外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > これで外壁ピカピカ!雨だれ・黒ずみの洗浄方法と注意ポイント

これで外壁ピカピカ!雨だれ・黒ずみの洗浄方法と注意ポイント


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

家の外壁が汚れていたり、黒ずみが目立つ状態だと、家全体が暗く薄汚れて見えてしまい、気持ちも晴れなくなってしまいます。

さらに、外壁の汚れをいつまでも放置しておくと見た目が悪くなるだけでなく、外壁の劣化を進めることにも繋がり、塗料などの本来の性能を発揮されなくなります。

やはり外壁は、パッと家を見たときの第一印象を与える非常に重要なポイントなので、常にキレイに保つことが理想ですよね。

ということで今回は、外壁の汚れの原因や洗浄方法などについて詳しく説明していきたいと思います。

最近、外壁の汚れが気になっていたという方は、いっしょに見ていきましょう。

外壁の汚れの種類と原因

日常でそこまで意識して外壁の汚れをチェックすることって、少ないと思います。
そのため、年月が経過してふと気が付くと汚れがたまってしまっているという人が多いのではないでしょうか。

そんな外壁の汚れには、どういったものがあるのでしょうか。
まずは、外壁の汚れの種類と原因について説明していきます。

雨だれ

雨だれは、外壁に付着している汚れやホコリが雨に流されるとき、その一部が外壁の表面に残ってしまったときに発生します。

よく目にする窓枠や換気扇の下から細長い筋のような汚れが垂れているのは、雨だれの可能性が高いです。

雨だれを放置しておくと黒ずみが濃くなり、外壁にこびりついてご家庭での掃除ではなかなか汚れを落とせなくなります。

コケ・カビ

外壁に緑色・黒色の汚れが見られる場合、コケや藻、カビが発生している疑いがあります。

それぞれの特徴を説明していきます。
コケは日当たりがよく、湿気がたまりやすい場所に発生しやすい特徴があります。
外壁の近くに植物が多くある状態ならば、コケの胞子がついていることも十分に考えられます。

カビは湿気がたまりやすくジメジメとした場所、そして凹凸がある外壁に発生しやすいです。
コケと同じく外壁の近くに植物が多いと、おのずと湿度が高くなりカビが繁殖しやすい環境になりがちです。
隣家との間の狭く暗い日の当たらない場所には注意が必要です。

コケやカビなども放置をしてしまうと、見た目が悪くなるだけでなく外壁を腐食させてしまう可能性が出てきます。
コケやカビを発見したら早めに対処することをおすすめします。

ホコリ

空中には、目に見えないホコリやチリがたくさん飛び交っています。
最近では、海外から風で運ばれてくる黄砂も地域によっては発生します。

これらの目に見えないレベルの小さなものでも、長い間蓄積されれば外壁がくすんで見えるようになってしまいます。
見た目にはわかりづらくても、新築時や外壁を最後に塗り替えたときより汚れていることは確実です。

雨が当たりにくく風通しの悪い場所は、ホコリなどの汚れが落ちにくいので、業者に依頼して洗浄をしてもらうと忘れていた外壁本来の色や明るさに驚くかもしれませんよ。

外壁の汚れを放置しておくとどうなる?

外壁の汚れを放置しておくと良くないと言われても、ついつい後回しにしてしまいがちです。

そして、そのまま放置してしまうと、どのようなリスクがあるのか説明していきます。

見栄えが悪くなる

外壁や屋根の汚れはふとしたときに目につくものです。
家の見た目のほとんどを占める外壁が汚れていては、家の第一印象がとても悪くなってしまいます。

目立つ汚れを落とすだけでも印象がとても変わるので、外壁を定期的にチェックして美しさを維持するようにしましょう。

塗料や外壁面の性能が下がる

外壁の塗料は、防水機能を持っているものがほとんどです。
それにより、雨風から家を守ってくれるのです。

その機能がコケやカビなどによる劣化・腐食が進むことで、発揮できなくなります。
さらには、外壁内部に水分が入り込んでしまい雨漏りの原因にもなってしまいます。

あまりにも放置したままで劣化が進んでから対応しようとすると大掛かりな工事が必要で想定以上の費用がかかってしまうおそれもあるので、早めに対応するようにしてください。

