外壁塗装の口コミ情報・ランキングサイト

外壁塗装の口コミ > 基礎知識 > サイディング補償が外壁の耐久性を左右する

サイディング補償が外壁の耐久性を左右する


サイディング補修について

近年、外壁は塗り壁(モルタル)から、さまざまなパネルを貼り合わせるサイディングに主流が変わってきました。

一時はサイディングは(何故か)「メンテナンスフリー」と謳われたこともありましたが、実際はある程度の時期を過ぎればサイディング補修をしなければなりません。

ということで、この項ではサイディング補修について説明したいと思います。

ある程度の年月が経てば、頑丈なサイディングも劣化してしまいます。

サイディングの劣化とは、サイディングボードの塗膜が外壁を保護する機能を失うことを意味します。

しかしサイディング補修をすることによって(塗り替え)、再び防汚性や親水性といった外壁を保護する機能が再生するのです。

サイディング補修の劣化ポイント

そんな素晴らしい機能を兼ね備えたサイディングですが、サイディング補修をする際のチェックポイント(劣化)はどこにあるのでしょうか。

サイディングの劣化は、大きく2つに分類されます。

それは「塗装の劣化とボード本体の損傷/サイディングボードの隙間を埋めるシーリング材の劣化」です。

この2つの劣化を見過ごしてしまうと、「雨水がサイディングボード内に侵入→内側から壁面の劣化が始まる→サイディングボードが反ったり剥がれ落ちる」状態になってしまうのです。

○シーリング材の劣化

シーリングボードの継ぎ目には防水性や気密性を保つため、ゴム状のシーリング材が埋め込まれています。

しかし気候(紫外線/熱/雨/風)によってシーリング材が劣化すると、次第にひび割れたり剥がれ落ちたりしてきます。

その結果、サイディングボードが劣化し、しいては外壁の寿命を短くしてしまうのです。

また前項でも説明しましたが、チョーキング現象を確認した場合、防水性が失われ内部より外壁を劣化させてしまう危険性があります。

サイディング補修が耐久性を左右する

このように、サイディング補修が外壁の耐久性を左右してしまうのです。

私たちはサイディング補修の中にも、さまざまな工程があることを覚えておく必要があります。

何故ならサイディングの劣化の原因を見極めることが、きちんとした補修に繋がるからです。

そしてきちんとしたサイディング補修ができれば、外壁の寿命も長くなるのです。


外壁塗装ランキング

口コミで評判の高い外壁塗装業者を独自に調査してランキングにしたよ!
みんなが気になっている安心の外壁塗装業者をチェック!

1位外壁.com

対応エリア 全国対応
参考価格 30万円~80万円
保証期間 5年保証
工事実績 47,000件以上
その他 ・ホームページで見積り金額が分かる
・Tポイントが貯まる
・支払いは全額後払い
  • 公式サイトを見る

2位TOTOリモデルクラブ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~160万円
保証期間 なし
工事実績 記載なし
その他 ・TOTO・DAIKEN
・YKK AP、業界トップ3社が協力
・エコを意識した外壁塗装
  • 公式サイトを見る

3位リフォームのナカヤマ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~80万円
保証期間 なし
工事実績 590,000件以上
その他 ・足場代金が半額キャンペーン中
・カラーシミュレーションが可能
・事前診断書の作成
  • 公式サイトを見る

トップページ

基礎知識

外壁塗装業者の口コミ