きな悪影響を及ぼします。

外壁にトタンやアルミを使用している場合、塩害により金属が腐食することで、穴があき雨漏りの原因になってしまいます。
外壁材が塩害によりはがれてしまうと外壁内部が表面に出てしまい外壁本体を劣化させてしまいます。

また、塩害によって塗料の劣化が早まることが多く一般的な地域に比べ塩害被害のある地域の外壁塗装の寿命は2年から5年ほど短くなってしまいます。

塩害に強い外壁材の選びかた

塩害から大切な住宅を守るためには、塩害に強い外壁材の選びかたが重要です。
塩害に強い外壁材としては、タイル、樹脂系サイディング、ガルバリウム鋼板となります。

タイルは、塩害被害の影響を受けにくいだけではなく、耐久性が高く30年以上の寿命があると言われています。
ただし、その分、高額な外壁材となり費用の確保が必要です。

また、どうしても、目地部分は定期的なメンテナンスが必要となります。
樹脂系サイディングは、樹脂を使用していることからサイディングの中でも耐久性に優れたものとなります。

ただし、樹脂系サイディングを取り扱う業者は少なく、一般的なサイディングよりも高額になります。
耐用年数は20年から30年ほど。
ひび割れなどが起きない限り、20年程度は修繕の必要はありません。

ガルバリウム鋼板は、金属製となるため塩害被害を受けやすい外壁材です。
しかし、金属製の中で比較するとさびにくく耐久性に優れた素材となります。
耐用年数は20年から30年。
10年おきの塗装がメンテナンスとして必要となります。

塗料選びも塩害被害には重要

塩害被害対策には外壁材選びも重要ですが、塗料選びも重要となります。

耐久性に優れた無機塗料や最上級グレードになるフッ素塗料などを選ぶことで、外壁を塩害から守る効果を期待することが可能です。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