外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > 屋根塗装をする前に屋根洗浄をする理由

屋根塗装をする前に屋根洗浄をする理由


屋根の洗浄と屋根塗装の関連性

屋根塗装をする前に、必ずしなければならないことがあります。

それは「屋根の洗浄」をすることです。

何故、屋根塗装をする前に屋根の洗浄をする必要があるのでしょうか。

仮に屋根の洗浄をしないで屋根塗装をした場合、一見はキレイに塗装されたように見えるかもしれません。

しかし、考えてみてください。

屋根の洗浄をしていないということは、屋根に溜った汚れが付着したままを意味します。

そんな汚れが付着した屋根に塗料を塗ったとしても、ちゃんと下地に密着しないため、結局すぐに剥がれ落ちてしまう危険性があるのです。

それだけではありません。

屋根の塗膜が剥がれ落ちた状態に気付かず放置してしまうと、屋根自体が傷んでしまい、屋根本来が持っている「家を守る」という機能が失われてしまうのです。

これからもわかるように屋根塗装の前に屋根の洗浄をすることは、家の寿命を左右するのです。

屋根の洗浄方法

ではここで、屋根の洗浄方法について説明致します。

○屋根の調査
まず、屋根の劣化場所や屋根の洗浄のやり残し部分をチェックします。

○ケレン作業
そして、必要に応じてケレン作業を行います。
ケレン作業=塗装する部分に付いている「サビ/コケ/古い塗膜」を落とす作業をいいます。)

○高圧洗浄
高圧洗浄機を使用して、古い塗膜やサビやコケなど隅々まで削り落とします。

このように高圧洗浄機などを使用してしっかり屋根の洗浄をすれば、下地に密着した屋根塗装をすることができるのです。

屋根の洗浄は熟練した職人に

ちなみに屋根の洗浄をする場合、絶対に経験の浅い職人に任せてはいけません。

何故なら未熟な職人が屋根の洗浄をした場合、のちのち屋根塗装が剥がれ落ちたり、屋根材が傷んでしまう危険性があるからです。

特に高圧洗浄機を使用する職人は、屋根の洗浄に熟知した職人でなければいけません。

熟練した職人=屋根の劣化部分には高い水圧を掛けない(屋根の汚れの度合いや劣化場所を正確に見極める。

そしてさらに言うなら、熟練した職人が在籍する施工会社に依頼することが、安心安全な施工を任せられるということです。


       

安心!外壁塗装ランキング

     

【ランキングの出典元】
リフォーム産業新聞が発刊するリフォームデータブック2020年
「業種別リフォーム売上ランキング」の専門工事店部門から引用しております。

1位オンテックス

対応エリア 全国対応
参考価格 記載なし
保証期間 最長20年
工事実績 創業34年
その他 ・製造・販売・塗装の一貫体制
・費用や目的に応じて豊富な選択肢
  • 公式サイトを見る

2位新生ホームサービス

対応エリア 全国対応
参考価格 8,000円~11,000円/㎡
保証期間 5年
工事実績 記載なし
その他 ・豊富な実績
・5つの安心サービス
・安心の一貫体制
  • 公式サイトを見る

3位島根電工グループ

対応エリア 島根・広島
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位イーグル建創

対応エリア 関東
参考価格 記載なし
保証期間 -
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

3位日本eリモデル

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 最長5年
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

6位アクアライン

対応エリア 全国
参考価格 記載なし
保証期間 記載なし
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

8位プロタイムズ総合研究所

対応エリア 関東
参考価格 -
保証期間 保証有
工事実績 18540件
  • 公式サイトを見る

9位キンライサー

対応エリア 関東・関西
参考価格 約80~120万円
保証期間 10年保証
工事実績 -
  • 公式サイトを見る

10位三和ペイント

対応エリア 関東・関西
参考価格 記載なし
保証期間 10年保証
工事実績 2865棟
  • 公式サイトを見る
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。特定の会社やサービスについて推薦したり効果を保証するものではありません。

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