外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > ウレタン塗装のメリットとは?

ウレタン塗装のメリットとは?


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

ウレタン塗装のメリットとは?

ウレタン塗装とは主成分がウレタン系であるものを指していい、別の呼び方をするとウレタン樹脂塗料などといわれることがあります。
2液型塗料としてとても良く使われていた塗料でシリコン系塗料が登場する前までは塗料といえばウレタン、というほど人気のあったものです。

ウレタン塗料のメリットは塗料そのものに少し柔らかさがあるのでひび割れが発生しにくいまたは抑えられるというメリットがあります。
ほかでは塗料の性能と価格帯のバランスが良いということが言えます。
先にも触れたようにシリコン系の前に主流だった塗料だけに流通量も多いし、メインで使用している塗装屋さんも多いことから安定感があります。

さらに硬化剤の種類を変えると使い分けることができ、低汚染性の追加や、弾性塗膜に変更といったこともできる優れものです。
ウレタン塗料は日本メーカーのほかにも海外メーカーもあります。
とにかく種類が豊富にある塗料なので塗る場所や塗料との相性や条件が合うものを選ぶと失敗しないで塗れる塗料です。

ウレタン塗料のデメリットとは?

ウレタン塗料は価格帯や塗料としての性能がバランスよく、使いやすい塗料なのですが近年主流になっているシリコン樹脂系の塗料に比べるとやや性の面で劣勢なところがデメリットといえます。
性能面ではシリコン樹脂系に適うところはほとんどなく、もしもあるとすれば価格くらいです。

近年では硬化剤を混ぜる作業が手間と感じる業者も多く、混ぜ方もある程度のコツが必要なので不具合が出やすいなどと感じる方もいます。
硬化剤が少なくても多くても固まらないといったことにも関係しています。
しかしだからといってウレタン塗料が悪い塗料というわけではありません。

あくまでもシリコン樹脂系のものに比べればの話なので、ウレタン塗料が向いている建物や条件などで絞り込んでいくと、ウレタン塗料ではんければ対応できないかもしれない、といったことも出てきます。


関連記事

外壁の艶あり・艶消しはどちらがおすすめ

外壁の艶あり・艶消しの違いとは? 一般的に外壁塗料には、

外壁の劣化症状と種類を制するものが外壁塗装を制する!

決して安い買い物ではない外壁塗装。 外壁塗装で失敗に遭遇し

慌てず、冷静に!すぐにやりましょう!雨漏りの応急処置!

家に発生する劣化症状の中で、雨漏りはとても厄介です。 室内

今ある屋根を撤去して新しい屋根にする「葺き替え」に詳しくなろう!

常に風雨や強い日差し・紫外線などの外的要因から建物を守ってく

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。