外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 塗装面積で特に重要なのは平面図と立面図

塗装面積で特に重要なのは平面図と立面図


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

外壁塗装における図面の必要性とは

外壁塗装を検討する際に、「必要な図面がわからない」、「家の図面が手元にない」など、家の図面に関して悩まれたことはあるでしょうか。外壁塗装の見積もりや現地調査は、何も用意していなくても依頼することはできますが、図面があるとより正確でスピーディーに見積もりを行うことができます。
 今回は、外壁塗装で図面が役立つ理由や、図面がない場合の対処方法や注意点などについてお伝えします。

1.外壁塗装で図面が役立つ理由

外壁塗装で図面が役立つ理由は、建物の正確な面積を確実に確認できることです。図面がある場合の現地調査は、短時間で済み、見積もり作業も正確でスピーディーに進めることができます。正確な面積が算出できることで、塗料など、使用材料の無駄を減らすことができるため、工事費用を抑える効果もあります。

図面がなくても外壁塗装の面積は出すことができますが、その場合、現地で外壁の面積を計測する必要があります。図面がない場合の現地調査作業を正確に行うためには、2~3人の人員が必要になり、時間も掛かり、現場で計算しながら記録して行くため、大変な作業になります。正確な面積が現場で出せない場合、係数を使っての大まかな塗装面積が使われることもあり、材料も余分に発注されるため、塗装費用も余分に計上されることもあります。

住宅の図面の種類

ひとくちに図面といっても、いくつかの種類があります。住宅の図面は、一般的に意匠図・構造図・設備図に分けられます。

・意匠図
建物の形状や情報を表した図面です。配置図・平面図・立面図・屋根伏せ図・断面図・展開図などがあります。

・構造図
建物の強度や構造に関する情報を表した図面です。基礎伏せ図・軸組図などがあります。

・設備図
建物の電気・ガス・水道・空調などの仕様や位置などを表した図面です。電気設備図・ガス設備図・給排水設備図・空調図などがあります。

一般的に役立つのは立面図・平面図・屋根伏せ図

上記の図面のうち、外壁塗装では一般的平面図、立面図、それに屋根伏せ図が役立ちます。ただし、屋根伏せ図はなくても問題ないことが多いです。

・平面図
各階の間取りを表します。
床から約1mの高さを水平に切り取り、上から見た図面で、部屋の寸法や、広さ、外回りの長さ、窓の位置などがわかります

・立面図
建物の外観を4面から表したもので、姿図ともいいます。
建物の外観のデザインや、高さ、屋根勾配、窓の位置などがわかります。

・屋根伏せ図
建物を真上から見下ろし、屋根がどのような形状で葺かれているか表した図面で、屋根塗装を行う際に役立ちます。
屋根伏せ図については、存在しない場合もあるため、なくても問題はありません。

図面の渡し方

図面は、スキャンしてメールで送るか、FAXで送るか、コピーして現地調査の際に手渡しする方法が一般的です。原紙を渡して、塗装会社にコピーをとってもらう方法もありますが、汚れや紛失のリスクがありますので、コピーしてから渡した方が安心です。ただし、原紙がA2版などの大きいサイズの場合はコピーが大変ですので、無理をする必要はありません。コピーは縮尺が正確にわかるサイズで、1部あれば大丈夫です。縮小したり拡大したりすると、縮尺が狂い、図面から塗装面積を計測するのに手間と時間がかかる恐れがあります。そのため、できるだけオリジナルと同じ大きさが望ましいです。

2.図面がないときの対処法

 新築から何年も経っていて図面を紛失した方や、最初から図面を受け取っておらず、手元に図面がない方もいらっしゃると思います。ここでは、塗装を依頼しようと思った際に、図面が手元にないときの3つの対処方法についてお伝えします。

