外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 【疑問解決】3階建て住宅は、外壁塗装にどれくらいかかるの?

【疑問解決】3階建て住宅は、外壁塗装にどれくらいかかるの?


この記事の監修者

佐伯 明彦 (株式会社ソラ SOLA)

所有資格外壁診断士

外壁施工において構造性能や耐火耐久性能など外壁塗装をお考えの方に対して アドバイスをおこなっております。

「新築で3階建ての家を建てたんだけど、外壁塗装には一体いくらかかるんだろう?」
「3階建てということで、何か塗装に違いはあるの?」

というような疑問をいただくことがあります。
たしかに、ご自宅が3階建てだと気になることですよね。

それに、3階建ては2階建てと比べると数が少ないので、参考になる情報も少なくて困ってしまいますよね。

そんなあなたのために今回は、3階建て住宅の外壁塗装について、まとめていきたいと思います。

3階建てにお住まいのあなた、これから3階建てを建てようと考えているあなた。
必ず参考になると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

それでは、見ていきましょう。

3階建ての外壁塗装費用は、約70~150万円

3階建て住宅の外壁塗装は、使用する塗料のグレードにより異なりますが、大体70~150万円といわれています。

もちろん、グレードの高く耐用年数が長い塗料を選ぶと、費用は高くなります。
作業内容としては、2階建て住宅と大きな違いはありませんが、3階建ては、塗装面積が大きくなることから、足場面積や洗浄面積などが増えるので、2階建てと比べると費用はどうしても高くなります。

3階建ての外壁塗装3つの注意点

ここからは3階建ての外壁塗装を依頼する際の注意点を紹介していきます。

今後のメンテナンスのためにも、しっかりと把握しておきましょう。

屋根など高所の状態もしっかりと点検してもらう

3階建ての住宅は、塗装前に必ず屋根など高所の点検を行ってもらいましょう。

点検をせずに契約をすると、補修が必要な箇所があった場合に、見積もりに補修作業が含まれていないので、工事開始後に追加工事になってしまう可能性があります。

さらに最悪なケースが、業者が破損箇所を見逃したまま工事を完了してしまうことです。

3階建ては、状況によっては屋根に上れないことがあるのですが、今はドローンや高所カメラを使っての点検ができる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

他工事も同時に行い足場代節約

3階建ての外壁塗装では、2階建てよりも足場面積が増えるため、足場費用が高くなります。

そのため、工事に足場が必要なものを塗装工事といっしょに済ましてしまうことをおすすめします。

なぜなら、足場が必要な工事をそれぞれ行うと、その都度、足場費用が発生して非常にもったいないからです。
足場代節約のためにも、外壁塗装のタイミングで他の工事も済ませてしまいましょう。

工期は長めと思っておこう

3階建ての外壁塗装は、一般的な2階建ての住宅よりも工期が2、3日長くなります。

それは、3階がある分、作業時間がかかるからです。
とくに高所での作業は危険をともない、慎重になるので時間が必要です。

一般的な2階建ての場合は、7~10日程度で工事が完了するのですが、3階建ては、2週間程度かかると思っておきましょう。

費用がかかるからと省いてはいけない3つの作業

外壁塗装は、決して安いものではありません。
3階建てとなると、なおのことです。

稀に、工事作業を省いて節約しようと考えてしまう方がいますが、絶対にやめましょう。

いくら安くても、工事の品質が下がってしまっては意味がありません。
とくにここだけは、節約してはいけないという工事作業を3つ紹介していきますので、確認していきましょう。

塗装回数

塗装回数を減らすのは、絶対にやめておきましょう。
基本的に外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りという3回塗りで行います。

なぜなら、この3回塗りが塗料の持つ機能を最大限発揮することができると塗料メーカーによって定められているからです。

この塗料回数を減らすと、グレードの高い塗料を使ったとしてもムラがでたり、機能が十分に発揮できなくなります。

工事の説明の際に塗装の回数を少なく説明する業者や、塗装の回数を減らす提案をしてくる業者は、悪徳業者なので、依頼するのをやめましょう。

養生

養生は、塗料が付着してはいけないところにつかないようにする大切な作業です。

養生を節約すると、窓やドアなど塗装しないところに塗料がついたり、近隣にも被害が及ぶおそれがでてきます。

とくに3階建てになると、高さがあるため塗料が周囲に飛び散る可能性が高いです。
トラブルにもつながりかねないので、養生はしっかりとしてもらいましょう。

付帯部塗装

節約のため付帯部の塗装を省いてしまうのも、おすすめしません。

なぜなら、先述したように足場が必要な工事は同じタイミングで行い、足場代を節約すべきだからです。

将来的に、付帯部を塗装するためだけに足場を組むより、外壁塗装と同じタイミングで付帯部塗装をするほうがメリットがあります。

まとめ

3階建ての外壁塗装について、まとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

基本的に塗装面積が2階建てよりも大きいので、費用は70~150万程度と高くなってしまうのですが、足場代など節約できるところもあります。

そのほかに、事前の高所の点検や、工期の長さ、節約してはいけないところなど、しっかり把握しておきましょう。
そして、信頼できる業者を探して外壁塗装を成功させましょう。


関連記事

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットやデメリットについて

業者に家屋の外壁塗装を依頼した場合、ほとんどのケースで屋根塗

学ばなきゃ損!火災保険を適用して外壁を修理できるのか?

火災保険で住宅外壁の塗装や修理、リフォームを無料でできると聞

外壁塗装にかかる費用の支払い方法や注意点について

戸建住宅は管理費や駐車場代などの費用がかからず資産価値も残す

雨樋の塗装は必要でしょうか?

雨樋は塗装した方がいいのか? 日本の家屋のほとんどには

       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~170万円
保証期間 最長20年
工事実績135,000件
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

                       
対応エリア 全国対応
参考価格 80万円~150万円
保証期間 5年
工事実績47,000件
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ

エリアで選ぶ

  • カテゴリーなし