家庭で出来る外壁の掃除方法

外壁を掃除する方法は、業者に依頼するか、ご自分でやるかの2つの方法になります。

ここからは、ご家庭でできる外壁の掃除方法を紹介していきたいと思います。
キレイな外壁を維持するためには、日頃からこまめに掃除をすることが一番です。

それでは、見ていきましょう。

掃除に必要なもの

ご自分で外壁を掃除しようとするとき、最低限必要なものが8個あります。

それは…
1.ブラシ
2.外壁洗浄剤(研磨剤が入っていないものを推奨)
3.ゴム手袋
4.バケツ
5.ホース
6.身体を保護するためのレインコート
7.目を保護するためのゴーグル
8.必要ならば脚立、ハシゴ、高所用モップ

これらのほとんどがホームセンターなどで購入することができます。
さらに、家庭用の高圧洗浄機があれば効率よく汚れを落とすことができるため便利です。

次からは外壁の掃除の手順を説明していきます。

掃除手順➀水洗い

まずは、ホースや高圧洗浄機で外壁全体の汚れを念入りに落としていきます。
本格的な掃除に入る前に、簡単な汚れをしっかりと落とすことが重要になります。

掃除手順②ブラシと洗剤で汚れを落としていく

ブラシを使用して外壁の汚れを落としていく際に、しっかりと汚れを落とすためにゴシゴシと力強くブラシで擦ってしまう人がいるのですが、それはやめてください。

力強く擦ることで外壁材を傷つけてしまう可能性があり、それにより寿命が縮み、劣化しやすくなるので、優しく洗うようにしましょう。

シーリングのような柔らかい目地部分には、特に注意が必要です。

あと外壁を洗浄する際は、必ず高い場所を洗浄してから低い場所を洗浄するようにしましょう。
低い場所から始めてしまうと、そのあと高い場所を洗った際に洗い流した汚れが低い場所に落ちてきて、再び汚れてしまうという要領が悪いことになってしまいます。

掃除手順③洗い流す

丁寧に汚れを落とせたのなら、ホースで洗い流していきましょう。

高圧洗浄機を使用する場合は、水圧を弱めにして外壁を傷つけないように注意してください。

外壁の汚れを防止する方法

外壁のこまめな掃除も重要なのですが、汚れを予防することもとても大切になります。

ここからは、汚れを最小限に抑えるための予防法を紹介していきます。

凹凸が少ない外壁を選ぶ

凹凸がある外壁は、おしゃれに見えて素敵です。
しかし、凹凸部分に汚れがたまってしまうため、汚れを少しでも抑えたいと考えている人は、凹凸のあるデザインを選ばないようにしましょう。

空気の循環を促す環境づくり

コケやカビは湿度が高いと発生しやすくなります。

コケやカビの発生を避けるには、湿気のある場所を作らないことが重要になるので、建物の近くに植物を植えないようにしましょう。
あと風通しをよくするためにも、大きなものを置かない、塀との間のスペースを広く保つことを心掛けてください。

風の通り道をつくり空気を循環させてあげることが、コケやカビの発生を防ぐことに繋がります。

汚れの少ないエリアを選ぶ

外壁の汚れを少なくしたいのならば、自然から遠いエリア、黄砂の影響が少ないエリアを生活エリアに選ぶことも1つの方法です。

森林に近いと花粉やコケの胞子など、海に近いと塩害、と自然に近いことで及ぶ外壁への悪影響があるので覚えておきましょう。

汚れに強い塗料を選ぶ

外壁の汚れを防止するには、塗装の際に汚れに強い塗料にすることも効果的です。
ここでは、そんな汚れに強い塗料2種類を紹介します。

まずはフッ素塗料です。
フッ素塗料は、一般的に使用される塗料ですが、防カビ・防藻性・耐摩耗性の性能を持っているため汚れに強いといえます。

次に光触媒塗料です。
この塗料は、セルフクリーニング効果を持った塗料で、雨や日光の力を利用して汚れを落としてくれます。

そのため、外壁の美しさを日頃からキープすることができ、耐用年数もかなり長いのでおすすめです。

しかし、光触媒は雨と日光の力が必要なので、雨が当たりにくい場所や日当たりがよくない場所だと効果を発揮できないため注意が必要です。
もしも塗料として採用しようと思ったのならば、まず塗装業者に相談することをおすすめします。