図面を取り寄せる

図面があった方が、住まいのメンテナンスに役立ちます。可能であれば住宅の設計や施工を行った工務店やハウスメーカーや設計事務所に問い合わせを行い、取り寄せましょう。

一般的に、過去に手がけた住宅の図面は全て建設会社が保管しています。ほとんどの場合、取り寄せに費用などは発生しませんが、あらかじめ「費用がかかるのか」「取り寄せまでにかかる日数」を確認してから依頼すると安心です。
 
家を建てた会社が図面のデジタル管理をしておらず、築年数が経っている住宅の場合、探すのに時間がかかる場合もありますので、なるべく早めに依頼しましょう。
 
新築時の建設会社が倒産してしまい、図面が手に入らないケースもあります。その際は無理をせず、現地調査で計測してもらいましょう。

図面がない旨を伝える

業者に現地調査を依頼する際、図面が手元にない旨を伝えましょう。図面が無いと見積もりができないか、図面が無くても見積もりを行うかは業者によって判断が異なります。
 
図面の取り寄せを依頼された場合、取り寄せた上で現地調査を依頼しましょう。

現地調査で測ってもらう

 
図面が手元にない場合、現地調査で業者が実測し、塗装面積を計算することもできます。図面がある場合は、見積もりを出すのに、1~2人の現地調査を1時間程度行えば十分です。
 
図面がない場合の計測は、1人でもできますが、計測係と記録係で2~3人の人員がいた方がスムーズで正確にできます。ただし、2~3人いても1時間以上必要になり、図面がある場合の倍以上の手間がかかります。
 
図面がない場合は、人員と時間の確保が必要になるため、現地調査前に必ずその旨を伝えおきましょう。

3.計算式で塗装面積を求めることができる?

図面がない場合の対処法の1つとして、係数を使って、延べ床面積や建坪から塗装面積を算出する方法もあります。延床面積とは、1階~最上階まで、すべての階の床面積を合わせた面積のことです。延床面積を3.312で割って算出されるのが建坪です。
 
これらの計算式を「100パーセント間違っている」とはいいませんが、上記のような計算式はあまり推奨しません。外壁や屋根の面積は、住宅の構造や高さなど、さまざまな要因で変わってきます。延床面積や1階の床面積から計算で出せるのは、あくまで概算に過ぎないのです。正確な面積を把握するには、図面を見るのが確実です。
 
「概算でも良いので、どうしても手っ取り早く費用の目安が欲しい!」という場合のみ利用することをお勧めします。

4.外壁塗装の見積書では塗装面積をチェック

図面は、業者から見積もりを提出された際の信頼性チェックにも役立ちます。図面から、見積書に記載された塗装面積が正しいかどうか確認できますので、万が一に面積の水増しや間違いがあった場合に気付くことができます。
 
また、図面があることで、面積がわかりやすくなるので、業者が不正を起こしにくい環境を作ることにもつながります。見積書の提出をしてもらう際は、図面からどの部分の塗装を行うのかや、算出根拠から面積や数量の求め方などを説明してもらうと安心です。
 
塗装面積だけでなく、使用する塗料のメーカーや製品名、塗料の塗り回数なども必ずチェックすることが大切です。

まとめ

 
外壁塗装は、図面がなくても行うことはできますが、図面があるほうが、より正確でスムーズに調査から見積もり、工事まで進めることができます。また、見積もり内容の信頼性確認や、ほかのリフォームの際にも役立ちます。
 
もし外壁塗装を検討しているけれど、現時点で手元に図面がない、という方は、ぜひ一度取り寄せを検討してみてください。


関連記事

台風による被害を受けた屋根は県民共済・こくみん共済で修理できるの?

日本は、自然災害が非常に多い国であり毎年のように台風が訪れて

悪党業者に騙されない外壁塗装の見積もり依頼

悪党業者に騙されない外壁塗装の見積もり依頼 みなさんは、外

ウレタン系塗料

ウレタン系塗料について 今でこそ外壁塗装のメインはシリコン

巻き込まれないように!外壁塗装のトラブルの原因と予防

生きていく中で、何事においてもトラブルだけは避けて通りたいで

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。