外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > プロ直伝!失敗しない塗料の正しい塗り方を知ろう

プロ直伝!失敗しない塗料の正しい塗り方を知ろう


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

「外壁塗装を自分の手でしてみたいけど、塗り方がわからない」
「どういったものを揃えればいいのかもわからない」

こういった話を耳にすることがあるのですが、外壁塗装は非常に難しい工事です。
ペンキを塗るだけの簡単な作業だと思っている人も多くいらっしゃいます。

正直なところ、外壁塗装をDIYでおこなうことをおすすめはしません。
実績と信頼のある業者に依頼をすることがベストだと思います。

なぜなら、外壁塗装は正しく行わなければ塗料の効果を最大限に発揮することができず、最悪の場合は失敗に終わってしまうおそれがあるからです。

しかし、どうしても自分の手で塗装をしてみたいという人のために、この記事では外壁塗装の正しい塗り方、使用する道具、DIYでおこなう場合の注意点などを紹介していきます。

興味のある人は、ぜひ最後までお付き合いください。
それでは、いきましょう。

正しい外壁塗装の塗り方

正しい塗り方とは

建物が劣化していく一番の要因はなんだと思いますか?
それは、塗膜の防水性が低下することだといわれています。

塗膜の防水性が失われてしまうと、外壁材に直接雨水や紫外線が当たり、外壁材や建物の構造体の劣化や雨漏りにつながってしまいます。

さらに、そのまま放置をしておくと外壁塗装だけにとどまらず最悪の場合、建て替えをしないといけない状態にまで悪化してしまうおそれがあります。

そのために、定期的なメンテナンスとして塗装が重要になってくるのです。

外壁塗装の手順は大きく7つの工程に分けられます。
ここからはそれをいっしょに見ていきましょう。

外壁塗装の手順

➀足場組立:足場を組み立てて、洗浄水の飛び散りを防止するシートをかけて養生します。

②洗浄:建材と密着度を上げるために、外壁に付着している汚れやホコリを落とします。

③下地補修:外壁のひび割れや劣化したシーリングなどの下地補修をおこないます。

④養生:窓や植木、地面の床など、塗料が付着してはいけない場所をビニールやテープで覆います。

⑤塗装(下塗り):下塗りは、外壁の仕上がりの色になる上塗り材と外壁との密着度を高める接着剤のような働きをします。

⑥塗装(中塗り・上塗り):実際の外壁の色となる塗料を塗ります。塗料の性能を最大限発揮してもらうために、定められた塗布量と乾燥時間を厳守しながら塗り重ねます。

⑦足場解体:作業するために組み立てた足場を解体します。

塗料の塗り方

外壁塗装の塗料の塗り方には、大きく2つの方法があります。

それは「ローラー工法」と「吹き付け工法」です。

●ローラー工法
原液に近い状態で手塗りをするため、騒音といった問題が発生しにくいといわれています。
手間がかかるのですが、そのぶん分厚い塗膜にすることができるので、もうひとつの吹き付け工法よりも耐久性が高くなります。

しかし、塗膜が分厚いため、乾燥時間がかかります。
あと吹き付け塗装のように仕上げが豊富ではありません。

●吹き付け工法
スプレーガンなどの機械を使用して、外壁に塗料を吹き付けて塗る方法です。
手塗りと比べて一気に塗装することができるので早く楽に塗れるのですが、大きな音がでます。

手塗りは、どうしても塗った感じが出てしまうものですが、吹き付け工法は均一に塗料をのせることができるのでキレイに仕上がります。

しかし、手塗りに比べて塗布量が少なくなる傾向にあるため、塗料本体の性能を発揮できるように丁寧に塗装をすることがポイントといわれています。

また、塗料が手塗りに比べると飛散しがちなので、近隣の建物や車などに塗料が付着してしまわないように配慮しなければなりません。

塗料を塗る際の基準

塗装をする際は、各メーカーより定められている正しい塗布量、乾燥時間を厳守することが重要です。

下塗り、中塗り、上塗りと工程を重ねていく際に、大切になるのが乾燥時間です。
基本的に下塗り、中塗り、上塗りの乾燥時間に作業時間を考えるとそれぞれ最低でも1日はかかるといわれています。