外壁の掃除を業者に依頼する場合

ご家庭でできる外壁の掃除方法を先述しましたが、ここからは業者に依頼した方がいいケースを紹介していきます。

高所作業が必要な場合

慣れない高所での作業はとても危険です。
そのため2階建ての家の場合は、業者に依頼することをおすすめします。

プロである業者でも高所での作業は、足場を設置して命綱をつけて行います。
技術だけでなく高所での装備も必要になるため、難しい部分での作業は、はじめから業者に依頼するほうが賢明です。

洗浄作業は、水を使用するため滑りやすくものなるので危険です。
2階の高さから転落してしまうと大怪我にも繋がりかねません。

外壁の寿命が短くなることを避けたい場合

外壁の掃除にも知識と技術が必要になります。

素人がしつこい汚れを落とそうとすると力を入れすぎたりして外壁を傷つけてしまうおそれがあります。

外壁が傷ついてしまうとそこから劣化が進み腐食してしまう可能性も出てきます。
たかが掃除くらいと思ってしまいがちですが、プロに任せることが一番であることは間違いないです。

ご家庭でこまめに掃除を行っていたとしても、定期的に業者に依頼することをおすすめします。

時間と手間をかけたくない場合

先述しましたように、やはりプロが掃除をするのが一番です。

素人が掃除をしてもある程度の成果は見込めると思います。
しかし、時間も手間もかかってしまうことでしょう。

費用はかかってしまうのですが、短時間でハイクオリティな仕上がりを期待するのならば業者に依頼するようにしてください。

業者に依頼する際の注意点としては、候補をいくつかに絞り必ず相見積もりをとって検討するようにしてください。
大幅な値引きや他社と比較すると異常に高額という業者は避けるようにしてください。
悪徳業者の可能性が高いです。

少しでも不安や疑問があるのならば、何でも業者に相談してみてください。
そのときに、素人にもわかりやすく丁寧に説明してくれる業者は優良業者の可能性が高いです。

洗浄だけではなく塗り替えが必要な場合

常に外的要因にさらされている外壁は、クリーニングをするだけでは劣化を抑えることができません。

場合によっては塗り替えが必要なケースがあるので、紹介していきます。
最後なので、ぜひ読み切ってくださいね。

塗膜が劣化するほど汚れがつきやすくなる

塗料のメーカーや種類にもよるのですが、主な外壁塗料の耐用年数の目安は10年程度です。
耐用年数を過ぎてしまうと塗料本来の性能が発揮されなくなり、塗膜が汚れやすくなります。

耐用年数が過ぎているのにも関わらず、長期間放置すると塗料の剥がれや素材の劣化が進みとても深刻な状態になってしまいます。
そうなると塗り替えだけでは対処できなくなり、最悪の場合は外壁材の交換などの大掛かりな工事が必要になることもあります。

塗り替えの目安になる症状を知ろう

発生すると塗り替えを検討した方がいい代表的な劣化症状3つをここでは紹介していきます。

まずは「チョーキング」と呼ばれる症状です。
外壁に触れるとチョークのような白い粉が付着する現象のことです。
外的要因によって塗料に含まれている成分が分解されて、粉状になった顔料が外壁表面に現れたものです。

塗料の劣化のサインであるため、塗り替えを検討するタイミングと考えていいでしょう。

次に「ひび割れ」です。
その名の通り、外壁に亀裂が入る現象のことです。
「ヘアクラック」と呼ばれる髪の毛くらい細く短いひび割れが発生してくると、塗膜の劣化が始まったサインです。

それ以上に大きなひび割れが発生しているとすぐに補修を検討してください。
放置するとそこから雨水が浸入して雨漏りの原因になってしまうので、早めに対処するようにしてください。

最後に「塗装の剥がれ」です。
塗装が剥がれてきたら、間違いなく塗り替えのサインです。
見た目も悪くなり、こちらも放置しておくと雨漏りの原因になるおそれがあります。

早めに塗り替えを検討しましょう。


関連記事

安心できる外壁塗装業者はどのように選べばいいの?

