外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > どんな人に向いている?特徴は?注意点は?そもそもALC外壁とは?

どんな人に向いている?特徴は?注意点は?そもそもALC外壁とは?


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

家を建てるとき、どんな外壁材を選ぶかによって、見た目だけでなく機能性において大きく違いが出ます。
ALC外壁は機能性に優れている外壁材です。

今回は、このALC外壁について詳しく説明していきたいと思います。
特徴やメリットばかりでなくデメリットも説明しますので、検討中の方はぜひお読みください。

ALC外壁について

ALC外壁は100年以上も前にスウェーデンで開発され、日本には1960年代ごろから使われ始めました。
ALCは「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の略で「軽量で気泡の入ったコンクリート」という意味があります。

一般的にコンクリートは、気泡が中に入らないようにするのですが、ALCは気泡を入れることで、素材に特徴を持たせています。
また、ALCは、金属の網で補強されているのも特徴のひとつです。

パネルを組み合わせて使用する

ALC外壁は、パネルの状態に加工されています。
そのため、ALCパネルという名称で呼ばれることもあります。

実はALC外壁は、国内では3社だけが製造を許されている製品で、外壁材の中では高額な部類です。

一般パネルとコーナーパネルの2種類がそれぞれ厚型と薄型に分かれており、全部で4種類のパネルをつなぎ合わせます。
パネル同士をつなぎ合わせるには、シーリング材を使います。

パネルのサイズに規格がある

ALCパネルは、JIS規格製品です。そのため、サイズを自由に決めることはできません。

ALC外壁のメリット3つ

ALC外壁の内部には無数の気泡があり、この特性が多くのメリットを産み出しています。

そのメリットを解説します。

軽量で強度もある

一般的にコンクリートは、重いというイメージがあります。
ところが、ALC外壁は通常のコンクリートの1/4の重さしかありません。

軽い外壁材は、施工がしやすく作業効率が上がるため、工期が短くなる場合があります。
また、建物にかかる負担も少なくなります。

耐用年数が長い

一般的なコンクリートには、有機材が含まれているため、経年劣化によるひび割れなどの劣化症状が発生することが多いです。

しかし、ALCは無機材で作られていることから、耐用年数は50年といわれており、メンテナンス次第では、孫の代まで使えるといわれています。

例えば耐久性の高さが求められる医療施設や高層ビルにも採用されています。

高い断熱性と防火性

ALCは無機材で作られているため、熱や炎の影響を受けにくい特徴があります。
火災に対する安全性を重視したい方は、ALC外壁が向いていると思います。

断熱性も高いため、季節に左右されることなく快適な室内環境を維持してくれます。

ALC外壁のデメリット3つ

メリットの多いALC外壁ですが、デメリットがないわけではありません。ここからはデメリットについて解説していきます。

つなぎ目が多くなる

先述したようにALCパネルにはサイズの規格があります。
そのサイズが小さめなので、つなぎ目が多くなりシーリング材でそれらをつないでいかなければなりません。

さらにALCは耐水性が低いため、つなぎ目が多くなるとシーリング材が劣化してしまうおそれがあります。

耐水性が低い

ALC外壁は気泡が含まれてスポンジ状になっているため、吸水率が高くなっています。

気泡に多く水が含まれると素材が膨張して、ひび割れの発生につながります。
さらに、寒い地方では吸収された水が凍ってしまい、剥がれにつながります。

そのため、防水性の高い塗料を塗装して補強することをおすすめします。

ほかの外壁材よりも価格が高い

ALCは、ほかの外壁材の1.5~2倍ほどの価格が相場とされています。
メンテナンスの際、初期費用と同等の費用が必要になる可能性があることも理解しておきましょう。

ALC外壁を採用する際の注意点

ここまでALC外壁のメリット・デメリットについて解説してきましたが、ほかにも注意点があります。検討の際の参考にしてください。

防水加工をしよう

先述したように、ALC外壁には、防水性の高い塗料で塗装することをおすすめします。

フッ素塗料は、防水性に優れているので最適かもしれません。

ただし、経年劣化により防水塗料の塗膜が剥がれると、そこから水分を吸収する場合があり、その水分を抜くことが難しくなります。

防水塗料を塗装する際は、信頼できる業者に相談するようにしましょう。

シーリングをしっかりとメンテナンスする

ALC外壁はシーリングによるつなぎ目が多くなります。
シーリングは劣化しやすい部分なので、しっかりメンテナンスする必要があり、また、その頻度も自然と高くなります。

メンテナンスは、打ち増しか打ち替えか状況にあった方法を業者と相談して決めることをおすすめします。

透湿性の高い塗料も候補にする

ALC外壁は、吸水率が高いため、防水塗料を塗るという方法がありますが、もうひとつ透湿性の高い塗料を塗るという方法もあります。

経年劣化による塗膜の剥がれなどを考慮すると、透湿性の高い塗料にしておき塗膜への影響を最小限に抑えるのもおすすめです。

定期的なメンテナンスを

ALC外壁は耐久性に優れているとはいえ、メンテナンスが不要というわけではありません。

外壁塗装をしっかりと行い、よりよい状態を長く保つようにしましょう。

まとめ:ALC外壁が向いている方

最後に、ALC外壁の採用をおすすめしたい方を紹介していきます。

電気代を節約してエコな暮らしがしたい

ALC外壁は、断熱性が高い特徴もあります。
そのため、季節に関係なく快適な室内環境を作ってくれるので、エアコンなどの電気代節約につながります。

価格よりも耐用年数重視

他の外壁材よりも価格が高いALC外壁ですが、その分メリットが多く、とくに耐用年数がおよそ50年と群を抜いて優れています。

だから、価格が高くても長い目でみて劣化を可能な限り抑えてくれる外壁がいいという方に向いているでしょう。

しかし、定期的なメンテナンスは怠らないようにしましょう。


関連記事

給湯器の裏も塗装できる?その難しさや必要性について解説

給湯器の裏の塗装は難易度が高い理由 給湯器の裏というの

軒天の雨漏り原因とは?修理方法など徹底解説!

あなたは軒天(のきてん)が家のどの部分かわかりますか? 名

外壁のひび割れってどうやって補修すればいいの?

「よく見ると家の外壁のあちらこちらにひび割れが入ってきている

隣の上の植木が我が家まで越境してきたらどうする?

近隣トラブルにはさまざまなケースがあるのですが、その中でよく

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。