一般的に、気温が低いと乾燥しにくく、高いと乾燥しやすくなります。
塗料によって乾燥時間は異なることがあるのですが、どれも乾燥時間をしっかりと守らないと塗膜の剥がれの原因になってしまいます。

正しく塗装をしなかった場合に発生するトラブル4選と原因

➀塗装面での仕上がりの差
原因:仕上げの際のローラーの方向が違うこと、塗装する対象物に付着する塗料の量が違うことによりおこります。

②塗膜の白濁
原因:塗膜が乾燥しきる前に雨や結露などの水分による影響を受けてしまうと、その水分を吸収して塗料の状態に戻る再乳化という現象が起こることで白濁になります。冬場に起こりやすいトラブルです。

③塗膜剥離
原因:上塗り材に合った下塗り材を使用しなかった場合や下塗り材の塗布量不足、下地処理を怠ったことによる密着不良によって塗膜が剥がれます。

④塗膜の膨れ
原因:外壁内部に水が浸入して、それが蒸発するときに内部で膨らみを作ってしまうことによって起こるトラブルです。下塗り材の塗布量不足などによっても起こります。

外壁塗装で使う道具の特徴と使用方法

刷毛

塗装道具には、さまざまなものがありますが、多くの人がすぐに思い浮かぶものが刷毛ではないでしょうか。
刷毛にも多くの種類があり、塗装場所によって使い分けたりします。

一般的に知られているものが、柄が途中で折れ曲がっている筋交い刷毛と柄がまっすぐな平刷毛の2種類で、筋交い刷毛が細かい場所を塗ることに長けており、平刷毛は広い範囲を塗ることに長けています。

ローラー

広い塗装面をすばやく塗り進めることができるローラー。
塗装の際は、塗装面にムラが出ないように塗料を配っておき、塗料を上下に塗り広げていきます。

このような塗り方には理由があって、縦に塗り進めてしまうと塗るたびに塗膜が薄くなり、均一に仕上がらないことが多いからです。
ローラーにもたくさんの種類があるのですが、基本的に塗装の際はゆっくりと動かして塗るようにしてください。

勢いよく塗ると塗料が飛び散る可能性があるので、注意しましょう。

スプレーガン

スプレーガンは、空気を圧縮して塗料を噴出するエアスプレーと空気ではなく塗料そのものを圧縮して噴出するエアレススプレーの2種類あります。

エアスプレーは多くの塗料を噴出して飛び散ってしまうため、無駄が多くなる塗装方法でもあります。
エアレススプレーは、空気を使わず塗料にそのまま圧力をかけるので、一度に多くの塗料を噴出することが可能で、飛び散りも少ないため無駄の少ない塗装方法といえます。

DIYで外壁塗装

DIYでの4つの注意点

➀塗料は上部から塗っていく
基本的に塗料は、上の方から塗ることが基本になります。
塗装をする前に、塗る順番をシミュレーションしておきましょう。

②均一に塗る
下塗り、中塗り、上塗りと3回の工程をおこない均一に塗りましょう。
均一で厚い塗膜を形成することで耐久力の高い塗膜になります。

③一気に塗らない
多くの面がある柱などを塗装する際、一気にすべての面を塗装してしまうのではなく、何面かだけを塗り、完全に乾燥してから残りの面を塗るようにするとキレイに仕上がります。

④塗り残しがある場合は完全乾燥してから補修
塗り残しがあった場合は、塗料が完全に乾燥してから小さな刷毛などで補修するようにするとキレイに仕上げることができます。

まとめ

もしもDIYで外壁塗装をするのならば、各メーカーによって定められた塗布量と乾燥時間を厳守するようにしましょう。

あと換気にも注意して安全管理をしっかりとおこなうようにしてくださいね。
基本的に、外壁塗装は業者に依頼することをおすすめしますので、どうしてもDIYでということでないのなら、信頼と実績のある業者を探し依頼するようにしましょう。


関連記事

水性塗料とは?

水性塗料とは? 塗料には水性塗料と油性塗料があり、それ

湿度?気温?本当に外壁塗装は雨の日にできないのか?

一般的に外壁塗装の工事は、雨の日はできないといわれています。

ラジカル塗料

2015年発売のラジカル塗料 「そろそろ外壁塗装をする時期

外壁塗装に必要な足場の種類と価格相場について

塗装にはなくてはならない足場 外壁塗装や屋根塗装をする場合

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。