安心できる外壁塗装業者はどのように選べばいいの? 大手

セラミクリーンが外壁塗装で高い評価を得ている理由とは

「セラミクリーン」 これは、外壁塗装の際に使用される塗料の

外壁塗装の下塗りの重要性・ポイント・手順

外壁塗装の下塗りとは? 外壁塗装の下塗りとは上塗りを行う

外壁塗装で起こるアレルギー症状と対策

外壁塗装でアレルギー症状は起きるのか? 必ずしも外壁塗装

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊する「リフォーム市場データブック2021」
「外壁塗装や屋根工事を手掛ける専門工事店売上ランキング」から引用しております。

1位オンテックス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
リフォーム売上高182.0億円
本社所在地大阪府大阪市
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                                                                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
リフォーム売上高127.4億円
本社所在地兵庫県神戸市
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

                                               
対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高75.2億円
本社所在地島根県松江市
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

                                               
対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
リフォーム売上高61.3億円
本社所在地東京都町田市
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
リフォーム売上高58.7億円
本社所在地兵庫県神戸市
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
リフォーム売上高51.0億円
本社所在地広島県広島市
  • 公式サイトを見る

7位キンライサー

                                               
対応エリア 関東、関西、中部
参考価格 記載なし
保証期間 最長10年
工事実績 180,000件
リフォーム売上高49.4億円
本社所在地東京都港区
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

                                               
対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
リフォーム売上高45.4億円
本社所在地東京都府中市
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

                                               
対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
リフォーム売上高34.5億円
本社所在地大阪府大阪市
  • 公式サイトを見る

10位ROY

                                               
対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 46000件
リフォーム売上高25.0億円
本社所在地神奈川県川崎市
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし

外壁塗装業者にはどのような資格や免許が必要ですか?
回答: 外壁塗装業者には建築物塗装技能士の資格があると安心です。また、適正な事業所登録や法令遵守のための各種許可も必要です。

外壁塗装の見積もりにはどのような項目が含まれますか?
回答: 外壁塗装の見積もりには、塗装箇所や使用する塗料、作業工程、費用の詳細などが含まれます。また、追加工事や特殊な工程に必要な費用も含めて提示されることがあります。

外壁塗装の保証期間は何年間ですか?また、保証内容はどのようになっているのですか?
回答: 外壁塗装の保証期間は業者によって異なりますが、一般的に5年から10年程度が一般的です。保証内容については、塗装の品質や劣化、色褪せ、剥がれなどに対する保証が含まれます。

塗装する前に外壁の清掃や下地処理は行いますか?
回答: はい、外壁塗装をする前には、まず外壁の汚れやコケ、藻などを高圧洗浄などで取り除き、下地処理を行います。下地処理には、サビや腐食部分の修復、パテ埋め、クラック補修、サンドペーパーでの表面処理、防腐処理などが含まれます。

使用する塗料について教えてください。
回答: 外壁塗装に使用される塗料には、シリコン系、フッ素樹脂系、アクリル系、ウレタン系などがあります。使用する塗料は、耐久性、色落ち、汚れ落としのしやすさ、色調、価格など様々な要因を考慮して選択されます。

施工期間はどの程度かかりますか?
回答: 外壁塗装の施工期間は、塗装面積や下地処理の状態、天候などによって異なります。一般的には、数日から2週間程度が目安となります。

塗装中に何か問題が発生した場合、修理や対応はどのように行われますか?
回答: 塗装中に問題が発生した場合、業者は迅速かつ適切に対応することが求められます。修理や補修については、契約書に記載されている保証内容に基づいて行われます。

支払い方法はどのようになっていますか?
回答: 支払い方法は業者によって異なりますが、一般的には工事が完了してからの一括払いや、工事進捗に応じた分割払い、クレジットカードやローンを利用した支払いなどがあります。

施工前に現地調査や見積もりは無料ですか?
回答: 外壁塗装業者によって異なりますが、多くの業者は現地調査や見積もりは無料で行っています。

業者の保険や安全対策について教えてください。
回答: 外壁塗装業者には、万が一の事故に備えて、労働災害保険や賠償責任保険などの保険に加入することが求められます。また、安全対策としては、高所作業や足場の構築において安全性を確保することが重要です。業者によっては、安全対策のための設備や工具の整備、安全教育の実施などを行っています。